« 神戸市北区包丁男 | トップページ | 光市母子殺害事件死刑判決 »

2008/04/22

鹿児島タクシー運転手殺害事件

4月22日午前2時50分ごろ、鹿児島県姶良(あいら)町脇元の国道10号で、タクシーが土手に乗り上げて止まっているのを、通行中のドライバーが見つけた。
県警加治木署員が駆けつけたところ、車内で鹿児島市坂之上6、58歳運転手が血を流して死亡していた。

同署が付近を捜索していたところ、同3時40分ごろ、現場から約1キロ離れた当時無人の重富交番の電話から「私がやりました」と署に通報があり、署員が交番にいた陸上自衛隊練馬駐屯地(東京都練馬区)所属の1等陸士の19歳少年を殺人容疑で緊急逮捕した。

発表によると、少年は同2時半ごろ、タクシーを停車させ、車内で運転手の首を刃物で切り、殺害した疑い。捜査関係者によると、少年はJR鹿児島中央駅で被害者のタクシーに乗車。「単に人を殺したかった」と供述しているらしい。

陸上幕僚監部広報室などによると、少年は2007年3月に入隊。練馬駐屯地の第1普通科連隊に配属となり、同駐屯地内の官舎で生活していた。今年3月19~21日の予定で許可を得て外出後、部隊に戻らず、連隊が捜索していた。

師団長によると、1士は北海道の高校を卒業後、昨年3月に入隊。3カ月間の教育を受けた後、第1普通科連隊に配属された。「特に目立たない平凡な隊員で、失踪(しっそう)直前に変わった様子はなかった」という。先月23日付で、本人の希望通り、同月発足したばかりの海外派遣の先遣隊となる中央即応連隊に異動することになっていたとの事。

一士は県警加治木署の調べに対し、「人を殺して死刑になりたかった」と供述していることが22日、分かった。また、運転手は首など20カ所以上を切り付けられていたことも判明。一士は「なかなか死ななかったので複数回、切った」と話しているという。

08/04/23追記
加治木署の調べに「3月下旬に練馬駐屯地から外出し、国内各地を転々としていた。自衛隊を辞めたくて逃げた」と供述しているようだ。

陸自によると、外出当初は預金や給与などを合わせ約20万円所持していたとみられるが、逮捕時の所持金はほぼゼロだった。

加治木署は同日、殺人容疑で少年を送検する。

08/04/24追記
容疑者が使ったのは、特殊な形状のサバイバルナイフだったことが分かった。
調べでは、ナイフは片方の刃が反り上がり、一部がノコギリ状になっていた。鹿児島県では販売先が限られているため、1士を追及したところ、あらかじめ県外で購入してきたことを認めた。調べに対し1士は「仕事で悩みを抱え、自衛隊を辞めたくて脱走した」と供述している。

08/04/25追記
1等陸士が、調べに「鹿児島で偶然出会った女性と死や死刑について話すうちに、人を殺してみたいと思うようになった」と供述していることが分かった。一方で、ナイフは駐屯地を脱走する直前に都内で購入しており、鹿児島地検は「不可解な部分が多い」として1士の精神鑑定を検討しているようだ。

調べによると、1士は「入隊したのは体を鍛えたり、金をためるため。いずれ辞めるつもりだったが、今春の異動を機に決意した」と3月19日夕に脱走した。
3月下旬に鹿児島に入るまで「自衛隊を辞めたがっていた」という同じ隊の同僚と各地を転々としていたが、同僚は「一緒にいるのが怖くなった」と到着の数日後に別れたようだ。

同僚は、1士から「居場所が特定される」と携帯電話を壊されるなどしたらしい。
1士の所持品から失そう方法などを書いたマニュアル本が見つかっており、この本を参考にしたようだ。

同僚と別れた後の4月上旬、1士はJR鹿児島中央駅である女性と出会い「その女性と死について話すうちに、人を殺してみたくなった」との事。
1士は22日未明に殺人を決意し、被害者のタクシー運転手の姿が偶然目に入ったため、事件を起こしたと供述しているようです。

容疑者と行動をともにし、その後、行方不明になっていた同じ部隊の同僚の1等陸士が25日午後3時過ぎ、実家に近い長野県内のJR駅付近で、行方を捜していた陸自隊員によって発見され、身柄を確保された。

08/05/07追加
動機について「ある女性と出会い、死や死刑に興味を持った」と供述していたが、この供述は1士による作り話だったことが分かった。「本当の理由を言いたくないので、とっさについたウソ」と話している。
また、1士は調べに対し「タクシーなら密室でやりやすいと思った」と供述していることも判明。自分に許せない面があり、死刑を科したいという死刑願望から殺害に及んだ趣旨の話もしているようだ。

08/05/26追記
少年(19)の第1回少年審判が26日、札幌少年鑑別所で開かれた。
弁護士によると、少年は非行事実を認め、「人を殺すと、どんな気持ちになるのか知りたかった」と述べたという。
弁護士は「責任能力の判断には専門家の意見が必要」として精神鑑定を求める意見書を提出しており、札幌家裁が近く必要性を判断する見通しだ。

逮捕当時は曖昧な話をしてましたが、こういう事でしたか・・・無差別殺人って連鎖するのかな?

08/10/18追記
鹿児島地検は17日、札幌市出身の陸上自衛隊一等陸士の少年(19)を殺人などの罪で起訴した。今後、成人と同じ刑事裁判を受ける。
少年は県警の調べに対し、「人を殺すことに興味があった」などと供述していた。鹿児島家裁から移送を受けた札幌家裁は今月8日、刑事責任能力に問題はないと判断し、検察官送致(逆送)した。 

09/03/13追記
殺人と銃刀法違反の罪に問われた元陸上自衛隊1等陸士の少年(19)の判決が12日、鹿児島地裁であった。

裁判長は「未成年であり、適正な教育、指導で更生の可能性はある」と懲役5年以上10年以下の不定期刑(求刑・無期懲役)を言い渡した。

少年が取り調べ段階で「人を殺すとどういう気持ちになるのか、好奇心があった」「死刑になりたかった」などと供述したことから、公判では動機の解明が焦点となった。
裁判長は「各地を転々とした末、犯行時は食事や睡眠が十分でなく自暴自棄の心境にあった。殺人を快楽とする異常性は認められず、興味本位で殺害したという検察側の主張は採用できない」とした。

|

« 神戸市北区包丁男 | トップページ | 光市母子殺害事件死刑判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神戸市北区包丁男 | トップページ | 光市母子殺害事件死刑判決 »