« 足立区綾瀬川女性殺害事件 | トップページ | 長野宗教法人集団暴行死事件その4 »

2007/11/12

足立区綾瀬川女性殺害事件その2

続報です。死体遺棄容疑で容疑者が逮捕されました。
1)逮捕されたのは交際相手の住所不定、無職、27歳男性容疑者

2)調べでは、容疑者は被害者の遺体を車で運び、10日午後11時半ごろ、足立区の現場に捨てた疑いがもたれている。

3)容疑者は被害者を殺害したことをほのめかしているらしい。

4)調べによると、容疑者は今月10日午後10時30分ごろ、実家近くの千葉県市川市内から、被害者の遺体を車に乗せ、同インター近くの高架下に捨てた疑いがもたれている。車内には、2人が生活していた痕跡があり、同課は、容疑者が車内で被害者を殺害したとみている。
被害者は先月まで大熊町のビジネスホテルで容疑者と働いており、同月末に一緒に退社した後、今月上旬、2人で上京。容疑者は、妻子を残し大熊町に単身赴任していた。
被害者と容疑者は別れ話でトラブルとなっていたようだ。

なるほど、一緒に暮らしていたのなら、警察が最初に話を聞きに行くだろうな。
しかしスピード解決だね。

11月11日午前7時ごろ事件が発覚
11月11日に被害者の身元が判明
11月12日未明に交際相手の男から事情を聞いたところ、遺体を捨てたことを認めたため死体遺棄容疑で逮捕した。

被害者の身元が早期に分かった事が早期解決の決め手だったんだろうな。
とは言えダメですよ。不倫は・・・・

不倫は大なり小なり高い確率でトラブルになります。
早い時期に和解と言うか解決できれば良いですが、特に男性側が優柔不断な場合は最悪の場合になる可能性があります。

過去の事件では、一流企業の妻子持ちの社員が部下の女性と不倫をしたあげく、女性が男の家にガソリンを撒いて放火して子供2人が焼死する事件が起きている。
平成5年12月14日に日野で起きた事件です。
この事件をみると、被告人がした事は悪いことに間違いないのだが、とっても同情できる部分もあるんだよね。
それにもともと不倫などしなければ、こんな悲惨な事件も起きなかったと思う。

今回の事件の詳細はこれから週刊誌あたりが書いてくれるだろう。

|

« 足立区綾瀬川女性殺害事件 | トップページ | 長野宗教法人集団暴行死事件その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足立区綾瀬川女性殺害事件 | トップページ | 長野宗教法人集団暴行死事件その4 »