« 青森猫焼殺事件 | トップページ | タリウム事件の目次 »

2008/04/06

動物虐待復讐説

今回はnobuoさんの当時現場周辺で起きていた動物虐待事件と関連付けた説ですね。

1)動機
  可愛がっていた動物(野良猫)を殺されたと信じ込み、その復讐の為。

2)家族全員を殺害した理由
  経過的にそうなった。

3)書類を物色した理由
  被害者名義で劇団四季のチケットを購入するため

4)PCを操作した理由
  この犯行は単なる物盗ではなく、恨みをはらすためであることを示すため。CATSのチケットを購入したかった。化学系のサイト検索は、幼なじみの近況を知りたかったため。

5)長時間留まった理由
  近くに職場があり、職場から人がいなくなるのを待って、戻ろうと考えた。

6)年賀はがきを盗んだ理由
  前日にプリンタの故障ではがきを失ったため。

7)遺留品の衣服をたたんだ理由
  この犯行は、恨みを晴らす目的であることを示唆したかったため。

8)遺留品の手袋を脱ぎ捨てた理由
  大きい男であることをカムフラージュしたかったがぶかぶかで思わず脱ぎ捨ててしまった。マフラーが短かったのは、そこまで気が配れなかったためで、唯一の愛用品かも?

9)謎のお地蔵様
  職場が近く、毎日、気になってしょうがなく、殺した人の怨念を払拭したかったため。

-----ここまで-----
maipenraiさんが以前調べてくれた劇団四季の当時の興行内容ですが、
四季劇場 2000年12月24日~2001年1月21日まで 「オーバー・ザ・センチュリー」というソング&ダンス(創立50周年)をやっていた。

CATSのチケットと言うのはちと微妙だけど、劇団四季はCATSと言うイメージが広くあった事も確かなので、猫を連想させると言うのは有りだと思います。

6)の年賀状は一家が受け取った年賀状なので、使用済みだとすると、再利用は難しいような気がしますが・・・

都市部ではペットを飼うのも住宅環境から難しい事も多いでしょうね。
猫好きの人が公園の野良猫を可愛がっていると言うのも有りそうな話だと思います。
位置的に公園の中に家のあるような宮澤さん宅が虐待の犯人と疑う人が居ても不思議ではないかもしれないね。

|

« 青森猫焼殺事件 | トップページ | タリウム事件の目次 »

コメント

広報けいしちょう 平成20年5月18日第30号より
DNA型鑑定 現在はまだ、検出されたDNA型を比較して、一致するかしないかを判定するのみですが、これからの研究によって、DNA型鑑定は、いろいろな事件捜査の場面で犯人をつきとめる証拠として活用されていくことでしょう。
・・・やはり 犯人の性別は科学的に男性であると確定
されているものでは無いことが判った。

投稿: nobuo | 2008/05/18 19:38

今一度、この事件の犯人が長身の男性であると仮定した場合に疑問(矛盾)となる項目をまとめてみます。
1 犯行直後の男女の争う声を通行人が聞いている
2 侵入経路とみられる狭い浴室窓
3 身長に対して短いマフラーの遺留品
3 犯行時にぬぎすてられた手袋
4 被害者(宮沢さん)が刺された部分 犯人が長身の
  場合に不合理な部分が刺されている。
5 生理用品で手当
   

投稿: nobuo | 2008/05/23 07:42

nobuoさんの女説。
>1 犯行直後の男女の争う声を通行人が聞いている
家には大人の男女がいたから男女の声は存在するし。争うというのは通行人の主観だし?

>2 侵入経路とみられる狭い浴室窓
狭くない狭くない。楽勝。(事実、同じ身長の警官が通過できたわけで。彼らの方がBWHは太いでしょう。)

>3 身長に対して短いマフラーの遺留品
>3 犯行時にぬぎすてられた手袋
犯人さんご愛用のものだかどうだか・・

>4 被害者(宮沢さん)が刺された部分 犯人が長身の
  場合に不合理な部分が刺されている。
相手の下へ入り込んで攻めるか。上から攻めるか。これは癖で。身長とは関係ないかも。ローブロウあるいは大脛攻撃があったのは主人よりさらにチビだったからか。薙刀技か。階段やスキップフロアでの襲撃になったからという見方もあるみたいです。

>5 生理用品で手当
これは。仮に目の前にあってもぼくは考えつかないなあ。こういうものが簡単に見える場所に置いてある家は、主婦の態度がでかいかな。

ところで。現場に残された服飾品(包丁も)がなんとなく女くさい。と、ぼくも以前に書いたことがあります。今もそう感じています。ということと、短時間に息もつかずに刺しまくった状況は、なかなか重ならなくて・・・。

投稿: ナガイ | 2008/05/23 08:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青森猫焼殺事件 | トップページ | タリウム事件の目次 »