« 静岡15歳少女刺殺事件その2 | トップページ | 仙台女性殺害事件その13 »

2007/09/06

光市事件の余波

例の光市の母子殺害事件でテレビに良く出ている人気弁護士の番組中の発言に対して被告弁護団の一部の弁護士から損害賠償請求訴訟が起こされている。

この事件については、判決が出るまで書かないつもりだったけど、気になったので書いてみよう。

訴えた弁護士の言い分は人気弁護士が番組中で懲戒請求を呼びかけた為に懲戒請求が集まり、その処理に時間が取られてた事で業務が妨害されたと言う事のようだ。

もう、この弁護団の弁護士が何を言っても驚かないけどさ、やはりと言うか案の定と言うか、自分自身で状況を理解できていないのではないかな?

タレント弁護士(他意はありませんm(__)m)が懲戒請求を呼びかけたところで、問題の弁護士に問題がなければ、誰も懲戒請求なんてしないでしょ?

例えば、タレント弁護士が他のまっとうな弁護士に対して懲戒請求を呼びかけたとして、本当に懲戒請求があつまるかな?

問題の本質はタレント弁護士が懲戒請求を呼びかけたから、懲戒請求が集まったのではなく、「弁護団の弁護自体に問題があったから懲戒請求が集まったと言う事」でしょ?

すくなくとも、懲戒請求を出した人間はそう感じているんだろうね。

そこの所をどうして理解できないのかな?と疑問に思うのだが・・・・
逆に理解できないから、あんな弁護をするんだろうな。

|

« 静岡15歳少女刺殺事件その2 | トップページ | 仙台女性殺害事件その13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡15歳少女刺殺事件その2 | トップページ | 仙台女性殺害事件その13 »