« 那須塩原女子大生殺害事件 | トップページ | 神戸市北区包丁男 »

2008/04/21

那須塩原女子大生殺害事件その2

今回はこの事件で私の感じる疑問について考えてみたい。
色々疑問の多い事件なんだけどね。

1)なぜ被害者は裸にブラウスといった服装だったのか?

2)現金とカードキーが奪われているが、犯人はいつそれらを奪ったのか?

3)被害者はなぜ、部屋から逃げ出せたのか?

4)被害者はマンションを一周しているが、犯人はなぜもっと早く被害者に追いつけてなかったのか?

5)犯人はなぜ凶器の包丁を現場近くに無造作に遺棄したのか?

6)被害者はなぜ、殺害されたのか?

私はこれら6つの疑問が浮かんでいます。
とりあえず、順番に考えてみましょう。
1)被害者の服装について
日常生活で裸になる事と言うと・・・入浴、着替え、性行為と言う所かな。

自主的な場合 入浴 この場合は犯人は入浴中あるいはその前後に部屋に居たか、あるいは部屋に侵入した事になる。だとしたら、窃盗目的の場合、わざわざ人の居る部屋を狙うとは思えない。だから、この場合は最初から強盗か殺害を目的にしていた可能性がある。あるいは合鍵を持つ人間が何らかの理由で部屋に入ったと言う事かな。
着替え 普通着替えと言うと上着から下着へと着替えるはずなので、下着をつけずに上着だけと言うのが疑問だね。
性行為 さて、この場合には、部屋に被害者と犯人、そして性行為の相手がいたはずでしょ?性行為の相手は何処へいってしまったのか?少なくとも事件の事情は知っているだろうな。もしかすると、「犯人」=「性行為の相手」と言う事も疑われるね。
強要された場合 逃亡させない為。
性的暴行の準備、ブラウスだけ残したのは犯人の趣味?

2)犯人はいつ現金とカードキーを盗んだのか?
可能性は3つしかないと思う。

殺害する前 実はこれが意外に問題。殺害する前に現金を奪ったとしたら、その時、被害者は何をしていたのか?目前で現金を盗まれるのを黙って見ていたのかな?
被害者が部屋から逃げ出した後 被害者が逃げ出した後の部屋を物色して、現金とカードキーを盗んだと言うのもありだと思うが・・・
しかし、女性がブラウス1枚で外に逃げ出しているし、血も流している。多分、部屋から逃げた直後に絶叫していると思うんだよね。それを無視して物色とは考えにくいと思うのだが・・・
殺害した後 この事件では殺害する直前に被害者が助けを求めて10回以上絶叫している。それは犯人も聞いているはずで、その状況の中、部屋に戻って物色するにはリスクが高すぎるだろうな。正常な判断が出来ない状態だったか?部屋に犯人を特定するような証拠が残っていたので、それを取りに部屋に戻ったと言う事かな。

3)被害者はなぜ、部屋から逃げ出せたのか?
意外に難しい問題なんですよね。犯人が目前で逃げ出そうとしている被害者をすんなり逃がすとは思えないでしょ?

逆に言うと、犯人は被害者を拘束したり、見張っていたわけではないと言う事かな?
この状況をどう考えるかで事件の性格が変わってくると思う。

4)マンションを1周する前に被害者に犯人が追いつけなかった理由は?
これも難しい問題です。被害者は裸足で血を流しながら逃げているとは言え、殺されると思って走っているので全速力で走っていると思います。

しかし、犯人にしても、被害者に逃げられれば逮捕されるかもしれないし、何しろ絶叫している被害者をそのまま放置する事はできないでしょうね。
だから、犯人も全速力で走ったはずだと思います。

地図上での計測ではマンションの周囲は1周およそ100mです。可能性としては二つかな?
・犯人の足が遅かった。
酒に酔っていたとか、年齢的な衰えとか、足に障害があったなどが考えれるかな。

・被害者の逃亡に気付くのが遅れた。
3)の逃亡できた理由と合わせて考えると、こちらの方がスマートに思える。

5)犯人が凶器を現場近くに遺棄した理由は?
被害者が10回以上絶叫している事で周辺住民が外を覗いたり、警察に通報されたりしたら、凶器を持っている事が致命的な証拠になると考えれば、できるだけ早く凶器は手放したかったと言うのもあったろうな。

だけど、日本人なら子供の頃から刑事ドラマで「指紋」が犯人逮捕の決め手になる事を刷り込まれている。
だから、凶器に犯人の指紋が付いていたら、安易に現場近くに遺棄する事はできないだろうな。
・・・しかし、外国人ならこのあたりは気にしないかもしれないね。

いずれにしても、「犯人は凶器から自分の身元は分からない」と考えていたんだろうな。

犯人が正常な判断力があったと仮定して考えると、「犯人は凶器から自分の身元が特定される事は無い」と考えていたと言う事だろうね。

6)被害者はなぜ、殺害されたのか?
この項目はちと補足説明が必要ですね。
殺害の状況で殺害する直前に10回以上被害者が絶叫しています。
現場は当時の西那須野町の中心地に近い場所ですが、繁華街ではなく、静かな住宅地です。深夜静まり返った住宅地に女性の絶叫はかなり響いただろうね。

それは犯人も分かっているはずです。だから、犯人はこの時、決断を迫られたと考えています。
被害者を諦めて、犯人が逃亡すれば、罪も軽く、周辺住民に取り押さえられたり、顔を見られたりせずに逃げられる可能性も高いです。

それでも、犯人はそう言ったリスクを冒しても被害者を追いかけて殺害しています。
死因は心臓を刺した事による失血死。明確な殺意を持っていると見て良いでしょうね。

その意味で犯人は被害者を殺害しなければならない理由があったか?あるいはどうしても殺害したい理由があったんだろうな。

そのあたりを考えると
・非常に強い恨みや怒り
・犯人の身元を被害者が知っている為の口封じ
この二つぐらいかな。

とりあえず、全体を上手く説明できる仮説を考えてみようかな。

参考リンク
那須塩原女子大生殺害事件
那須塩原女子大生殺害事件その3

|

« 那須塩原女子大生殺害事件 | トップページ | 神戸市北区包丁男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 那須塩原女子大生殺害事件 | トップページ | 神戸市北区包丁男 »