« 町田女性殺人事件の謎!その2 | トップページ | 茨城工場ガス爆発? »

2007/10/12

自殺サイト嘱託殺人

4月12日の深夜、川崎市高津区の派遣社員、21歳女性宅で、女性に睡眠導入剤を20から30錠飲ませてポリ袋をかぶせるなどし、窒息死させる事件が発覚した。

神奈川県警捜査1課は10月10日、嘱託殺人の疑いで、千葉県市原市五井西の電気工、33歳男性容疑者を逮捕した。

被害者と連絡が取れなくなったことから、父親が同16日にアパートを訪れて被害者の遺体を発見した。

室内には「死にます」などと書かれた文書が残されており、県警は当初自殺とみていが、携帯電話や部屋の鍵がなくなっていたことから、他殺の可能性もあるとみて捜査したところ現金の振込先などから同容疑者の犯行が浮上した。

容疑者は平成18年6月に「自殺方法など手助けます」と書き込んだサイトを開設しており、アクセスした男女十数人に睡眠導入剤を販売したとして今年7月、麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕、起訴されていた。

事件当日、容疑者と被害者は初対面だった。

女性から殺害の数日前に報酬として20万円が容疑者の口座に振り込まれていた。

1課などは7月24日、処方せんが必要な睡眠導入剤などを携帯サイト上で販売したとして、容疑者を麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕。被害者との関係についても聴いたところ「『最後までみとってくれ』と頼まれたから殺害した」と容疑を認めたという。

容疑者は他人の処方せんを悪用して睡眠導入剤を入手、販売した疑いがあることが神奈川県警捜査1課と高津署の調べで分かった。
十数人に販売し、うち1人は自殺していた。容疑者はギャンブルなどで約200万円の借金を抱え「金欲しさから掲示板サイトを開設した」と供述しているという。

調べでは、容疑者は06年6月、携帯電話の無料掲示板を使い自殺掲示板サイトを開設。「デスパ」というハンドルネームを使い「向精神薬売ります」などと呼びかけ、埼玉、兵庫両県などの十数人に処方せんが必要な「ハルシオン」などの睡眠導入剤を販売したとして今年7月24日、麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕された。

本人に処方せんが出された形跡はなく、同課などは知人に出された処方せんを悪用して薬剤を入手、販売していたとみている。

容疑者は掲示板で「殺したい程嫌なヤツがいる。イク手伝いをしてほしい。
何でも相談ください」「大概の仕事は請け負います。請け負い料は仕事により変わりますので、連絡をいただければ見積もり致します」とも呼びかけていた。
4000円~数万円程度の料金を請求し、携帯電話のメールで交渉後、依頼者から代金が振り込まれるのを確認した上で「仕事」を実行に移していたという。
金銭への強い執着がうかがえ、同課などは容疑者が借金返済のため書き込み内容をエスカレートさせていったとの見方を強めている。

同課によると、容疑者は生前の被害者にメールで「薬を使ったら楽に死ねる」などと具体的なアドバイスをしていた。
被害者は睡眠導入剤20~30錠を飲まされたうえポリ袋を顔にかぶせられて窒息死したとみられるが、ポリ袋について容疑者は「部屋にあったものを使った」と供述しているといい、当初は薬で殺害しようとした疑いもある。
さらに被害者の携帯電話がなくなっており、容疑者が自らの関与を隠すため持ち去った可能性もあるとみて追及するようだ。

容疑者は千葉県市原市内のアパートで妻、小学生の娘と3人暮らし。

容疑者から睡眠導入剤を買った数人が、購入後に自殺していたことが11日、神奈川県警の調べで分かった。

自殺者の中には、容疑者と直接会って薬を受け取ったとみられる人もいる。県警は、薬購入者の自殺についても被告との関連を調べている。

とこんな事件だね。
金ほしさに人を殺害してしまうなんてのはよくある話で珍しい事ではない。
この事件では背景に自殺問題がある点が難しい点だね。
私も自殺問題にも興味があり「ネット心中」なども調べてみたが、ホントに難しい。

なにしろ、自殺サイトに集まる人は当然、死にたいと考えている。
死を望む人が殺して欲しいと依頼するのは、当然予想できる事だよね。
そして、金を受け取り殺害を実行する人間が現れるのも予想できる。

このような2人が接触すれば今回のような事件はこれからも発生してしまうだろう。
だから、このような事件を防ぐには3つの面から対策を考えなければならない。
1)金の為に自殺志願者を殺害しようとする人間を作らせない。
2)自殺志願者とこれを金の為に殺害しようとする人間を接触させない。
3)自殺志願者を作らない。

こんな所になるのだが・・・・正直難しいだろうな。
1)は現在の格差社会や若年層の崩壊したモラル感覚などから考えると長いスパンで対策を実施していくしかないだろう。

2)も現在のインターネット環境では難しいだろうね。

3)これが一番難しいだろうな。自ら死を望む人間にはそれなりの理由があるし、その理由も多彩だから、個別に対応が必要で法律を作れば一朝一夕に解決できるような問題ではないんだよな。
さらに、自殺志願者の相談に乗って自殺を防ごうと言う人も大勢いるのだが、その中には自殺志願者に影響を受けて、自ら自殺してしまう人もいる。
まさに、ミイラ取りがミイラになると言う事が現実に起きているし、自殺問題はとにかく難しいと思います。
社会全体で取り組む必要があると思います。

もし自殺したいと考えている人がいたら、とにかく一度身近な人に相談してみてください。
周囲に相談できる人がいなければいのちの電話などもあります。

参考リンク
自殺サイト嘱託殺人その2

|

« 町田女性殺人事件の謎!その2 | トップページ | 茨城工場ガス爆発? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 町田女性殺人事件の謎!その2 | トップページ | 茨城工場ガス爆発? »