« 奄美児童殺傷事件 | トップページ | 痴漢でっちあげ事件 »

2008/03/12

硫化水素自殺?

3月12日午後6時15分ごろ、岡山市国富1の民家で「母と兄が倒れている」と帰宅した15歳次男が119番通報する事件があった。
岡山県警岡山東署などによると、高校2年の17歳長男と43歳母親が2階の長男の部屋で倒れており、病院に搬送されたが間もなく死亡した。

調べでは、長男は自室のベッドにうつぶせ状態で、ベッドのそばに母親が倒れていたという。
室内には市販の洗浄剤など薬剤の容器が十数本あった。消防によると、薬剤を混合した液体が約5~10リットル残っていたらしい。

現場には異臭が立ち込めており、県警は室内にあった薬剤を混ぜ合わせて硫化水素を発生させ、中毒による自殺を図ったとみて死因を調べているとの事。

さて、2月16日の埼玉の事件で心配していた事が現実となってしまったようだ。
「善悪はそれを用いる人の心の中に有り」と言う言葉を思い出した。
やはりメンタル面からアプローチするべきなのかな?

08/03/14追記
2人の死因は硫化水素中毒だったことが14日、岡山県警東署の調べで分かった。
警察は妻が異変に気付いて部屋に入り、巻き添えになった可能性が高いとしている。

08/03/22追記 別件で硫化水素自殺がありました。
3月20日午後7時50分ごろ、京都市左京区田中上古川町にあるマンションの管理会社から、「2階の部屋の玄関に硫化水素発生中という張り紙がある」と119番があった。
市消防局員が駆けつけると、玄関ドアが内側から目張りされ、浴室内で男性が死亡していた。  

府警下鴨署の調べでは、この部屋に住む20代のアルバイト男性とみられ、自殺の可能性が高いという。張り紙には手書きで、「浴室で硫化水素発生中。絶対に入室せず、消防に連絡して下さい」などと記されていた。浴室から硫化水素が検出され、液体の入った衣装ケースがあった。

男性はこの日、部屋を退去予定で、管理会社員が訪問して張り紙を見つけた。

他人の巻き添いを避けるため「有毒ガス発生中」と張り紙をする方法はインターネットの自殺サイトで紹介されており、サイトを参考にしたようだ。

08/03/27追記
27日午前2時35分ごろ、神戸市北区若葉台の64歳会社員方から、「浴室で異臭がし、息子が倒れている」と119番があった。
救急隊が駆けつけ、家族4人が病院に搬送されたが、アルバイトの27歳次男が硫化水素による中毒で死亡。
助けようとした会社員も意識不明の重体。妻(59)と無職の長男(32)も治療を受けたが、命に別条はないという。
神戸北署は次男が洗剤などを混ぜて硫化水素ガスを発生させ自殺を図り、家族が巻き込まれたとみて調べている。

次男の部屋には遺書めいたメモもあったようだ。

またしても、硫化水素による自殺だが・・・この方法は止めてください
この事件でも家族が巻き添えになって死亡している。
全く関係の無い人まで巻き添えにしてしまう可能性だってあります。

08/04/24追記
高知県香南市の市営住宅で23日夜にあった、硫化水素によるとみられる市立中学3年の女子生徒(14)の自殺で、住民計21人が4病院に搬送されたほか、68人が自力で病院に行った。生徒の母親も含め14人が入院した。

自分は死亡してしまうから、その後どうなってもかまわないと言うのは無責任です。
他人を巻き添えにしてしまったら、残った家族にどんな迷惑がかかるか考えましょう。

|

« 奄美児童殺傷事件 | トップページ | 痴漢でっちあげ事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奄美児童殺傷事件 | トップページ | 痴漢でっちあげ事件 »