« 尼崎下沢公園殺害事件その2 | トップページ | 越谷市猫惨殺事件 »

2008/04/03

川崎通り魔事件その7

3月17日第2回公判が、横浜地裁川崎支部で行われた。
被害女性が証人として出廷し、尋問で「(背中を刺されたとき)振り返ると若い男が手を伸ばせば届くくらいのところにいた」、「(犯人以外、現場には)ほかに誰もいなかった」と当時の状況を説明した。
男について問われると「目がぎょろっとしていた。不気味で殺されると思った」と話した。

被害女性は、男に刺されてから逃げる間に何度か男の姿を確認し、一メートルほどの距離でも顔を見たと証言した
事件後「似た人はいますか」と警察が示した18人の男性の写真から、被告の写真を選んだと述べた。
「現場にほかに誰かいたか」との問いには「誰でもいいから助けてほしかったので、わりと冷静に周りを見ていたが、そんな人はいなかった」と話した。

さて、第2回公判の報道を見逃してましたが・・・
被告にとって、かなり不利な証言が出てきたね。
なにしろ、現場にいたもう1人の人間である、被害者自身が1mほどの距離で被告の顔を確認しており、その上、その場には被告人しか居なかったと言う事だからね。

弁護側が無実を主張するとしたら、真犯人を捕まえるしかないかな?
あるいは現場に3人目の人物が居たと言う目撃証言とか、被害者のDNAが付着した凶器が発見されて、別人の指紋が検出されるとかかな・・・

とは言え、警察も現場付近を捜査していて、そんな物は発見されていないからね。
やはり、厳しいだろうね。

参考リンク
川崎通り魔事件その6
川崎通り魔事件その8

|

« 尼崎下沢公園殺害事件その2 | トップページ | 越谷市猫惨殺事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尼崎下沢公園殺害事件その2 | トップページ | 越谷市猫惨殺事件 »