« 兵庫県加古川女児刺殺事件その8 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その76 »

2007/12/15

佐世保銃乱射事件

12月14日午後7時すぎ、長崎県佐世保市名切(なきり)町の会員制スポーツクラブ「ルネサンス佐世保」に男が押し入って散弾銃を乱射し、腹部を撃たれた26歳女性水泳コーチと会員の36歳男性が死亡した。
ほかに女児2人も足などにけがをするなど男女計6人が重軽傷を負う事件が起きている。

県警佐世保署や市消防局などによると、午後7時13分ごろ「爆発音がした」と119番があり、5分後に「男が立てこもっている。ライフルを撃ったようだ。けが人がでている」と再び通報があった。

消防隊員が駆けつけたところ水着姿の女性コーチが倒れており、救急車で佐世保市立総合病院に運ばれたが、約40分後に死亡が確認された。男性会員は多発銃創によるショック死だった。女性コーチは2階のカウンター内側の事務室で、男性会員はホールで撃たれていた。

佐世保署などによると、銃を撃ったのは身長170~190センチの男で、白のフルフェースのヘルメットをかぶり、迷彩服の上下にシルバーグレーのダウンジャケットを着ていた。

会見したルネサンスの社長によると、男は2階にあるクラブの正面玄関から発砲しながら入り、ホールでも発砲。
事務室や奥にあるプールサイドでも乱射し、正面玄関から逃走したとみられる。
当時、クラブには会員50人、スタッフ20人がいて、2階にはその半数がいたという。プールでは3歳~小学生対象のスクールが終わり、小中学生約15人が練習中で、客席には保護者ら7人がいた。

現場は佐世保市の官庁街に近い市中心部で周囲は閑静な住宅街。クラブの入る建物は4階建てで、1階にはスーパーが入店し2~4階がスポーツクラブ。

佐世保署捜査本部は15日、市内の37歳の男が事件に関与していると断定、逮捕状請求の手続きを始めた。

捜査本部は散弾銃の所持者を中心に容疑者の絞り込みを行った結果、37歳の男が浮上した。(男は事件後姿を消していた)
15日未明にスポーツクラブから南西に約5キロ離れた同市船越町の教会前で、男が使用しているとみられる白い無人のワゴン車を発見。
車内からは散弾銃2丁、空気銃1丁と迷彩服などを発見した。

男は散弾銃3丁、空気銃1丁の所持許可を得ており、捜査本部は男が銃を所持したまま、車を放置した場所の近くに潜伏している可能性もあるとみて、警戒を強めるとともに、慎重に捜索を進める。

15日午前7時35分ごろ、現場から南西約5キロの同市船越町の船越カトリック教会敷地内で血を流して死亡しているのが見つかった。約2時間前に発砲音がし、男が散弾銃を抱きかかえるようにしていたことから県警は自殺したとみて調べている。

容疑者は事件のあった14日夜、射殺された男性ら複数の友人を現場のスポーツクラブに誘い出しており、友人らの証言からも容疑者の関与が浮上した。容疑者は射殺された男性と中学の同級生という。(容疑者は現場のスポーツクラブの会員だった)

ニュース報道などによると、周辺住民のコメントとして、「挨拶をしない」とか「正常でない人間になぜ散弾銃の所持の許可をするのか?」なんて声があったようだ。

容疑者の人間像や動機などについては捜査を待つしかないだろうね。

ただ、本当に容疑者が犯行を行ったとしたら、射殺された男性を現場に呼び出したのは偶然ではないだろうね。

普通はさ、無関係の人間を巻き込まないように考えるのだが、目的達成の為には「何でも有り」になってしまったんだね。
地球温暖化も問題だが、モラルハザードも問題だと思うよ。

とにかく続報を待ちましょう。

参考リンク
佐世保銃乱射事件その2

|

« 兵庫県加古川女児刺殺事件その8 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その76 »

コメント

被疑者自殺の最悪な結末。
自ら、会員になってるスポーツクラブでの事件で、最初から自殺するつもりだっただろう。
自殺する前に逮捕して欲しかったな。

投稿: ひろ | 2007/12/15 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県加古川女児刺殺事件その8 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その76 »