« 香川3人不明事件その7 | トップページ | 香川3人不明事件その8 »

2007/11/30

八戸女子高生殺害事件

11月15日午後7時ごろ八戸市長根のホテルで、16歳女子高生を首を絞めて殺害し、部屋に火を付ける事件が起きている。

殺人の容疑で逮捕されたのは岩手県軽米町小軽米、無職30歳男性容疑者、容疑を認めているという。
2人は携帯電話のゲームサイトで知り合い、事件前に他の友人らを交えて複数回、県内で会っていたという。容疑者は「(女子生徒が)死にたいと言っていたので殺した」などと供述しているという。

2人は同日未明から宿泊し、午後8時20分ごろに部屋で火災があった、女子高生が遺体で見つかり容疑者は意識不明で救出され、29日まで病院で治療を受けていた。

容疑者は「自分も死のうと思って火をつけた」と話しており、警察は現住建造物等放火容疑でも調べている。

関係者によると、女子生徒は交友関係などで悩んでいたという。

さて、こんな事件なんですが・・・・
相手は思春期の女の子でしょ、その時期の子供ってさ、それほどの理由もなく時々そんな事を思う事もあるわけで、それで殺害しましたと言うのでは30歳としてどうかと思うんだけどな・・・・

理由は別にあったのかもしれないしね、動機については捜査の進展を待つしかないかな。

この事件もネットが出会うきっかけだったんだね。
最初から2人で会ったわけでもなく、何度か複数人で会っているのでそれなりに慎重な行動にも思えるけど・・・・

それでも、結果はこうなってしまった。やはり何が原因だったのか?知りたいね。

|

« 香川3人不明事件その7 | トップページ | 香川3人不明事件その8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香川3人不明事件その7 | トップページ | 香川3人不明事件その8 »