« 舞鶴市女子高生殺害事件その2 | トップページ | 舞鶴市女子高生殺害事件その4 »

2008/05/11

舞鶴市女子高生殺害事件その3

続報です。
1)ジーンズは遺棄現場の北側十数メートルで、用水路と同川の合流地点付近の石に引っかかっていた。10日朝からの雨による増水で、川底から浮かんだとみられる。
濃紺の女性用で、左ポケット部分の2カ所がすり切れるように破れており、左ひざの裏にも数センチの裂け目があった。遺体にも左尻と左肩にこぶし大の擦過傷があり、固い地面に押し倒されたとみられる。

また、遺体発見当日、近くで見つかった被害者の白いベストも何かで裂かれたように破れていたことも判明。血は付いていなかったが、左前部に鋭利なものでできたような数センチの裂け目があったといい、人為的にできた傷か、木の枝に引っかけるなどして偶然できたものなのかを調べている。

2)遺体の両足の親指の付け根などには靴ずれの跡があった。被害者は事件前日の6日深夜、数日前に買ったばかりの高いヒールのサンダルを履いて出かけていた。
捜査本部は女性捜査員に移動経路を実際に歩かせて検証。被害者と同型の新品サンダルを履いて約1時間45分かかったという。

3)7日午前0時50分ごろ、携帯電話の会話の中で、自宅から約2キロ離れた国道沿いの薬局にいると伝えた。

4)6日午後11時半ごろ、自宅前で携帯電話をいじっているのが近所の住民に目撃されている。

5)また衣類だけでなく、頭部以外の遺体に血痕が付着していなかったことが判明。大量出血にもかかわらず血痕がないのは不自然で、捜査本部は遺体発見現場以外の血痕の有無を調べる。

6)朝来川では被害者のカバンやサンダルなども数メートルおきに見つかった。捜査本部は同日、「キャミソール」としていた衣類を「長袖の薄い下着」と訂正。この下着とTシャツは川岸で見つかり、ぬれていなかった。

一気に情報が出てきたのですが、ここで情報を整理して起きます。

4日 午後 現場近くの団地で被害者に良く似た女性が男と階段を上る所を目撃
6日 22時頃 母親が自宅にいる事を確認
23時半頃 自宅前で携帯電話をいじっている所を目撃
23時57分 自宅から500mのガソリンスタンドの防犯カメラに被害者と思われる人物が一人で歩く映像が写る
7日 0時50分頃 自宅から2kmの浮島分校近くのドラッグストアで友人と携帯で話す
その後 遺棄現場から400mのマンションで男性と居る所を目撃
08/05/23追記
この情報はどうも誤報の可能性があります、現在検索してもこの情報は出てきません。4日の目撃情報と混同している可能性があります。
ただし、携帯の電波が6日の夜、マンション付近から発射されていると言われているので、マンションに立ち寄った可能性はあります。
2時頃 現場付近で住民が男女が大声で話す声を聞く
その後 死亡推定時刻は7日の未明
母親が家に居ない事を確認
9時頃 捜索願を出す
19時頃 被害者の携帯電話などが発見される
8日 8時45分頃 遺体が発見される

被害者の持ち物
・携帯電話、電源ONの状態で発見、濡れていない。
・赤いバッグ、中に財布(財布の中には小銭)
・未確認だが遺留品の中にペットボトルがあった。

被害者の衣類(衣類に血痕は付いていない)
・白いベスト(左前部が裂けていた)
・Tシャツ
・長袖の薄い下着
・濃紺のジーンズ(左ポケットが破けて、左ひざ裏にも穴)
・下半身の下着は現在発見されていない
・高いヒールのサンダル

ジーンズ以外は川の中州や対岸で見つかり濡れていない。

事件当日の気象データ
6日の気象データ 24時のデータは降水量0、気温14.1度、西南西の風2.7m
7日の気象データ 2時のデータは降水量0、気温13.3度、南南西の風3m

風は弱いけど肌寒かったんじゃないかな?

遺体の状態
・遺体は全裸、頭部以外には血痕はついていなかった。
・凶器は工具の「バール」が疑われる。
・発見当時、遺体は仰向けで土や枯葉が掛けられていた。耳や指がのぞいていた。
・性的暴行は無かったと警察が公式に発表している。
・死因は失血死

部位 背中側
頭部 顔面、側頭部、後頭部に激しく殴打痕、複数の骨折も有り、殴打後数十分で失血死したと思われる。
植物のツルが何重にも巻かれていた、死亡には関係なしと思われる
左肩に拳大の擦過傷
両腕のひじから手にかけて外側には複数の皮下出血があり防御創と思われる
左尻に拳大の擦過傷
足先 両足に豆(靴摺れ)

遺体の状態を再度考えると、妙なことに気づくね。
「頭部以外に血痕がついていない」と言うのが不思議だ、頭部を激しく殴られており相当出血があったはず。もし被害者が立って殴打されたのなら、血は上から下へ流れ落ちたはずでしょ?

となると、被害者は寝た状態で頭部を殴打されたのかな?

でも腕に防御創があるんだよね。

衣類の破れなどから、遺体発見現場以外での暴行の可能性が考えられる。
現場近くの団地やマンションでの被害者の目撃情報もありますからね。
地道に聞き込みをすれば情報は出てくると思います。

それから、被害者はプロフを開設していて、プロフィールを公開してました。
見てみましたが、内容はたわいのない事で、事件に関係しそうな事は見つかりませんでした。
ただ、他にも日記などを公開しているようですが、そちらは見つかりませんでした。

ちょっと気になったのはプロフで最終更新日は07/01/17、開設日はわからないけど、ゲストブックの最初の書き込みが07年08月でした。
で気になったと言うのはゲストブックの書き込みに彼女は返信をしてないんですよね。
このプロフって彼女がホントに最近も使っていたのか?ちと疑問です。

だけど、プロフのゲストブックの書き込みは結構多いので、ネットを通した交友関係は意外に広いかもしれないね。

続報を待ちましょう。

|

« 舞鶴市女子高生殺害事件その2 | トップページ | 舞鶴市女子高生殺害事件その4 »

コメント

護岸のある場所で。正面から突き倒されたか。後退りして逃げるうちに後方へ転倒したか。もろに仰向けに倒れて、そのまま頭を下にしてずり落ちた。後頭部を打ったときに失神。かな。

投稿: ナガイ | 2008/05/11 15:19

首の植物のツルも気になりますね。
死後に巻きつける理由がありませんね。
死因を偽装するにも、他殺は明白だし・・・
殺害方法を偽装しようとした可能性は有るかな?
あるいは死後に巻きつけたのなら「儀式」の可能性もありそうですね。

生前の場合は死因に関係ないので「首輪」のイメージかな?でもそんな事をする人間なら最初から用意してそうだし・・・

犯人が逮捕されればこのあたりも分かるでしょう。

投稿: ASKA | 2008/05/12 01:06

顔見知りの犯行だとしたら、警察はもう容疑者を特定してもよさそうなころですね。捜査がどれぐらい進行しているのか…

未成年者が容疑者だとすると、すぐには報道できないのかもしれないですね。

もし出会い系などを利用していたとしたら、権限を行使しさえすればアクセスログをたどるのは簡単なので、捜査は簡単に進むと思います。

はたして、容疑者は自殺しないで生きているのか、それとも容疑者というか犯行者は複数いるのか

そろそろ、いろいろわかってくるかもしれないですね。

容疑者のプロファイリングのような下世話な話題が週刊誌などに載るのかな。

投稿: まえやま | 2008/05/12 20:27

犯人は、殺害する事よりも暴行を加える事を楽しんでたような気がします。
(被害者が恐怖に怯えてる所を楽しんでたのか?)

犯人は、被害届を出されるのを恐れて殺害したのか?


コンクリ殺人を思い出しましたね。

投稿: ひろ | 2008/05/12 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舞鶴市女子高生殺害事件その2 | トップページ | 舞鶴市女子高生殺害事件その4 »