« 世田谷一家殺人事件再考その78 | トップページ | 岡山ホーム突き落とし事件その3 »

2008/03/31

尼崎下沢公園殺害事件

3月30日午前9時15分ごろ、兵庫県尼崎市南武庫之荘10の「下沢公園」で、公園にある公衆トイレ付近で毛布に包まれた遺体が発見される事件が起きている。

遺体は左胸に刺し傷があったことから、県警捜査1課は殺人、死体遺棄事件として尼崎北署に捜査本部を設置した。31日に司法解剖して死因などを調べる。

調べでは、遺体は
年齢:20~40代。黒い短髪で身長約170センチ。
服装:えんじ色のウインドブレーカーの上下を着ていた。靴は履いていなかった。

腐敗が進んでおり、発見者の男性が異臭に気付いた。
遺体はあおむけでひざをやや曲げ、毛布数枚にくるまれ、ロープや粘着テープが何重にも巻かれていた。所持品はなかった。

近所の57歳男性によると、29日夕に発見現場近くを通った際には包みはなかったという。何者かが29日夕から30日朝にかけて放置したとみられる。

現場はJR東海道線の甲子園口駅北東約700メートルで、武庫川東岸沿いの住宅街。

とこんな所だね。
遺棄現場は住宅街の中で唯一人気の無い場所のようだね。
遺体は死後相当時間が経過しているようなので、失踪者リストから身元に辿り着くまでそれほど時間は掛からないだろうな。

梱包と言うとバラバラ事件と同様に捜査のセオリーがありそうなんですが・・・どうなるかな?

まずは身元の続報をまちましょう。

|

« 世田谷一家殺人事件再考その78 | トップページ | 岡山ホーム突き落とし事件その3 »

コメント

ちょっと補足 公園近くには川があってそちらも遺棄は可能だったと思う 公園に遺棄したのは理由がありそうだね

投稿: ASKA | 2008/03/31 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺人事件再考その78 | トップページ | 岡山ホーム突き落とし事件その3 »