« 新潟2児殺害事件 | トップページ | 川崎通り魔事件その4 »

2007/08/13

栃木保険金詐欺事件その10

続報です。妻の殺人容疑で逮捕された2人の現場検証が行われました。

1)8月12日、殺人容疑で逮捕した28歳会社員と63歳土木作業員の両容疑者を立ち会わせ、殺害現場である自動車修理販売会社(さくら市早乙女)で現場検証を行った。

2)検証は午前9時ごろから始まり、63歳容疑者、28歳容疑者の順にブルーシートに覆われた建物に入り、ひもを使ってはるみさんを殺害した状況や遺体をロープでつって自殺に見せかけた状況などを再現した。

3)捜査本部は、殺人容疑で再逮捕した28歳容疑者が「殺害に使ったひもを那須烏山市の橋から荒川に捨てた」と供述したため、8日から捜索を行っていた。県警機動隊員ら約20人が、同市三箇の三箇橋から約2・5キロ下流の藤田橋付近までを捜索した。
しかし結局、ひもは発見できず、3日間続けた捜索をいったん打ち切った。
捜査本部は同容疑者らをさらに追及、再捜索を検討する。

4)自殺した被告は下着を破いて作ったひもを室内に持ち込んでおり、署員が身体検査で見落としていたことが8月8日、分かった。
同署によると、被告は留置場内で丸首シャツの下の部分を破いてよったひもを作り、6日夜に弁護士と接見する際に面会室に持ち込み首をつった。接見前に留置場から外に出る際、署員は被告を身体検査したが、ひもの存在を確認できなかった。

また、被告が破れたシャツを個人用ロッカーに納めた際、立ち会った署員が見つけることができなかった。ほかの衣類などに紛れ込ませて納めたとみられる。

実行犯が妻の殺害を供述している事から妻の殺害事件は動かないところだろうな。
やはり問題は二男の件だよな。

一部報道によると
自殺した58歳被告の複数の知人男性が二男の殺害を依頼されたが断っていたと報道された事もある。
しかし、これだけでは殺害を実行した証拠としては弱いよね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
栃木保険金詐欺事件その9
栃木保険金詐欺事件その11

|

« 新潟2児殺害事件 | トップページ | 川崎通り魔事件その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新潟2児殺害事件 | トップページ | 川崎通り魔事件その4 »