« お台場女性バラバラ事件 | トップページ | お台場女性バラバラ事件その2 »

2008/04/07

横浜工場爆発事故

4月7日午前8時55分ごろ、横浜市金沢区福浦にある化学メーカー「関東高圧化学」の横浜工場で爆発事故が起きている。

建物の屋根や壁、鉄骨、窓ガラスなどは吹き飛び、一部は工場外約100メートル先まで達し、路面が陥没した。同工場は塩素系ガスを扱っているが、通行人にけがはなかった。

男性従業員2人が病院に運ばれたが、同市保土ケ谷区鎌谷町、34歳男性が死亡、同市磯子区杉田、31歳男性が軽傷を負った。神奈川県警金沢署が詳しい原因を調べている。
調べによると、神奈川県警金沢署などによると、爆発したのは工場内8棟のうちの1棟で、2階建て延べ約400平方メートルの実験棟。実験棟には4人おり、死傷した2人は同日午前8時10分ごろから、実験棟1階の中央試験室で「トリクロロシラン」という化学薬品を高圧釜で圧縮し合成ゴムの原料を生成する作業をしていたという。

大きな爆発だったようですが、死者が1人だけと言うのは奇跡的に思えますね。

|

« お台場女性バラバラ事件 | トップページ | お台場女性バラバラ事件その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お台場女性バラバラ事件 | トップページ | お台場女性バラバラ事件その2 »