« 尼崎下沢公園殺害事件その3 | トップページ | 横浜工場爆発事故 »

2008/04/07

お台場女性バラバラ事件

4月3日午後8時ごろ、東京都港区台場1のマンションの一室で、この部屋に住む男が人間の腰の部分とみられる肉片を抱えているのを、同居しているフィリピン国籍の20歳女性が発見、警視庁東京湾岸署に通報する事件が起きている。署員が現場に駆けつけた時には男は姿を消していた。

部屋には4人が居住しており、20代のフィリピン人女性の行方が分からなくなっており、この女性の遺体の一部である可能性が高いとみられる。
警視庁捜査1課と同署は死体損壊事件として捜査を始め、男が事情を知っているとみて行方を追っている。

調べでは、男は40代の日本人とみられ、行方不明になっている女性の知人という。
4畳半の洋間に30センチ四方の肉片と上腕部の骨が入った紙袋が置かれていた。遺体は鋭利な刃物で切断された跡があり、台所の布団には少量の血痕があった。凶器は見つかっていない。

部屋にはフィリピン人女性3人と男の計4人が同居。女性たちは港区六本木の同じ飲食店に勤務していた。

捜査1課などによると、行方不明になっている女性が3日夜になっても店に顔を出さなかったため、不審に思った女性がマンションに戻り、肉片を見つけた。男に、不明女性の居場所を尋ねたところ、取り乱した様子で「分からない」と答えたという。部屋は血のにおいが充満していたようだ。

通報した女性らは3日午前8時ごろ、マンションを出たが、その際、不明の女性はまだ寝ていたらしい。

現場のマンションは、UR都市機構が管理する高層棟(33階建て)で、新交通システム「ゆりかもめ」のお台場海浜公園駅から北東約100メートルの場所。近くにはフジテレビや大型商業施設「パレットタウン」がある。肉片が見つかった部屋は26階。

警視庁捜査1課は7日、この部屋に住む職業不詳の48歳男性容疑者を死体損壊容疑で逮捕し、東京湾岸署に捜査本部を設置した。

容疑者は、交際していたフィリピン人女性(当時27歳)の遺体を1999年春ごろ切断したとして2000年1月に埼玉県警に死体損壊・遺棄容疑で逮捕され、懲役3年6月の実刑判決を受け、服役している。

調べでは、容疑者は3日夜、この部屋で女性の遺体を刃物などで切断、解体した疑い。「黙秘します」と供述している。捜査本部は、女性を殺害した疑いでも追及する。

容疑者は6日夜、埼玉県川口市内の路上で手首を切り自殺を図り、自ら119番通報した。その際、持っていたメモに基づき、東京都港区浜松町2のビル2階のコインロッカーを捜索したところ、7日未明、スーツケースに入った胸などの肉片十数個が見つかった。

部屋の肉片はDNA鑑定で女性と同一と判明、ロッカーの肉片も女性とみて調べる。捜査本部は頭部など見つかっていない遺体の捜索を続ける。容疑者と女性は、女性と同じ店に勤めるフィリピン人女性2人と同居していた。

さて、意外な展開になってますね。
逮捕された容疑者は以前にも遺体損壊事件を起こしている。しかも今回と同様にフィリピン女性・・・・
それから、分からないのが遺体の遺棄場所なんですよね。
現在発見されているのが
1)30センチ四方の肉片と上腕部の骨がお台場のマンションの部屋から発見
2)胸などの肉片十数個が浜松町のコインロッカーから発見

これで全部なのかな?頭部が発見されたとは出てないが・・・
それに個数が多すぎる。運搬する為に解体したのなら、7個ぐらいの解体で十分でしょ?
今回の解体の目的は運搬する為では無いんじゃないかな?

家賃は4人で折半していたが、同容疑者が払わなかったため、トラブルになり、被害者が怒っていたという。 家賃のトラブルがあるようだね。

しかし前回の事件の事も考えると快楽殺人と言う可能性も出てくるかもしれないね。

参考リンク
お台場女性バラバラ事件その2

|

« 尼崎下沢公園殺害事件その3 | トップページ | 横浜工場爆発事故 »

コメント

その日(事件当日)会社がお台場なので。
俺が会社いって仕事中に事件おきたんだろなって
気持ち悪かった。
窓からあのマンションがいつも見えるし。
今はだれか住んでのかな。

お台場の海にはじゃこや上海カニとかいるから
頭部は投げればもう、海底にからまって浮いてこないとおもう。

投稿: まな | 2008/11/18 02:47

この犯人井の頭公園バラバラ事件[未解決]もやっていますよね!

投稿: 野次馬 | 2011/09/02 17:49

野崎浩被告(受刑者?)の動機は「独占したかった」という意志がかなり働いているようです。
独占する対象としてターゲットにされたのが、いずれも若くてキレイなフィリピン人ホステスだった。

井の頭のバラバラ事件とはたぶん関係がないと思いますが、万一関係があるとしたら
野崎被告が遺体の処理だけを任されたか、野崎被告のターゲットが被害者ではなく
被害者の女性関係だった場合など・・・でも違うでしょうね、やはり別の事件ですよ。

投稿: アヒル | 2011/09/03 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尼崎下沢公園殺害事件その3 | トップページ | 横浜工場爆発事故 »