« 品川高2通り魔事件その2 | トップページ | 青森母子放火殺人事件 »

2008/01/08

品川高2通り魔事件その3

続報です。具体的なトラブルの内容が出てきたね。
1)調べに、少年と両親は「これまで学校などでいじめを受けたことがあった」と話している。いじめが理由で中学校を転校したこともあり、高校でも通信教育のコースに転籍したという。

2)友人関係や家族関係など複数のトラブルをあげ、「事件当日の5日も塾にいったが講師から叱られた。むしゃくしゃしていた。また母親ともトラブルになっていた」などと話しているという。

3)少年は7日午前、東京地検に送検された。

4)「男性は強いので、弱い女性を狙った」とも語ったという。

結局のところ、憂さ晴らしというところなのかな?
いじめらていたと言う事だが、狙ったのは「いじめっ子」じゃなくて、無関係の反撃できないだろうと言う弱い人間か・・・

弱い人間が更に弱い人間を襲う、負の連鎖だね。

しかし、塾の講師や両親が、生徒や子供に対して注意したり、叱ったりするのは当然の事だろう?それが理由で暴れたりするなら、日本中、通り魔事件だらけになってしまう。
そのあたりから考えると、このあたりはただの「キッカケ」なのかな?

とりあえず、続報を待ちましょう。

08/01/20追記
少年が通っていたのは都内の私立高校だ。
入学当初は週4日の「平日コース」に通っていたが、1年生の9月に「体調が不良なので、自分に合った勉強をできるようにしたい」と申請があり、10月から通信制にコースを変更した。
同校の副校長は取材に「真面目で口数は少なかったが、友達がいなくても1人でいても気にしないタイプだった」と説明する。

月に数回ある登校日では教室の前の席に座る積極性もあり、「テストの点数も高かった。自宅学習の成果であるリポートも完璧(かんぺき)で、大学進学を希望していた」(副校長)という“模範的な生徒”だった。

08/03/26追記
東京地検は26日、私立高校2年の少年(17)を殺人未遂と銃刀法違反の非行事実で東京家裁に送致した。地検は「医療少年院送致が相当」との参考意見を付けた。

08/05/02追記
少年審判で、東京家裁は2日、医療少年院送致を決定した。

家裁は決定理由で「少年は他人を殺害しなければならないという考えに取りつかれていた。今後も衝動的に人を傷付ける恐れが高く、相当長期間の治療や矯正教育が必要」と指摘した。

|

« 品川高2通り魔事件その2 | トップページ | 青森母子放火殺人事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 品川高2通り魔事件その2 | トップページ | 青森母子放火殺人事件 »