« 東京理科大爆発事故 | トップページ | 発煙筒工場爆発事故 »

2008/03/07

熊本児童通り魔事件

3月6日午後1時半ごろ、熊本市高平の市立高平台小学校で、8歳2年生の男子児童が、男に腹部を殴られる事件が発生している。

男児に怪我はなかった。男児は「男はズボンのポケットにナイフのようなものを持っていた」と話しており、県警は注意を呼びかけている。

高平台小によると、男児は昼休みに1人で玄関から校庭に向かう途中、校門近くで男と出くわした。
男は無言で男児の腹部をこぶしで1回殴り、校門から逃走した。この日は水道工事をしており、門は開いていたらしい。

不審者は身長170センチくらいで年齢は不詳。
目出し帽をかぶり、黒っぽい服装をしていた。
同校は部活動を中止し児童を集団下校させた。

さて、男児に怪我無くてよかったね。
男はポケットにナイフのような物を持っていたのに、それを使わずに拳で殴った、しかも顔では無く腹・・・どことなく、怪我をさせないような、騒ぎを大きくしたくないような自制心が感じられるな。
ストレス発散の為にちょっと殴ったと言う所かな?
続報を待ちましょう。

|

« 東京理科大爆発事故 | トップページ | 発煙筒工場爆発事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京理科大爆発事故 | トップページ | 発煙筒工場爆発事故 »