« 川口女性殺害事件その2 | トップページ | 埼玉覆面集団暴行事件 »

2007/11/04

川口女性殺害事件その3

続報です。
1)調べでは、アパートから約600メートル離れたコンビニ店の防犯カメラに、被害者が10月30日午後6時半ごろ、ATM(現金自動受払機)で1万円を引き出す姿が映っていた。
帰宅途中にコンビニに立ち寄ったと思われる。

2)被害者の財布は部屋の中央付近の床の上に置いてあったバッグの中にあったが小銭を含めた現金とキャッシュカードがすべてなくなっていたことが分かった。犯人がバッグから財布を取り出して現金とカードを抜き取り、再び戻したとみられる。

3)玄関の上がり口には、野菜などが入った袋が置かれたままだった。
また玄関付近から血痕が見つかった。玄関付近には髪の毛が複数落ちているなど争った形跡がある。

4)調べでは、ビデオに映った男は茶髪に黒のワイシャツ姿。被害者と別々に入店したが、ATMを操作している被害者に近づき、声をかけていたという。同本部はビデオの解析を急いでいる。

さてこんな所だな。
小銭まで無くなっていたか・・・犯人が持ち去ったのなら、犯人は相当お金に困っているようだね。
カード類も持ち去っているから、事件直後に使用している可能性もある。捜査に期待できるね。

玄関に争った痕と野菜の袋がそのまま、コートを着た状態・・・被害者が部屋に入った直後に押し入ったと見て間違いないだろうな。

さて、問題はビデオの男だけど・・・流石にこれは無いんじゃないの?と思うけどね。
店内に防犯カメラがある事は犯人も気付いていたはずなので、これから襲おうとしている被害者にカメラの前で声を掛けるなんて事はしないと思うけどね。

カメラの存在を知らない外国人とかすぐに国外に高飛びする事ができるような外国人なら可能性はあるかもしれないけどね。

ただ、ATMや銀行など金融機関で「お金を下ろした直後」に引ったくりにあうなどの事例は多い。なぜなら、被害者が確実にお金を持っているからだ。
女性に限らず、お年寄りを狙った犯行も多いので非力な女性、老人、子供などは要注意だね。

いづれ犯人の情報は捜査線上に浮かぶだろう。お金の無い犯人は比較的近い所に住んでいるかもしれないね。
捜査の進展に期待です。

07/11/05追記
調べでは、被害者の部屋と玄関外の通路に複数の血痕があり、手袋の跡が室内の壁など数カ所から見つかった。
7月、軍手をした覆面の若い男に女性が衣類で後ろ手に縛られた強盗事件があり、関連を調べているようだ。

参考リンク
川口女性殺害事件その2
川口女性殺害事件その4

|

« 川口女性殺害事件その2 | トップページ | 埼玉覆面集団暴行事件 »

コメント

ひどい事件です。顔を何度も殴って首を絞めたなんて。。犯人が捕まることを願ってます。なくなった渡辺さんのためにも。犯人を許す事が出来ません。けど、人間の無力を思いさらされた事件です。自分の恋人がそんな目にあったとしたら。。。悔やんでも悔やみきれません。

投稿: 猫田にゃん太 | 2007/11/08 13:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川口女性殺害事件その2 | トップページ | 埼玉覆面集団暴行事件 »