« 光市母子殺害事件死刑判決 | トップページ | 青森母子放火殺人事件その7 »

2008/04/24

那須塩原女子大生殺害事件その3

考えれば考えるほど、次から次へと謎が浮かんできます。
今回もこの事件の謎について考えてみましょう。

7)犯人はなぜ、カードキーを盗んだのか?
可能性としては3つかな。
まず大きく二つに分けられるよね。犯人が意図した場合と意図しない場合だ。
そして意図した場合がさらに二つに分かれる。
偽装と必要だったからの二つだね。

7-1)意図しない場合
 犯人は「現金」を盗んだ時に意図せずカードキーも盗んでしまった。つまりサイフやカード入れに入っていたカードキーを一緒に盗んでしまったんだね。だから偶然ともいえる。

7-2)意図した場合
7-2-1)偽装
 多分、カードキー自体は普通の鍵の様にホームセンターなどで簡単に複製できる物ではないだろう?
だとしたら、合鍵を持っている人間は限られてくる。部屋に被害者の鍵が残されていれば、合鍵を持つ人間が疑われてしまう。そこで、被害者の鍵を奪う事でこの疑いを逸らそうとしたのではないか?

7-2-2)必要だったから。
 被害者を追いかけてマンションを出た時、咄嗟に再度部屋に戻る必要があると考えて、カードキーを持ち出した場合。

8)なぜ現金を盗んだのか?
 普通に考えれば二つしかないだろうな。本当に現金が欲しかった場合と強盗に偽装しようとした場合だろうね。

9)警察はどうして犯人を逮捕できないのか?
これも大きく二つに分けられるだろうな。
警察が犯人に接触している場合とまだ接触していない場合だね。
そして接触している場合は犯人として疑われていない場合と逮捕できるだけの証拠が無い場合だろうな。

10)警察は犯人を特定する情報をもっていないのか?
この事件は物証が少ないとと報道されているようだけど、私は意外に証拠はあると考えています。
凶器の包丁はもちろんだけど、マンションの部屋には相当争った跡があったわけだから、「毛髪」の一本ぐらい落ちていただろうし、あるいは犯人の皮膚片なども残っている可能性があるよね。また被害者の物では無い血痕が残っていたとの報道もある。

と言う事で私は警察は犯人を特定するだけの証拠を持っていると考えています。

それならどうして、犯人を逮捕できないのか?
疑わしい人間ならDNA鑑定で判断できるわけだから、関係者の中に疑わしい人物がいないか?あるいはまだ、警察は犯人に接触していないか?のどちらかと考えています。

特に今回は「顔見知り」が疑われているので、交友関係のあった人物は全て調べられていると思うんだけどな・・・
中でも「前日に男性の交際について相談している」って事だからね。真っ先に警察は疑っただろうな。

しかし・・・周囲の人間が被害者の交際相手の事を知っていたとは限らないよね。
ここが意外に奥が深い問題です。

11)指紋は残っていなかったのか?
この点も犯行の流れを考える時に重要な点です。
それは、計画的な犯行か?突発的な犯行か?がここで分かれると思うからです。
突発的な犯行であれば、最初から殺害するつもりは無かったわけで、手袋などで指紋を隠す事はしていないでしょう。

つまり部屋に指紋は残っていたと思います。

凶器については、凶器の発見現場の近くに公衆トイレがあるので、手の傷や被害者の血を洗うついでに凶器の包丁も洗って、指紋を消している可能性があります。

それが問題なんですが、凶器に指紋が残っていれば、それが犯人の指紋と断定して良いと思います。ところが、凶器に指紋が無い場合は部屋にある被害者以外の指紋の中に犯人の指紋があっても、それを犯人の物と断定する事ができません。

部屋に来た事を証明する材料ぐらいにしかならないかな。

計画的な犯行なら最初から包丁を持ち込んでいると考えると、手袋で指紋を隠していた可能性が高いでしょうね。

なので、犯行の計画性を判断する材料が今のところ無いんだよね。

12)被害者はなぜ2つの携帯電話を所有していたのか?
ここも最初に二つの場合を考えなくてはならないね。
2つもホントに被害者の携帯電話だったのか?と言う事です。
例えば恋人から「これ使えよ」なんて言われて使っていた物と言う可能性は無いのか?
これについては、「二つ所有していた」と言う報道しかないし、携帯の名義人は当然、警察が調べているだろうね。

と言う事から、被害者は二つの携帯電話を所有していたと考えています。
で最初の疑問に戻って、どうして二つも携帯電話を所有していたのか?と言う事になります。

被害者は事件の前日も夜遅くまで、パチンコやでアルバイトをしてますよね。しかも新学期が始まっていると言うのに・・・
携帯電話を所有するには当然、費用が掛かりますよね。携帯電話自体は同じ機能だと思うんですよ。それなのに、お金を掛けて携帯電話を2台所有するには、それなりの理由があったと思います。

事件前日もパチンコ屋で夜遅くまでアルバイトをしています。しかも、新学期が始まって学校があると言うのに・・・金曜の夜だから土曜は授業が無かった?
かりにそうだとしても、週1日だけのアルバイトではパチンコ屋側も扱い難いでしょう?
週3日ぐらいは来て欲しいんじゃないかな?

と考えると、これは私の憶測ですが、授業がある平日にも夜遅くまでアルバイトをしても携帯電話を2台所有したかったんだろうな。

それは被害者にとってかなり大事な事だったのではないか?と考えています。

普通、携帯を2台持つなんてのは、「仕事」と「プライベート」を使い分けたい場合ですよね。
だけど被害者はまだ学生だから、そんな事はないだろうと思います。

するとやはり、「出会い系」と「プライベート」の使い分けと言う事なのかな?
しかし、携帯電話についても警察はその通話記録やメール履歴を調べて、交友関係を調べたはずだと思うんだよね。
それでも、相手の身元を隠す事ができる通信手段としては「掲示板」ぐらいかな?
しかし、「掲示板」で連絡を取る相手ってどんな人?

こんな感じで次から次へと謎が浮かんできます。
とりあえず、仮説としては、顔見知りの場合で突発的は犯行の場合と計画的な犯行の場合。そして面識の無い人間の強盗説の3つぐらいは考える必要がありそうですね。

参考リンク
那須塩原女子大生殺害事件その2
那須塩原女子大生殺害事件その4

|

« 光市母子殺害事件死刑判決 | トップページ | 青森母子放火殺人事件その7 »

コメント

<女性刺殺事件>顔見知りの犯行か?自室で襲われる(毎日新聞)
 被害者の乗用車はマンション前の所定の駐車場ではなく、約20メートル東の町営駐車場内に止められていた。捜査本部は犯人の車が被害者の駐車場に止まっていた可能性もあると見ている。

→被害者が逃げた際の血痕が駐車した車のスペースを避けてついていた(記憶が正しければ)ことから、被害者の駐車場には事件発生当時は誰かの車があったことは事実で、犯人が被害者を殺害した後に車で逃げた可能性はあると思う。

<手にけがの男を聴取>女子大生刺殺 上階の中国人新聞配達員(産経新聞)
 調べによると、男性は事件当日の十四日、勤め先の西那須野町の新聞販売店を欠勤していることが分かった。男性は被害者と同じマンションの上の階に住んでおり、被害者と面識があった。またカードキーの使い方を熟知しているほか、金にも困っていたという。

→犯人が被害者と面識があり、追いかけてまで殺さなくてはいけないことを考えれば、この男も可能性がある。殺害した後に使い慣れているカードキーで部屋に再び入り、部屋を物色し退室とか。深夜でも上の階の住人から「水を漏らした」など緊急の用件を言われたら、ドアを開けないだろうか。

投稿: しい | 2008/04/26 17:08

重要参考人の男性と被害者には、どのようなトラブルがあったのでしょうか?

手の怪我と、靴のサイズが一致してるだけでは、警察も重要参考人とはしないです。

それと、被害者は全裸にブラウスの格好だった訳だから、風呂上がりだった可能性は有ると思います。部屋の間取りから考えると、浴室の前に被害者が逃げ出した部屋があります。そうすると、被害者が風呂から上がった時、既に犯人はリビングに居たのではないか?
自分には、この考えがあります。

投稿: ひろ | 2008/04/26 18:58

被害者の部屋で争った形跡が有るとの事なので、隣り部屋の人は何か聞いてないのですかね?

投稿: ひろ | 2008/04/26 19:16

大学生であれば携帯を2台持っている人は結構居ると思いますよ。恋人が居る人は特に。1台はいわゆるメイン携帯で、高機能なカメラやメールデコレーションが使えるもの。2台目は主に恋人や友人との長電話に使用するための携帯で、ウィルコムが多いです。通話料金を考慮すると2台持った方が安くつくんですね。しかし高機能なメイン携帯も今更手放せないという感じだと思います。

投稿: ねるおふ | 2008/04/26 22:36

しいさん、ひろさん、ねるおふさん、こんばんは
例の手に怪我をした同じマンションの人物は、報道を見る限り、かなり疑われたようですね。
しかし、逮捕されたと言う報道が無いので、逆にこの情報によって初動捜査が片寄ってしまったのでは?と言う疑問もあります。

被害者とのトラブルと言う報道は見つかりませんでしたね。
古い事件でニュース情報も少ないのが痛いですね。

>隣り部屋の人は何か聞いてないのですかね?
隣人が気付いていれば、何か聞いている可能性はありますね。
今の所、この種の報道は見つかりませんでした。

ねるおふさんの携帯のコメント、参考になりました。
2001年当時だと、今あるような無料通話のサービスなどは無かったと思いますので、その種の理由では無いと思うのですが・・・

しかし、経済的な面で言うと「PHS」と言う可能性はありますね。当時はPHSはまだ利用できたし、コスト的にも携帯電話より安かったと思います。
問題はエリアですね。被害者の住所付近は問題無いと思うのですが、大学のある大田原市の郊外ではPHSのエリアから外れる場所もあったと思います。

普段は通話料の安いPHSを使い、PHSのエリア外では携帯電話を使ったと言うのもありそうですね。

携帯の件やトラブルの件にしても、事件当時の細かい報道をもう一度、発掘した方が良さそうですね。

投稿: ASKA | 2008/04/27 00:07

そうか、無料ではないが、同じキャリア同士の方が通話料が安かったと言う可能性はありますね。
メールの絵文字もキャリア間で文字化けしてたってのもあったかな?
恋人との専用電話と言う可能性も有りですね。

投稿: ASKA | 2008/04/27 00:18

重要参考人の男は、かなり疑われたのですか。

犯人のターゲットは、意外とルームシェアをしてた友人だったりして。
可能性は、有るような無いような…
事件の情報が少なすぎます。

ところで、この事件を調べてると、ある未解決事件を知りました。
96年に東京・柴又で、女子大生が自宅で何者かに放殺された事件ですが、これも謎の多い事件です。
ASKAさん、この事件ご存知ですか?

投稿: ひろ | 2008/04/29 09:36

柴又の事件ですね、以前にニュースで見た覚えがあります。
留学直前に殺害されて、その時の手足の縛り方が特殊な結び方だったんですよね。
この事件も顔見知りの犯行と見られているですが、逮捕されませんね。

投稿: ASKA | 2008/04/29 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 光市母子殺害事件死刑判決 | トップページ | 青森母子放火殺人事件その7 »