« 兵庫県加古川通り魔事件その2 | トップページ | 香川3人不明事件その11 »

2007/12/14

タイ邦人女性殺害事件

11月25日世界遺産に登録されているタイ北部の観光地スコタイで大阪市在住の27歳女性が殺害される事件が起きている。

遺体は25日昼、スコタイ遺跡群の寺院遺跡近くの草むらで見つかった。首や腹を数カ所、切られるなどしていた。現金約3000バーツ(約1万円)を持っていたが、パスポートは見つかっていない。

女性は11月上旬からタイを1人で旅行、24日スコタイに入り、25日朝からレンタサイクルで観光していたという。

地元警察の調べでは、旅券がなくなっているが、腕時計やネックレスはつけたままの状態で遺体が見つかった。川下さんが宿泊施設に預けた荷物には1万円近くの現地紙幣やノートなどとともに、使用済みの長距離バスの乗車券が残されていた。

さて、こんな所ですね。外国で起きた事件で情報が少ないのが難しい所です。
とりあえず、整理すると(ネットの情報を含む)
1)首や腹を数カ所、切られるなどしていた。

2)死後4-6時間経っていると見られる

3)現場はスコータイ歴史公園の中でも重要な観光名所の一つであるタパーンヒン寺院へ登る道中にある林の灌木の中。

4)被害者の喉は鋭利な物で縦に切られ、右側には刺された跡もあった。血が噴出し凝固していた。白いラウンドネックのTシャツと、クリーム色の長袖の服、ジーンズを着けていた。布製の靴を履き、死体は横向けになっていた。

5)被害者が宿泊していたのはスコータイの旧市場にあるゲストハウス

6)初期捜査によると、被害者は同日の午前7時30分に旧市街にある自転車店から自転車をレンタルし、スコータイ歴史公園に観光に出かけた模様。タパーンヒン寺院に向かう丘のふもとに自転車を置き、美しいタパーンヒン寺院を見るため、徒歩で登り、道中で待ち伏せしていた犯人に遭遇したようだ。警察の推定によると、犯人は金品の強奪を試みたが、被害者が抵抗したため、首を切り刺し殺したのではないかとのことである。

事件は朝起きているようだが、現地の治安が良く分からないので、これが強盗目的かそれ以外が目的だったのかは推測が難しいね。

ただ、女性の現金や腕時計などが奪われていないので、強盗目的と言うのはどうも疑問のある所ではある。

それから、殺害方法が凶器による刺殺である点、そして複数刺している点をどうみるか?と言う所なんだけど・・・・
複数刺しているのは、確実に殺害しなければならない理由があるからかな?

強盗に失敗して顔を見られた為に口封じの為に殺害?
しかし強盗なら金品は奪うだろうし、凶器を持っていたのだから、凶器で脅されたら流石に現金を差し出すだろう。

性的暴行目的で顔を見られた為に口封じの為に殺害?
凶器で脅されたら抵抗できないだろうね、目的を達成後に殺害にしては、ちょっと乱暴な殺害方法だね。
現場は観光地なのだから、逃走途中で目撃される可能性もあるはずだし、返り血を浴びていたらかなり有力な証拠になるだろうな。
それにこの場合は検死で何かわかるんじゃないかな?

どうも怨恨による殺人事件と言うのも有りかと思うのだが・・・・
最初から殺害するつもりなら、後ろから刺すでしょ?
正面からでも腹や胸を狙うだろう・・・
首を狙う場合もあるが、それなら横に引くよね。

それにそもそも、女性が何時現場に現れるか犯人は知らなかったんじゃないの?
つまり、待ち伏せしていたのなら、誰でも良かったと言う事になるし・・・

逆に被害者を狙ったのなら被害者の予定を知っている人間と言う事になる。

正面から首を狙ったのは悲鳴を上げさせない為かな?
それなら絞める方法もある・・・体力面で自身が無いので凶器を使ったのかな?

もうすこし情報が欲しいね。
ネットでは邦人男性が重要参考人として現地メディアに報道されているなんてのもあるが・・・

続報を待ちましょう。

|

« 兵庫県加古川通り魔事件その2 | トップページ | 香川3人不明事件その11 »

コメント

魔法のパートタイム探偵くまのみちゃんさんです
(最近、小梅ちゃんが行く!のフアン、あの大阪弁がええやんかなー)
↑またでたな妖怪~(管理人談)

さっそく、リクエストにお答えいただきましてありがとうござんます。
この事件の興味深い点は、犯行状況もさることながら、タイポストの日本人容疑者の実名写真報道による、犯人の人種カテゴリーの錯綜がポイントです。犯人の人種カテゴリーは以下3つ。

1、地元タイ人による一般犯行
2、イトウ容疑者ならびに他日本人による犯行
3、タイ、日本人以外の他外国人による犯行(白人なども含む)

さらに要点は、タイポストの報道が正しければ、いい仕事をした、と言うことになるが、これが根拠の無いものであればタダの参考人を実名写真報道したということになる。またこれらのことがタイ政府の意向によるものか?と言う点が疑問になる。なぜならタイ側は犯人がタイ人であると観光産業のダメージ懸念するからだ。日本人の犯行であればタイ側にとってこれほど都合のよいものはない。ということになると、タイ警察はタイ人の犯人を捕縛していたしても公表しないという陰謀も想定できる。

要点2として日本側は相変わらず政府、報道機関とも沈黙でこの点を扱っているのは一部のインターネット掲示板のみ、と言う点も興味深い。またイトウ容疑説も、案外デタラメだといい切れないグレーな部分が多い。

要点3は、もしイトウ容疑者であった場合その動機も興味深い。この状況で犯行に及べば日本人であるイトウ容疑者には非常に不利で(簡単に疑われて見つかる)となるとはやり地元タイ人(もしくはミャンマー、ビルマ人)の犯行となるのだか、その後のイトウ容疑者の不可解な足取りが状況を複雑にしている。また被害者のレイプ痕跡の有無をタイ側、日本側も司法解剖しているのに関わらず、あやふやな公表しかしていない点も気にあるところである。

くまのみちゃんさんも急遽タイに飛ぶことにした。それらの取材報告は、しばらくお待ちいただきたい。」*文中一部仮名

----------------------
以下は本事件リクエスト投稿の本文です


>>中米で熱帯魚とピラニアの養殖業をしていて、一部を東急ハンズ渋谷店ハチ公口側に卸しているひさびさの帰ってきた魔法のパートタイム探偵くまのみちゃんZ(ゼット)です。(長い形容詞)

井の頭公園バラバラ殺人事件以来の取り扱い事件のリクエストです。

タイ、スコータイで起こった邦人女性殺害事件ですが、この展開が興味深い。タイポストが日本人男性イトウを容疑者扱いして実名公開、写真まで公開して日本人犯人説を打ち出しているものの、なぜか日本国内のマスコミ反応は一切なし。しかし、この容疑者の行動は不可解なものが多く、スコータイから最短最短時間で日本へ直行するなど、他にも容疑者についてハテナな証言がある。外国人犯人にしたいタイ側と無反応の日本側政府機関と報道機関?非常に興味深い事件模様です。くまのみも推理がまとまりません。よろければどうぞ、以下サイトが参考になります。【緊急スレ】モモコ事件について情報求む!http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/3341/1196007885/

投稿 魔法のパートタイム探偵くまのみちゃん | 2007/12/13 16:04

投稿: 魔法のパートタイム探偵くまのみちゃん | 2007/12/15 08:17

魔法のパートタイム探偵くまのみちゃんさんです
(そんな18禁アニメなんてには手を出してまちぇん!)
↑良質な雪の姫シリーズでもか?(管理人談)
                     ↑おいこら!(くまのみちゃんさん談)


くまのみちゃんの鋭い推理では、こちらの住人さん達はあまりタイ邦人女性殺害事件にご興味がないようだ。よって、単独捜査をつづける魔法のパートタイム探偵くまのみちゃんさん。

タイポストの容疑者イトウの不可思議な行動を以下に列挙した。

1、被害者の到着から5分遅れで殺人現場に到着している

2、国内線の帰りの便でタクシーで空港に向かった際の運ちゃんの証言
  A、雰囲気が他の旅行者と明らかに異なっていた
  B、手ぶらで空港に行った

3、殺人日の翌日に国内線でバンコックに飛び、さらに翌日、バンコックから日本へのフェデックスエキスプレス並みのスピード帰国

4、被害者と旅行を同行している可能性がある


一番気になるのは、3のフェデックスエキスプレス行為である、くまのみちゃんの調べで便はノースウェストあるころがわかった。そこで問題になるのが、もともとこの日のスケジュールで飛ぶ予定であったのか、それとも直前に日付変更をして予定を繰り上げたのかがポイントになる。通常、タイランドに行ったことがあるまともな日本人男性なら、スコータイにからバンコック帰ってきた場合、最低、2、3日はお風呂やさんめぐりやテーメカフェでまったりなどしてバンコックで数日の短期滞在をするべきがあるが、イトウはほぼバンコック通過状態で日本で帰国している点が気になる。くまのみであればナナプラザだけでも3日はもつであろう。タイポストもこの点に気付いたのではないだろうか?通常、ビジネストリップでない普通のバックパッカーの賢い旅行者であれば、スコータイから帰ってきた翌日の早朝7時の便で日本行きの帰国便の手配はしない。なぜなら、スコータイからの国内便が何らかの理由でキャンセルになった場合、国際線に影響がでるからである。ひとことで言うと、スケジュールタイトなる。もし、イトウが直前に日付変更をしてノースウエストの便を繰り上げたのなら容疑は濃くなるかもしれない。

しかし現時点では、タイポストの実名写真報道以降、日本側、タイ側からも一切の続報が無い。日本国内でもイトウが逃亡しているのか、もしくはイトウはシロだったのかも不明である。

タイランドでは、殺人犯人の検挙率は非常に低く、2ヶ月に以内に逮捕できない場合はおそらく迷宮のラビリンスに迷い込んだウサギ事件になるであろう。外国人の殺人事件が起こったからといってそれはそれほど重大事件ではなく、日本のように多額の捜査費用や人員を割くことはしない、もしくはできない。初動捜査でちょっとがんばった後は外国のマスコミ対策班が後日の対応をするのみであろうと思われる。


投稿: 魔法のパートタイム探偵くまのみちゃん | 2007/12/22 16:09

>魔法のパートタイムクマのみさんへ


被害者は、気まぐれな旅を続けてたみたいですね。

イトウが犯人と仮定すると、確かに被害者と行動を共にしてた可能性がありますね。
いくつかの質問をします。

①イトウと被害者は、同じゲストハウスに宿泊してたのですか?

②ゲストハウスから、事件現場までの所要時間(車での)はどれくらいでしょうか?


③事件当日未明に、被害者と男性が一緒にレストランで食事をしてる所を目撃されてますが、この男性はイトウだと考えて良いのでしょうか?(地元の捜査当局が事件との関連を調べてるとの事。イトウとは別人の可能性もありますけど)

投稿: ひろ | 2007/12/30 19:53

魔法のパートタイム探偵くまのみちゃんさんです
↑イヒ、ヒ、ヒ、この前書き込みで
お前のバンコクでの性癖ばれたな~(管理人談)
                   ↑そういえばプラザで管理人さんをお見かけしたような気が?(くまのみ)
                   ↑ドキ!(管理人談)


>>①イトウと被害者は、同じゲストハウスに宿泊してたのですか?

くまのみの捜査では、当夜、満室を理由に深夜2時ごろ宿を追い返されており、彼女は宿無しでした。そこから死体発見現場到着の朝までの行動は不明です。ちなみにくまのみちゃんさんの出身は山梨です。

>>②ゲストハウスから、事件現場までの所要時間(車での)はどれくらいでしょうか?

自転車で30分圏内です。

>>③事件当日未明に、被害者と男性が一緒にレストランで食事をしてる所を目撃されてますが、この男性はイトウだと考えて良いのでしょうか?(地元の捜査当局が事件との関連を調べてるとの事。イトウとは別人の可能性もありますけど)

そのアタリをスコータイ警察に聞きに行ったら、「お前は誰だ?」というので、「ASKAの事件簿でちょっと有名な中米からやってきた正義の魔法のパートタイム探偵くまのみちゃんさんだ!モモコ殺人事件の単独捜査をしている!」と言うと、「ふざけるな、そんなのはしらん、帰れ帰れ!」とお魚くわえたドラ猫のように叩き出されて塩をまかれてしまいました。

よって、誰と食事をしていたかまだ不明です。

くまのみの独自捜査は、そのタイレストランのウエイトレスに証言を取るため、目下、そのレストランを捜し歩いています。捜査費用が少なくいます、依頼人不在のくまのみちゃんさんに愛の手を。

投稿: 魔法のパートタイム探偵くまのみちゃん | 2007/12/31 04:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県加古川通り魔事件その2 | トップページ | 香川3人不明事件その11 »