« 北海道小学女性職員殺害事件 | トップページ | 北海道小学女性職員殺害事件その2 »

2008/02/02

青森女性殺害事件の謎!その10

続報です。判決が出ました。懲役18年です。

青森地裁は1日、懲役18年(求刑・懲役23年)を言い渡した。
弁護側は殺意を否認したが、裁判長は首を数十秒間絞め続けていたことから、「死に至る可能性を認識していた」と未必の故意を認定、「短絡的、自己中心的な犯行」と述べた。

2006年7月20日 事件発生
2006年8月12日 容疑者が別件の詐欺容疑で逮捕
2007年3月    遺体損壊容疑、殺人容疑で逮捕
2008年2月1日  地裁で判決、懲役18年

正直意外に長かった印象だね。
とは言え、殆ど物証の無い事件で逮捕、有罪までたどり着いたんだから、捜査陣も良くやってくれたと思います。

ただ、今回は「元米兵」だったが、「現役米兵」だったら逮捕できたか?と言うのは少々心配なところだね。

参考リンク
青森女性殺害事件の謎!その9

|

« 北海道小学女性職員殺害事件 | トップページ | 北海道小学女性職員殺害事件その2 »

コメント

Good point. If the guy is currently in the military, who knows what would happen. Extraterritoriality has historically been a sticky issue, and although Japanese government should be able to arrest American suspects as long as their wrongdoings take place in Japan, quite often the U.S. military police gets involved, and they most likely develop into diplomatic controversy. Things just sort of fizzle in the process.

It's sad that the victims are often women.

投稿: Mako-chan | 2008/02/09 16:09

Makoさん、今晩は
そうですね、日本でも米軍基地の周辺では実際に米兵による婦女暴行事件が多数起きていますね。

他の読者の為にMakoさんのコメントを意訳しておきます。(間違っていたら教えてください、あまり自信がありません)

-------------------------------------------
良いポイントです。
もし男が現役軍人ならば、何が起きたでしょう。
治外法権は歴史的に(今まで)困った問題でした、そして日本政府は日本で犯罪を犯したアメリカ人容疑者を日本人容疑者と同じように逮捕することが可能であるべきであるけれども、しばしば米国の憲兵隊が関係します、そして彼らはよく外交的な論争に発展させます。
この種の捜査は挫折します。
犠牲者がしばしば女性たちであることは悲しいです。
-------------------------------------------

投稿: ASKA | 2008/02/10 00:44

Aska-san:

Your Japanese translation is absolutely accurate. Thank you! I hope you don't mind my comments in English. I speak Japanese like a native, but when it comes to writing I feel much more comfortable in English. I really appreciate it.

Best,
Mako-chan

投稿: Mako-chan | 2008/02/10 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道小学女性職員殺害事件 | トップページ | 北海道小学女性職員殺害事件その2 »