« 世田谷一家殺害事件情報マップ | トップページ | 品川高2通り魔事件その2 »

2008/01/05

品川高2通り魔事件

1月5日午後3時20分ごろ、東京都品川区平塚1の東急池上線戸越銀座駅前の「戸越銀座商店街」で、両手に包丁を持った男が通行人の男女5人を次々に切り付ける事件がおきている。

男は駆けつけた警官に殺人未遂の現行犯で逮捕された。
きりつけられた5人のうち、42歳と30歳の女性会社員2人が背中や胸を切られて約10日のけがを負い、残る男女3人はコートなどを切り裂かれている。

逮捕されたのは同区在住の私立高2年の16歳少年で、「誰でもいいから皆殺しにしたかった」と供述している。

目撃者によると、少年は同駅前の踏切付近で、左右の手に包丁を1本ずつ持ち、「殺してやる」などと叫びながら、同駅に向かって歩いて来る買い物客に襲いかかり、商店街の中を約300メートル走って逃げたところで、警視庁荏原署員に殺人未遂の現行犯で逮捕された。

少年は黒いジャンパーに黒いジーパン姿で革靴を履いており、逮捕時には、両手のほか、左の靴の中にも包丁を入れていた。
少年は「精神科の病院に通院している」とも話しているといい、裏付けを進めている。

さてと、年明け早々の通り魔事件だが、死者が出なくてなによりだね。
逮捕されたのは、16歳の少年だったか・・・
通院歴もあるようなのでメンタル面の問題も考えられるのだが・・・
逮捕されているので、理由は供述を待ちましょう。

ただ、本当に殺害するつもりなら、一人ぐらいは殺害が可能だったろうな。
「殺してやる」と叫びながら襲っているので、単純に感情が爆発して暴れてしまったのかもしれないね。

続報を待ちましょう。

|

« 世田谷一家殺害事件情報マップ | トップページ | 品川高2通り魔事件その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件情報マップ | トップページ | 品川高2通り魔事件その2 »