« 埼玉坂戸通り魔事件 | トップページ | 福岡早良通り魔事件 »

2008/04/15

江戸川出会い系女性不明事件

東京都江戸川区の19歳無職女性が4月5日から行方不明となり、警視庁は車で無理やり連れ回したとして、青梅市長淵4、無職26歳男性容疑者を監禁の疑いで逮捕した。

「出会い系サイトで知り合い、ドライブの途中で突然車から飛び出した」と供述したことから、同庁で14日、山梨県山梨市の山林を捜索したところ、女性の所持品とみられるバッグとブーツを発見。容疑者が女性の行方を知っているとみて調べている。

発表によると、女性は6日正午過ぎ、自宅にいた母親に携帯電話で「知らない男に連れ回され、注射を打たれた」と助けを求めたため、父親が小松川署に届け出た。その後の午後1時以降、女性の携帯電話はつながらなくなった。

調べによると、女性は6日正午すぎ、自宅などへ短時間の電話を数回かけ「男に連れ回されている」「助けて」と訴えた。
 「キャー、キャー」との悲鳴や、意味不明な通話もあったほか、「2人組の男にホテルに連れ込まれそうになった」という内容もあった。
 山梨県警に110番もあり、無言で息を切らすような声が聞こえて切れた。携帯電話の電波状態が悪く、県警側がかけ直し続けると、10分ほどでつながり、女性は名前を名乗ったが、「どこにいるか分からない」と答えた。その後はつながらなくなったという。 
覚せい剤を打たれ、意識混濁の状態だった疑いがあり、同課は監禁容疑などで逮捕した容疑者を追及している。

女性のものとみられるブーツやショルダーバッグなどが14日、山梨市の林道脇の山林で見つかった。

ブーツとバッグが見つかったのは青梅市から約50キロ西方の柳沢峠付近。国道411号から西に入った林道脇の山林で、周囲に民家はなく、所々に雪が残っていた。

捜査1課によると、容疑者の供述に基づき付近を捜索したところ、14日正午ごろ、茶色のブーツとショルダーバッグ、キャラクターがついた手提げバッグの3点が見つかった。女性が所有していたものと特徴が似ているという。

車内からは尿反応が出ており、警視庁は女性のものか鑑定して調べる。

容疑者(26)が、複数の小袋に分けられた覚醒(かくせい)剤を下着の中に隠し持っていた上、車内からは注射器が見つかっていたことが15日、分かった。
容疑者は逮捕後の身体検査で所持が分かり12日、覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕されている。「女性に注射を打った」と供述しており、警視庁捜査1課と小松川署は事件の経緯を調べるとともに覚醒剤の入手先を追及する。

これまでの調べによると、車内から少量の血が付いたティッシュペーパーが見つかった。

14日に山梨市の山林で発見された女性のものとみられるブーツの底には泥などが付着していなかったことが分かった。車では行けない雪の積もる山林内で発見されており、警視庁は監禁容疑などで逮捕された容疑者がブーツなどを車から運び出し、山林内に投げ捨てたとみている。

容疑者が使用していた携帯電話は他人名義だったことも調べで分かった。
6日午後に女性から「助けて」と家族に電話があった後、捜査1課は女性の携帯電話のアクセス履歴を確認。2人が会うきっかけとなった「出会い系サイト」を突き止め、容疑者が使用していた携帯電話の番号を割り出したとの事。

しかし、その携帯電話の名義は他人名義だった。携帯の微弱電波の位置情報から、1台の車が捜査線上に浮上した。
11日午前、その車が青梅市内の駐車場に停車していることが分かり、捜査員が急行。車内で容疑者はワンボックスカーのスライドドアを開けた状態で足を投げ出し寝ていたたしい。

車も自分名義ではなく親族名義だった。

出会い系が発端になった事件はこれまでも沢山あります。
中には被害者が死亡するような事件もありました。
出会い系で相手と会うのは命がけって事は忘れないで欲しいな。

続報を待ちましょう。

08/04/16追記
容疑者が警視庁捜査1課の調べに対し、「(女性がいなくなるまで)ずっと1対1だった」と供述していることが16日、分かった。

容疑者の供述によると、合流後、車は高速道路を多摩方面に走行。圏央道あきる野インターチェンジ(あきる野市)で一般道に降り、近くのガソリンスタンドでいったん給油した。

その後、国道411号沿いの脇道に入った奥多摩町付近の空き地に6日未明、車を止め、そのまま2人で車内に泊まった。その後山梨方面に車を走らせ、女性のブーツなどが発見された山梨市の林道近くに再び車を止めた。

そこで女性が暴れ出し、車から飛び出したという。その日のうちに東京方面に戻ったとみられる。この間、「(女性と)一緒にカレーショップでカレーを食べた」などと話しているという。

また、「自分でも覚せい剤を打ったし、女性にも打った」などと供述していることも判明、車内から注射器が見つかった。

|

« 埼玉坂戸通り魔事件 | トップページ | 福岡早良通り魔事件 »

コメント

>被害者は大麻を自室に所持、
>容疑者の車内からは、多数のクレカと誓約書、
>誓約書の中には、家出人届けの出ている中学
>生の名前もあり、警察では塩野容疑者が行方を知っていると見て追求している。


凄い事件に発展しそうですね・・・。

投稿: 匿名 | 2008/04/19 01:15

なになに。凄い事件に発展しそう?・・事件の場所は、辻斬り小説舞台、「大菩薩峠」あたりか。な?
青梅から多摩川を遡ると小河内ダム。さらに上流は道が分かれて。奥多摩湖を渡れば、大月か数馬経由で檜原村。まっすぐ丹波川渓谷を辿ると塩山へ。上萩原は宿泊施設も山道もたくさんの場所。というものの、こんな場所をなぜ知っていたんだろう。

投稿: ナガイ | 2008/04/19 10:07

でも、報道記事でいう靴バッグが見つかった場所の三富川浦ってのは411号ではなくて雁坂(トンネル)峠越えで秩父の大滝村へ向かう道沿いだと思うんだけど。なんか事件の関与者さん、車と道が好きだね。

投稿: ナガイ | 2008/04/19 10:28

柳沢峠。この峠近くからほつれた糸が伸びたように小道(斉木林道)。その奥。糸がもつれたように、道がうじゃうじゃの場所。森泉郷とか深静峡とか。航空写真でみても、家屋らしいものはなかなか見当たらないけど、廃屋があったらしい。なんなのだろう。この場所は。道もひどそう。
http://ikebukuro.cool.ne.jp/gakuhai/azutech03.htm

投稿: ナガイ | 2008/04/22 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 埼玉坂戸通り魔事件 | トップページ | 福岡早良通り魔事件 »