« 茨城バラバラ事件の謎!その14 | トップページ | 東名高速タイヤ脱落事故 »

2008/04/12

高知白バイ事故

現在、メディアなどで警察の証拠捏造などの疑いが騒がれている事件が今回紹介する高知の白バイ事故です。

事故の概要は
2006年3月3日午後2時35分頃、春野町広岡中の荒倉トンネル東の国道56号で、県警交通機動隊の白バイと中学校の生徒23人らを乗せたマイクロバスが衝突した。
土佐署は被告を業務上過失障害の疑いで現行犯逮捕し、2日後に釈放。高知地検が12月、同被告を業務上過失致死罪で在宅起訴した。

現場は片側2車線のほぼ直線道路で、中央分離帯が途切れた場所。バスは国道脇のレストランの駐車場から国道に出て右折で反対車線に入ろうとしていた。
検察側によると、バスは時速5~10キロで走行。白バイに衝突し、急停車したと言う。この急ブレーキでバスの前輪のスリップ跡(右1.0メートル、左1.2メートル)が道路についたとする。
衝突時の白バイの速度は時速約60kmと断定。現場近くを走行中に事故を目撃したという別の白バイ隊員の証言に基づく。「白バイ隊員は訓練の結果、前から走ってくる車の速度も目測でほぼ正確に言い当たられる」としている。

一方、被告側の主張は「白バイと衝突した時、バスは止まっていた」と真っ向から対立する。バスは中央分離帯付近で一時停止をして車の流れがとぎれるのをまっていたとしている。衝突時の白バイの速度は時速約100キロと推定。事故直前にこの白バイの後ろで車を運転していたと言う男性の証言に基づいている。
また、「時速6~10キロで走行中のバスが急停車したとしても、乾燥した舗装路面に1.0~1.2メートルものスリップ跡がつくことはない」などとしてスリップ跡は県警が捏造したと主張している。

白バイ隊員の死因は胸部大動脈損傷(破裂)、事故後1時間で死亡。

裁判の経過としては、一審で禁固1年4ヶ月の実刑。控訴は棄却。最高裁に上告中と言う事かな?

正直言って難しい事件です。何が難しいかと言うと、事故自体は非常にシンプルな事故だと思います。
難しいと感じるのは、事故の状況が現場検証などの情報などあるのだけど、理解し難い点かな。それと、法律としてどうなのか?と言う点だと思います。
そして、弁護側が主張しているような証拠の捏造などがあったとしても、それを証明する事が難しいですね。

これまで、ASKAの事件簿で取り上げてきた事件とはかなり趣の違う事件と言う事は確かだと思います。

とは言え、私には私のやり方しかできないので、いつものように考えてみましょう。

まず、私がこの事件で感じる最大の疑問は「どうして衝突してしまったのか?」と言う事なんです。
私も車を運転しますし、原付ながらバイクに乗っていた事もあります。その経験から全長9mもあるマイクロバスに普通は衝突しないだろう?と言う事ですね。まさに、弁護側が主張するように停止しているバスならもちろん、検察側の言う道路脇から道路を横切るように動くマイクロバスでも、見通しの良い直線ですから、白バイの速度も60kmと言う事だし、なぜ衝突してしまったのかが疑問です。

いつものように場合分けして考えます。
バスが停止していた場合について、もしバスが停止している状態で時速60kmで走行する白バイが衝突する理由を考えてみます。

白バイがバスに早い時期に気付いていた場合 減速しなかった場合 故意に減速しないのであれば自殺の可能性有り
ブレーキ故障により減速できず
減速した場合 減速が間に合わなかった 。この時の可能性は
・速度の出しすぎ
・距離の目測を誤り、減速が遅れた
白バイがバスに気付かなかったか、気付くのが遅かった場合 減速しなかった場合 わき見をしていた
減速した場合 わき見をしていてバスの発見に遅れた

バスが停止してとしたら、バスの全長は9m、道幅は片側約10m(地図による)とすると、道をほぼ塞いでいた状態なので、白バイが気付いていたのなら常識的に減速しないはずが無いんだよな。ブレーキが故障していたとの情報も無いしね。

次にバスが移動していた場合。ここで問題をよりシンプルにする為に情報を絞ります。
1)白バイは時速60km(秒速16.67m/s)で走行していた。
2)バスは時速10km(秒速2.78m/s)で移動していた。
3)衝突した地点はバスが6.5m移動した場所だった。

この3つの数字から衝突時の状況を考えます。
まず、バスが動き出して、衝突するまでの時間は
6.5m÷2.78m/s=2.34秒
(本来、加速時間なども考える必要がありますが、今回は最初から最後まで速度は時速10kmとして計算します。実際にはもっと時間は掛かっていると思います)

バスが動き出した時、白バイはどこに居たのか?
2.34s×16.67m/s=39.01m 衝突地点から39mの地点をバスに向かって時速60kmで進行中だったと言う事だね。

さて、ここからが問題なんですが、白バイはこの状況から停止する事は出来なかったのか?と言う事です。

バイクの制動距離ってどのくらいなの?と言うのがポイントになります。しかし、このデータが見つかりませんでした。そこで、色々他のデータなどから推測してみます。
なので、ここで書く事が正しいと言う保証はありません。専門家の意見を聞いてみたい所です。

制動距離の物理法則は
制動距離=速度の自乗÷(2×摩擦係数×9.8) と言うのが公式のようです。
しかし、摩擦係数が分かりません。
とりあえず、検索したところ、乾いたアスファルトの摩擦係数が0.7とありました。
事故当日はの晴れだったようですので、この数字を採用します。

それではこの事故での制動距離はどうか?
制動距離を先ほどの公式から求めると
16.67×16.67÷(2×0.7×9.8)=277.89÷13.72=20.25mで停止できる事になります。
衝突までの時間的猶予はどうか?
39.01m-20.25m=18.76m手前でブレーキを掛ければ衝突を防げますが、それはどう言う事かと言うと・・・

白バイは時速60km(16.67m/s)で走行しているので、18.76mを通過する時間は
18.76÷16.67=1.13秒となります。
更に実際には危険を察知してブレーキをかけるまでの時間(空走距離)があるので、この時間を0.75秒とすると。

白バイがバスの移動に気付くまでの時間的猶予は0.38秒と言う事になります。

で白バイが0.38秒で危険を察知できるか?と言う事になりますが、この0.38秒でバスはどのぐらい移動したか?を考えます。
バスは時速10km(2.78m/s)で移動しているから×0.38で1.06m移動しています。

あくまで私の個人的な意見ですが、39m前方で道端から道路中央方向に1mも移動するマイクロバスに気付かないはずが無いと思うんですよね。
私なら進行方向をきちんと見ていれば反射的に減速すると思います。

空走距離は一般的に0.75秒と言われているようです。
問題は摩擦係数ですね。
この数字によってはブレーキが間に合わずに衝突する可能性が出てきます。
しかし・・・ある程度制動距離があれば、衝突しても胸部大動脈が破裂するほどの衝撃にはならないと思うんですよね。

参考サイトは
交通事故における車速と停止距離を考える・・・制動距離の資料です。
車の停止/制動距離計算機・・・・・・・・・・・・・・・・制動距離の資料です。
高知白バイ事故=冤罪事件進行中・・・・・・・・・高知白バイ事故の公判資料です。
高知白バイ事故 衝突シュミレーション・・・・・・・この事故の衝突シュミレーションを現場見取り図を元に行っています。少々難解です。

|

« 茨城バラバラ事件の謎!その14 | トップページ | 東名高速タイヤ脱落事故 »

コメント

物理は苦手だし。数字は頭がこんがらかるし。大事なとこなのでしょけど。
捏造問題には関係ないコメントです。ぼくは似たような事故を目撃したことがあります。よくある事例なのかな。左の駐車場から出てきた車。渋滞の車列の隙間を横断して反対車線に右折して入ろうと。もちろん、おっかなびっくり速度。そこへ、渋滞車列の右側をやってきましたバイクさん。そちらさんも速度は落としていた。ので、ごく普通に停まる。か、いっき反対車線へ飛び込んで回避か。どちらも楽勝。に見えた。ドリフトでかっこよく停まってみせてくれへんかなーとぼくは暢気に見てました。・・・ところが。車の数メートル前でひょろひょろ斜め進行したバイクさん。あらら。ライダーさんの体がふんわり浮く。空中飛行へ移行。受身ぐらいはなさるかなーと眺めていました。が、そのまま落下物体。なんというへたっぺ・・・。

問題の事故の場合。どうやったらバイクさんは事故をすれすれ回避できたのか。見聞時の交通量は1分間に60台。毎秒1台。暇暇の道ではなさそう。分離帯があるようだし。反対車線へ出て回避は無理。速度を思いっきり上げてバスの後部側すれすれを回れば。しかし、その先に何があるか。見えないし。だめだーって判断したときにエンジンとめてバイクの後方へ離れるしかなくても、それは警官はできないだろうし。難しいなあ。(単にどうやったら事故を軽くできたかだけの妄想でした。恐縮です。)

投稿: ナガイ | 2008/04/13 01:51

ASKAさん、有難うございます。

事故後の実況検分では、事故の目撃者を立ち合わせていません。
そして、事故の当事者である運転手も、車から降ろす事なく検分を行っています。
事故の当事者は、必ず立ち会わせるのです。
まして、白バイの警官が病院に搬送されており、目撃者を立ち会わせるのが普通。警官だけで、検分を行うのは違法だと言わざる得ません。
車の運転をされる以上、事故の当事者になった経験は有りますよね?その時、車の破損部分に指を差して写真を撮られませんでしたか?
この事故では、その様な写真は一枚も存在せず、法廷に証拠提出されてます。
これの証拠能力を認める事自体、あり得ない事です。

投稿: ひろ | 2008/04/13 07:20

運転手は、道交法に沿った運転行動をしており、過失はありません。
自分の考えと違う人とは、議論するつもりはありません。


投稿: ひろ | 2008/04/13 07:35

ネットの書き込みで「バスが車線を塞いで停止してたのが悪い」と在りますが、検察は「レストランの駐車場で充分な安全確認を行った上で、車道に進入した」と認めてます。ですから、車線を塞いだ事は、業可死の構成要件には当てはまりません。(事故との因果関係なし)

投稿: ひろ | 2008/04/13 12:00

これ、「事件」じゃないよね。
だからこんなコメントがつくんですよ。

投稿: 通りすがり | 2008/04/14 06:20

この事故に限って言えば、民事と刑事でそれぞれの過失要素が違う。
車線を塞いで停止したのは、民事での過失。

投稿: ひろ | 2008/04/14 12:00

この事故に限って言えば、民事と刑事でそれぞれの過失要素が違う。

投稿: ひろ | 2008/04/14 12:32

業務上過失致死傷罪とは?

業務上、必要な安全を怠った結果、死傷させた犯罪。
「その過失がなければ、死傷しなかった」との因果関係が必要。

この事故では、駐車場で安全確認を行った上で、車道に進入したと検察が認めてるので、刑事上では車線を塞いで停止していた事に関しては、事故との因果関係は存在しない。


自動車運転過失致死傷罪は、自動車運転での過失事故を明確にする事により、罰則を強化させたもの。

投稿: ひろ | 2008/04/14 18:12

この記事で、運転手を現逮したとあるが、正確には、緊急逮捕。
緊逮は、馴染みが無いと思う。
緊逮とは、逃亡や証拠隠滅の恐れがあり、裁判所に逮状請求する猶予が無い時に容認される逮捕。
被疑者逮捕後、直ちに逮状請求をしなければならず、裁判所がこれを却下した場合は、被疑者を直ちに保釈しなければならない。刑訴法210条

投稿: ひろ | 2008/04/15 06:46

初めまして。
高知白バイ事故を取り上げていただきましてありがとうございます。

グーグル検索『白バイ事故』経由でお邪魔したした。

今後もご関心を持ちくださいますようにお願いします。

事故の疑問・質問ありましたらできる限り=知っている限り=裁判に影響が無い限りお答えしたいと思います。

投稿: littlemonky737 | 2008/05/03 00:40

littleさん、初めまして。
片岡さんに、「国家権力には負けないで下さい」とお伝え下さい。

高知県民ではないので初歩的な質問です。
1)県警本部や地検・地裁の3庁は徒歩でも行けるような所に有るのでしょうか?
2)事故現場から、土佐署までの所要時間は?(車で)

投稿: ひろ | 2008/05/03 09:04

驚きました。単純な実証的基礎。それはしらん。でも、冤罪と断言。それがあり。ということですか。

とり声さんに関しては、ぼくは異議あります。
重箱の隅だけ突いて、冤罪だとか言ってないですかねえ。

北陵クリニックの事件。
とり声さんの主張の行方はいかに。

投稿: ナガイ | 2008/05/03 22:43

あの事件は無罪。

検察が立証責任を果たせなかった場合、無罪とすべき。

投稿: | 2008/05/04 00:32

この事故の真相が見えて来ました。

この事故は、白バイの高速追尾訓練中に起きたものです。

白バイ隊の上司には公道で訓練する際、事故を予測して、安全には十分に配慮する義務があります。この事故は、上司がこの義務を怠った事が原因であり、上司が業務上過失致死の罪に問われなければなりません。

高知県警は上司を庇う為、運転手に全ての罪を被せたと考えてます。

投稿: ひろ | 2008/06/16 21:53

私は、この事件のことはよく把握していないので無責任なことはいえませんが、大型免許を取得し、
10年以上 かなり大型(最高1200 cc)のバイクに乗っていたので、この立場から発言させて頂くと、
わりとよくあるような衝突事故に思えます。特に、バイク側がかなり速度を出しているか加速直後の
ような場合にです。

オートバイは、750cc位の大きさから、全く別物の乗り物になります。その加速性能は、400cc以下
の中型車とは全く異なります。私も、以前ホンダの逆輸入大型スポーツ車に乗っていましたが、
その加速性能は、(あくまでスペック上ですが)、車でいえばフォーミュラカーなみでした。
(市販車ではポルシェなどでも比べものになりません。)

こういうバイクで、公道を走る時は、エンジン全開とはいきません。それは、いくら運転技術があっても
無理です。というのは、こちらの加速が相手側の予想外であるため、車と車で通じるようなコミュニケー
ションがとれないのです。
つまり、バイクは元々 小さいし、車のドライバーからは、遠くにいる間はさらに小さく見えます。
よって、まだ自分の近くにくるまで時間がかかるだろうと錯覚されがちです。
ところが、特に速度超過のオートバイは車以上の加速で近づいてくるので、あっという間にドライバーの
目の前に迫ってくる訳です。これが、よくある右折車とバイクの典型的な衝突事故です。

大型バイクを乗り出した人間であれば、誰でも同じようなことで冷っとした経験は1度や2度あると思います。
これが判ってくると、走っている道路が、直線かどうか、見渡しがいいか悪いかという以上に、
交差点や飛び出しがある可能性のあるところは全て不可避的な危険があることを前提として運転をします。
つまり、相手が予測できる範囲内の速度・加速で運転するということです。

去年、世界的なバイレーサーだった阿部典史さんも公道でのバイク事故で亡くなりましたが、正直申し上げて、
どんなに運転技術があっても、バイクの場合は、交差点や車の飛び出しがあるような公道でスピードを出した
場合は、常に死亡事故と隣り合わせと考えた方がいいでしょう。

おそらく、白バイなどの場合は、高速運転中はサイレンを鳴らせば、こういうバイクの不利な点を回避できる(
相手が停止する)のだろうと思いますが。。。

投稿: コーイチ | 2008/06/17 06:50

高知地裁の判決を簡単に言うと「警察は嘘をつかない」です
これは笑うしかありません (爆笑)

投稿: w | 2008/06/17 20:10


最高裁第2小法廷は上告棄却の決定。

投稿: ひろ | 2008/08/23 02:52

 この 白バイ事故
 非常に面白いのは バス運転手の
 運転が良いか悪いかの議論に
 なっていない。

 基本的にわき道などから
 本線道路に出るときには
 運転者は 本線交通を
 妨げてはならない。

 このバス運転手は
 本線交通があるにもかかわらず
 バスを本線上を塞ぐように
 進行、もしくは停止させている。

 この場合、バスの速度に関係なく
 停止、進行に関係なく
 バス運転手に大きな過失がある。

 バス運転手⇒有罪だよ100%
 バス運転手⇒有罪だよ100%
 バス運転手⇒有罪だよ100%
 バス運転手⇒有罪だよ100%
 バス運転手⇒有罪だよ100%
 バス運転手⇒有罪だよ100%
 バス運転手⇒有罪だよ100%

 何か意義があれば どうぞ。

              以 上

投稿: バイク乗り | 2008/09/10 10:41

以下のページの音声をよくお聴きください。
http://gonbe.nobody.jp/sekuharasosyouya.htm
http://gonbe.nobody.jp/sittoruke.htm

http://gonbe.nobody.jp/minboutoonnna.htm
http://gonbe.nobody.jp/beerbond.htm

http://gonbe.nobody.jp/koumotobougen.htm
http://gonbe.nobody.jp/kyouhakuhouti.htm


刑事裁判においても、893のでっち上げをそのまま検察に上げて
偽りの聴取に基づき
結審させているのが、警察機構であるということがよくわかりますよ。
(裁判所は上げられた情報をもとに「それが正しいはずであるという前提のもと」審理するだけ
それが事実に基づかないとしてもそのままです。)

投稿: 国家の審判性 | 2008/09/10 14:50

>異議があるならどうぞ

検察は「バスが車線を塞いだ事が原因で死亡した」と主張した事は一度もない。

以上

投稿: joker | 2008/09/10 22:55

刑法211条と検察の主張を良く理解した上で、もう一度レスしてね。

話はそれから,

投稿: joker | 2008/09/10 23:24

>バイク乗り
元運転手は、車線を塞いだ事を過失と認めてる。

何か意義があればどうぞ。

投稿: ひろ | 2008/09/12 11:32

交通事故で相手を死傷させた場合は、自動車運転過失致死傷罪に問われる事になる。本罪は相手を死傷させる、明確な過失があって成立し、無過失である事が証明されれば、本罪は成立しない。
他に、交通事故で重要なのが過失責任割合。
これは、マニュアル本やネット等で出回ってるが、自動車損害賠償保障法(自賠責法)が根拠となっている。
つまり、過失割合と自動車運転過失致死傷罪は全くの別物であり、過失割合が大きいからと言った有罪になる訳ではない。本件で、バスが車線を塞いでたのは、運転手の過失責任割合を示す物。

投稿: joker | 2008/09/12 20:19

バスの過失と考えられるもの
 ・優先道路を塞いでいた

白バイの過失と考えられるもの
 ・前方不注意
 ・速度超過

ま、バス100%はアリエナス。
100M近く見通せる道路で大破死亡するくらいの衝突事故なら
バスが急発進でいきなり道を塞がない限りは白バイの過失が圧倒的大。

バス:白バイ=2:8ってとこじゃないの?

投稿: あうち | 2008/09/15 21:15

冤罪かどうかはしらんけど、白バイがそのまま走っていて事故にあった可能性が無い以上、過失でいえばバスの方が大きいでしょ。
だってそのままの速度で通過できないタイミングで車線に侵入したんでしょ?

2:8はないわ。相手人じゃないし。
むしろ8:2じゃない?
白バイの前方不注意+速度超過いれてそんなもんでしょ。

投稿: ??? | 2008/11/27 04:31

2010参院選高知 藤島氏が出馬表明(高知新聞)

24日公示される参院選県選挙区(改選数1)に高知市の自営業、藤島利久氏(48)が22日、無所属で立候補する意向を表明した。

記者会見した藤島氏は出馬動機を「高知白バイ事件、この一点」と強調。2006年に高知市春野町で県警白バイとスクールバスが衝突し警察官が死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われたバス運転手の公判(08年に最高裁で実刑判決が確定)に「県警が捏造(ねつぞう)証拠を出した」と主張。「高知新聞が報道しない。(参院選県選挙区に出馬予定の)他の候補も事件を主張しない。私が出馬して県民に理解していただく」と述べた。

藤島氏は「(当選の)可能性はゼロパーセント。今回精いっぱい事件を伝え、落選して、来春の県議選・高知市区に出て議席を頂き、県議会で県警本部長に質問をぶつける。そのためにここ(出馬会見の場)にいる」と説明。「参院選をステップにすることへの批判は甘んじて受ける」と述べた。

投稿: | 2010/07/05 22:42

私ゎ前にテレビでこの事故の事を見ましたsign03
白バイの警察官の方が亡くなっているし白バイゎ損傷が酷かった様に見えたので真実ゎ分りませんが元バスの運転手サンゎテレビに出過ぎと思ぃましたsweat01
無くなった白バイの警察官や同僚の方や親族の方の気持ちを考えた事が有るのか疑問に思いますdowndown
元バスの運転手サンゎ生きているからこそテレビや裁判で主張が出来るかも知れませんが亡くなった白バイの警察官ゎ自分の言いたい事ゎ二度と言う事も出来ないのですからメディアの前に出るのは控えた方が良いと思いますsign03

投稿: もんちよ | 2011/04/07 20:18

↓何言ってんの?
生きてる人だって、その人の人生があるでしょ?
冤罪か有罪かは私にはわかりませんが、もし冤罪だったらどうするの?
その前にきちんとした日本語で投稿したらどうですか?

投稿: うさぎ | 2011/04/08 08:32

もんちよさん、うさぎさん、こんばんは
この事故は見る立場によって事故の内容が全然違う物になります。
元運転手さんの言い分は「バスは停止していた」そこへ白バイが突っ込んできた。ですし、検察側は「バスは移動していた」そして白バイを巻き込んだです。
元運転手さん側からすると、間違った事実に基づいて間違った判決が出たと言う事でしょう。

誰もいない所で無実を叫んでも誰の耳にも届きませんから、その意味でより多くの人に思いを伝える為にTVを利用するのも有りかと思います。

真実はどちらか分かりません。
だけど、元運転手さんの行動を理解しようと思うのであれば、「自分が運転手さんの立場だったらどうするか?」と考えてみると良いかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2011/04/08 22:30

ASKAサン、こんにちわ!!
交通事故を起こした事が私も有るので元運転手サンの気持ちはとても分ります。
事故の瞬間を見ていないし私は裁く側の人間でも無いので有罪とか無罪とか言えませんが元運転手サンはこれから先、何時でも色んな主張が出来ますが亡くなった白バイの警察官はそれが出来ません!!
全くTVの前に出ない方が良いとは思っていませんが亡くなった方の事も少しは考えて発言をした方が良いと思います。
言いたい事を全部言ってしまうと亡くなった方が白バイ警察官とはいえ一人の人間だし大切な人をなくした家族もいます・・・。
元運転手サンの発言ひとつで亡くなってしまった方を否定してしまう事にもなると思います。

投稿: もんちよ | 2011/04/14 02:03

投稿: | 2011/04/14 02:04

高知では全くこの事故について放送しない。

確実な冤罪。

テレビにですぎとか言ってるやついるが冤罪、自分は悪くないと思うなら主張は当然。

投稿: 事故後のムービーを撮ってた男 | 2012/09/19 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城バラバラ事件の謎!その14 | トップページ | 東名高速タイヤ脱落事故 »