« 長野宗教法人集団暴行死事件その4 | トップページ | 長野女性ヘルパー殺害事件その3 »

2007/11/15

足立区綾瀬川女性殺害事件その3

続報です。
1)容疑者は殺害も認めているが、首を絞めたとされるロープを準備した疑いがある。

2)死体を遺棄した直後、容疑者は近くにある同区内の妻が住む家に立ち寄ったが妻が様子がおかしいのに気付き問い詰めたところ、
容疑者は事件について打ち明けたという。
一晩泊まり、千葉県市川市内の実家に行ったらしい。

・・・妻に打ち明けたのなら、自首すればよかったのにね。
しかし、ロープを用意したかもしれないが、計画的な犯行にしてはずいぶん、お粗末な犯行なんだよな。
遺棄場所も確かに人通りの無い場所かもしれないが、時間が経てば臭いなどもするだろうし、遺体が発見される可能性はゼロではないだろう。
そのあたりを考えると、それほど綿密に計画した犯行でもないと思うのだが・・・
もともと、が容疑者がアバウトな性格と言うのも可能性もあるかな。 

|

« 長野宗教法人集団暴行死事件その4 | トップページ | 長野女性ヘルパー殺害事件その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長野宗教法人集団暴行死事件その4 | トップページ | 長野女性ヘルパー殺害事件その3 »