« 舞鶴市女子高生殺害事件その16 | トップページ | 千葉県柏市一家4人殺害事件 »

2008/06/22

大阪駅通り魔事件

6月22日午後1時30分ごろから35分ごろにかけ、大阪市北区のJR大阪駅で、女性3人が何者かに刃物で襲われる事件が発生している。

3人のうち、腕を切りつけられた2人が軽傷。
いずれの現場でも黒い服と帽子を着用した不審な女が目撃されるか防犯ビデオに写っており、府警は、この女が関与した可能性が高いとしてビデオの画像を公開し、行方を追っている。

発表によると、同日午後1時30分ごろ、兵庫県西宮市の20歳女子大生が、大阪環状線ホームにつながる上りエスカレーターに乗る直前に左腕を刃物で突かれた。
その直後、エスカレーター上で奈良県香芝市の52歳女性会社役員が、約5分後には、約50メートル西のホーム上で内回り電車に乗り込もうとしていた大阪市の20歳女子大生が、それぞれ左腕を切りつけられた。

会社役員の傷は長さ約6センチ、大阪市の女子大生は長さ約12センチ。
西宮市の女子大生は左腕の2か所に突かれて赤くなった跡があった。

女は30歳代ぐらい、小太りで身長約160cm。
黒いワンピースを着て黒いつばの帽子をかぶり、首に大きな玉のネックレスを付けていた。白いショルダーバッグを掛け、茶色の髪が肩付近まで伸びていたらしい。

秋葉原事件に影響を受けたかどうかはわからないが・・・
被害者が全て女性だね。現場には男性も居たと思うわけで、そうすると、女性だけを選んで刺したのか?というのが疑問な所だね。

続報を待ちましょう。

08/06/23追記
査本部は23日夜、傷害容疑で神戸市西区池上、無職38歳女性容疑者を逮捕した。同容疑者は一部について「やっていない」と容疑を否認しているという。
捜査本部は駅の防犯ビデオに映った不審な女と特徴が一致したことや被害者の証言などから、逮捕に踏み切った。

カミソリや小型カッターなどの小さな刃物を手の中に隠し持って切りつけた可能性が高いことが23日、府警曽根崎署捜査本部の調べで分かった。防犯カメラの映像解析で、女の手元には刃物の柄が写っていなかったことが判明。犯行時、周囲の乗客も女性らが刃物で切りつけられたことに気付いておらず、捜査本部は、犯人が刃物を周到に隠しながら犯行に及んだとみて捜査している。

小型のナイフで腕を切っている。このあたりを見ると、殺意があるわけではないようだね。殺意があるなら首を狙うだろう。

騒ぎを起こそうとしたのか、ただの嫌がらせか、あるいは憂さ晴らしかな?

続報を待ちましょう。

08/06/24追記
不審な女性を撮らえた防犯カメラの画像を報道で見た容疑者の知人が、23日になって「間違いない」と通報。捜査本部では同夕方から容疑者に任意同行を求め取り調べていた。

容疑者は22日の事件前、自宅の最寄り駅のJR明石駅から大阪駅に向かう際、扉に体を挟まれ、事件後に大阪環状線の降車駅で駅員に「体を挟まれた。どうしてくれる」などと文句を言ってトラブルになっていたという。

容疑者(38)が任意同行された際、犯行時とよく似た腕時計とバッグを身につけていたことが24日、分かった。被害者の1人が犯人の所持品の特徴を覚えており、曽根崎署捜査本部は容疑者の犯行を裏づける証言とみて確認を急いでいる。

犯人の女は事件当時、黒色帽子に黒色ワンピース、白いショルダーバッグ姿だったことが防犯カメラの映像などから分かっており、被害者の1人は女が右手につけていた腕時計と白っぽいバッグの特徴を鮮明に記憶していた。

一方、捜査本部は容疑者の自宅を捜索し、防犯カメラに写っていたものと酷似した黒色の帽子やワンピース、ネックレスなどを押収。また室内から小型の刃物が多数見つかり、凶器の可能性もあるとみて血液反応などを調べる。

08/06/25追記
容疑者(38)が事件当日、大阪駅での滞在時間がわずか9分間だったことが25日、府警曽根崎署捜査本部の調べで分かった。
調べに対し、容疑者は「持っていたカミソリで切りつけた」と認めている。
犯行直前の午後1時28分に新快速電車で大阪駅に到着。目的地の弁天町駅に向かうため37分発の環状線に乗り換えており、府警は、大阪駅での乗り換え途中に偶然居合わせた人を切りつけたとみて調べている。

捜査本部は同日午後、傷害容疑で容疑者を大阪地検に送検した。
容疑者の自宅や知人宅などから血の付いた刃物は見つかっておらず、捜査本部は、凶器となった刃物は捨てたとみて追及する。

08/07/14追記
大阪地検は14日、女性2人に対する傷害罪で、神戸市西区の無職、容疑者(38)を起訴した。
被害申告は3人だが、1件目については否認しており、不起訴とした。
被告は事件8日前に別の女性の背中に針を刺したことも認めており、府警は追送検する。

被告は「子供と同居できず、恋人と別れ、職も決まらずイライラしていた。電車の扉にはさまれても誰も助けてくれなかったことが引き金になった」と供述。
芦屋駅で扉に挟まれた後、大阪駅に着く前にカミソリの準備をしたという。

08/11/25追記
傷害と暴行の罪に問われた無職、女性被告(38)の判決公判が25日、大阪地裁であった。裁判官は「身勝手な動機による卑劣な犯行。密集する駅での連続通り魔事件であり、駅の利用者や周辺社会に悪影響が及んだ」として、懲役3年6月(求刑懲役4年)を言い渡した。

裁判官は判決後、「もう少し人のことを考えて行動するようにしてください」と説諭した。

判決によると、被告は6月14日午後、大阪駅改札前で女性の背中に縫い針を刺し、22日午後にも同駅のホーム付近で女性2人の腕をカミソリで切りつけ、7~14日間のけがを負わせた。

|

« 舞鶴市女子高生殺害事件その16 | トップページ | 千葉県柏市一家4人殺害事件 »

コメント

切る。じゃなかった、切れる。これは模倣性が強いのではないか。日本での「切れる」の代表は例の赤穂藩主ですが、彼がなぜ切れたか。どう考えても納得できないのは、ぼくだけか。ただ、彼は古来播州に育った一族の末裔ではなさそう。どこか?血気盛んな関東の某地方のご一族の末裔?
なぜ血が騒ぐのか。ぼくは精神的風土ではないかと考えています。今の言葉で言えば、文化依存かな。これにはまり易いのはオトコみたい。自殺者数、オトコの多さ。盗作もオトコ。では、オンナの犯罪の代表の万引き。あれはなにか。模倣犯でないとしたら・・子を産み育てるためには無責任なオトコを度外視して泥棒猫になる野生の呼び声?
オンナに模倣犯ありか、なしか。野次馬興味しんしんです。

投稿: ナガイ | 2008/06/23 03:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舞鶴市女子高生殺害事件その16 | トップページ | 千葉県柏市一家4人殺害事件 »