« 動物虐待復讐説 | トップページ | 尼崎下沢公園殺害事件その3 »

2008/04/07

タリウム事件の目次

タリウム事件の目次です。優秀な女子高生とブログ、そして毒物、奇妙な事件でした。

1 第一報と冤罪の可能性について
2 続報と事件の推理
3 真犯人はいるのか?について
4 この事件は「実験」ではないか?
5 服毒事件とブログの謎
6 服毒事件とブログの続報について
7 ブログの信憑性と薬遊び、裁判員制度について
8 2重人格について
9 この事件の報道について
10 私なりの彼女のブログの分析
11 PCに保存された日記について
12 PCの日記の続報
13 雑感と騙したのか?信頼されていたのか?
14 ブログの同日の記述について
15 ブログの目的と事件の計画性について
16 絶望の世界の影響と事件の計画性とブログについて
17 冤罪の可能性について
18 事件の原因について
19 鑑定留置の報道について
20 静岡県警のタリウム入手についての発表について
21 非行事実を認める報道について
22 少年審判の決定の報道について
23 事件のまとめ

|

« 動物虐待復讐説 | トップページ | 尼崎下沢公園殺害事件その3 »

コメント

彼女は一種のコミュニケーション障害だった(今も?)のだろうと
想像します。「セックス依存症」のような、言葉や心を
信用できない、目に見えるものしか信じられなかったのでは
ないでしょうか?
実験=コミュニケーション?

自称が「僕」なのはネット上で自分を偽ることと、自分が
女性であることのコンプレックスがあったのかなと
思っています。
母親を対象に選んだのも、自分と同じ性で、自分を産んで
しまった存在なのが理由かもしれません。
身近で観察の対象にしやすかったのはあるでしょうね。

以上思い付きです。

投稿: siro | 2008/07/29 16:24

みなさん、おはようございます。
田中さんへ

コメントありがとうございます。
やはり、そういった問題があったんですね。
成績が優秀と言う事で可能性はあるかな?と思っていました。

ですが、この情報は外に出ると色々と弊害のある情報だと思いますので、今回は公表を控えさせていただきます。

投稿: ASKA | 2014/01/28 07:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 動物虐待復讐説 | トップページ | 尼崎下沢公園殺害事件その3 »