« 栃木保険金詐欺事件その7 | トップページ | 秋田4歳児変死事件の謎!その18 »

2007/08/06

愛知 I H I 爆発事故

8月6日午後5時ごろ、愛知県知多市北浜町のIHI(旧石川島播磨重工業)愛知工場敷地内のドックで、建造中の船で爆発事故がありました。

県警知多署や知多市消防本部によると、爆発で20歳代の男性作業員1人が全身やけどで死亡したほか、別の1人も重体、4人が軽傷を負った。
けが人はいずれもIHIの関連会社の従業員。

調べでは、爆発があったのは長さ100メートル、幅60メートルの建造中の船の一部のうち、浮力を調整するためのスペースだったようだ。
作業員が船の塗装作業をしており、同署などは引火性のガスが爆発したとみて、詳しい状況を調べている。

冬だと静電気で爆発と言うのもありそうだけど、この時期だからね・・・
爆発原因は何だったのかな?
続報を待ちましょう。

07/08/08追記
調べによると、ライターは、死亡した22作業員らが塗装作業をしていた隔壁から数十メートル離れた船倉内で数個見つかった。同じ船倉内には、たばこの吸い殻数本も落ちていたとの事。
現場周辺は塗装作業中で、揮発した塗料に引火する可能性が高いため、周囲は火気厳禁となっていた。県警は爆発との関連について調べるとの事。

|

« 栃木保険金詐欺事件その7 | トップページ | 秋田4歳児変死事件の謎!その18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木保険金詐欺事件その7 | トップページ | 秋田4歳児変死事件の謎!その18 »