« 栃木保険金詐欺事件その11 | トップページ | 埼玉通り魔事件の謎! »

2007/08/20

那覇航空機炎上事故

8月20日午前10時半ごろ、沖縄県那覇市の那覇空港で、台湾の台北空港から到着した直後の中華航空機120便(ボーイング737)のエンジンが爆発、機体が激しく炎上する事故がおきている。
那覇空港事務所によると、同機には乗客157人、乗員8人が乗っていたが、全員が脱出し、無事との事。

同機は同日午前9時23分に台北空港を出発、10時27分に那覇空港に着陸し、スポットに駐機した。その直後の同35分ごろ、左の第1エンジンが爆発し、機体が炎上したらしい。
乗客によると乗客の脱出後2、3分で爆発したとの事。

ボーイング737の左右の主翼には、それぞれエンジン1つと燃料タンクがある。事故機は左翼部分が激しく燃えている。

専門家によると、エンジンには温度センサーが付いており、高温になると操縦室の表示盤に警告が表示される。消火装置もエンジン内に装備されており、エンジン異常を把握した場合は、消火装置を作動させるのが通常の操作だという。しかし、同機は那覇空港に着陸してからスポット(駐機場)に入るまで、機体の異常などを示す交信を那覇空港の管制官側と全くしていない。機体の計器類も異常を示す表示はなかった。

さらに事故機が台北を出発したとき、約7920キロあった燃料は那覇着陸時には約4717キロに減っていたが、これは「通常の減り方」で、燃料の量からも異常は見あたらない。滑走路上に異常がないか見回った職員によると、燃料が滑走路上で漏れた形跡も見つからなかったという。
このため、機体の異常は那覇空港の41番スポットに入ってから起きた可能性が高くなっている。

原因としては、漏れた燃料に引火したとの見方が強いようだ。

さて、こんな事故ですが、死者がでなくてよかったよ。
もし飛行中だったら、墜落して全員死亡と言う事もある話だからね。

あとは原因だね。
続報を待ちましょう。

07/08/26追記
1)事故調は25日、現場での検証を終了。この日は事故調が当初、燃料漏れの原因とみていた右主翼下のパイロン内部の燃料管に不具合は見つからず、燃料漏れは脱落ボルトが燃料タンクを突き破ったためと断定した。穴の空いた部分(厚さ2ミリ)は、長さ41ミリ、幅23ミリだった。

2)脱落して燃料タンクを突き破っていた右主翼前端の可動翼(スラット)内部のボルトは、中華航空が今年7月の定期点検で脱着作業を行い、完了検査も受けていたことが25日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調べでわかった。

ボルトは、脱落を防ぐ留め具の「ワッシャー(座金)」などが外れた状態で見つかっており、部品が誤って取り付けられ、整備後のチェックもすり抜けていた可能性が高い。事故調では、中華航空の整備ミスが原因とみて調査を進める。

整備ミスか・・・続報を待ちましょう。

07/08/30追記
那覇空港で起きた中華航空機の爆発炎上事故に絡み、事故機と同系列機(ボーイング737―700型機)を運航する全日空系のエアーニッポン(ANK)は30日、保有する13機のうち1機で、左主翼前端の可動翼(スラット)内部のボルトに、脱落を防止する留め具のワッシャー(座金)が装着されていなかったと発表した。

同機の就航後、同社はこの部分に一度も触れておらず、製造時から座金がなかった可能性もある。

国土交通省では「このまま飛行を続けていればボルトが脱落した可能性も否定できない」と判断、米連邦航空局(FAA)に通報し、原因究明を要請した。

同社や国交省によると、問題が見つかった機体は今年1月に米ボーイング社から納入され、国内線や国際線で就航している。

製造時の問題の可能性が出てきましたね。

|

« 栃木保険金詐欺事件その11 | トップページ | 埼玉通り魔事件の謎! »

コメント

 ワッシャ(座金)を入れないと、ボルトはゆるみやすい。
 こんな常識的なことを知らないひとが、飛行機を整備しているのですかね?
【補足】ある程度以上の大きさボルトになると、締め付け力が大きいため、ワッシャを入れていると、ゆるめるときに、締め付けられた面が、むしれたりするため、いれない場合もある。(例:M16以上)

投稿: おきゅうと | 2016/01/24 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木保険金詐欺事件その11 | トップページ | 埼玉通り魔事件の謎! »