« 秋葉原通り魔事件その4 | トップページ | 秋葉原通り魔事件その5 »

2008/06/13

お台場女性バラバラ事件その5

続報です。
被告が、9年前に変死した埼玉県草加市の比国女性(当時27歳)を「殺害した」などと供述していることが13日、分かった。
警視庁捜査1課は供述に基づき、横浜市内の運河で遺体の捜索を始めた。9年前の事件では死因は特定されず、被告は殺人罪には問われなかった。

調べでは、被告は平成11年4月、横浜市内のマンションで、当時、交際していた飲食店の27歳のフィリピン人女性従業員の遺体を切断、焼却したうえ、トイレに流すなどして捨てたとして死体遺棄と同損壊の罪に問われ、3年6月の実刑判決を受けた。

別の報道では遺体をカッターナイフで切断し、同市内のビルの男子トイレなどに流して捨てたとされる。

被告の実家からは女性の歯や毛髪が見つかったが、遺体の大部分は発見されなかった。
このため被告の「目が覚めたら死んでいた」などとする供述を崩すことはできず、埼玉県警は殺人容疑での立件を見送った。

被告は殺人容疑に問われなかったことから、今回の台場の事件でも遺体を切断して捨て、死因特定を困難にさせようとしたとみられる。

さて、9年前の事件も殺人事件で立件されるとなると、極刑もありえるんじゃないかな?
今回の事件で完全自供させた勢いで9年前の事件も自供させた捜査陣の勝利だね。

08/06/24追記
被告(48)の供述に基づき、横浜市内の運河から、別のフィリピン人女性の飲食店従業員(当時27歳)の人骨とみられるものを発見した。

従業員の事件は、埼玉県警が00年1月に被告を死体損壊・遺棄容疑で逮捕=浦和(現さいたま)地裁で懲役3年6月の実刑判決=したが、殺人容疑では立件されなかった。捜査本部は殺人容疑での立件を視野に捜査を進めている。

被告は今年4月、台場のマンションに同居していた22歳女性殺害事件で逮捕された。埼玉の事件について「殺害し、横浜市内の運河に捨てた」と供述を始めたため、捜査本部は今月13日から捜索していた。

被害者の骨と特定されれば、2000年の殺人事件も立件できるね。
こうなると、2人を殺害してバラバラにしている事になるのだが・・・
極刑の可能性が高くなるだろうな。

09/12/17追記
フィリピン人女性2人を殺害し、このうち1人の遺体を切断して捨てたとして、殺人と死体損壊・遺棄の罪に問われた無職野崎浩被告(50)の判決が16日、東京地裁であった。

裁判長は「2度までも人の生命を奪っており、刑事責任は重大だが、更生の可能性が全くないとは言えない」と述べ、遺体を切断された1人の殺害について無期懲役(求刑・死刑)、もう1人の殺害について懲役14年(求刑・無期懲役)を言い渡した。被告は、両事件の間に実刑判決を受けて確定しており、刑法の規定で両事件を併合できないため、判決で主文が分けて言い渡された。

判決などによると、被告は昨年4月、同居していた女性(当時22歳)に無視されたと腹を立て、東京・台場のマンションで首を絞めて殺害。遺体を切断し、近くの運河などに捨てた。また、1999年4月、横浜市神奈川区のマンションで、女性(当時27歳)の首に布団を押しつけ窒息死させた。

被告は2000年4月、女性の死体損壊・遺棄事件などで懲役3年6月の実刑判決が確定し服役。当時は女性の死亡した経緯が分からず、殺人罪での立件は見送られたが、出所後、別の女性殺害で逮捕された被告が、女性殺害も認めたため、両事件で起訴された。

刑事訴訟法は二つ以上の刑を執行する場合、重い方を先に執行すると定めており、このケースでは無期懲役刑の執行が優先される

2010/10/08追記
殺人と死体遺棄などの罪に問われた無職、男性被告(51)の控訴審判決公判が8日、東京高裁で開かれた。裁判長は「冷酷かつ残忍な犯行で、死刑をもってのぞむほかない」として、20年の殺人、死体損壊・遺棄事件について1審東京地裁の無期懲役の判決を破棄し、死刑(求刑同)を言い渡した

1審では「更正の可能性が全く無いとは言えない」と言う理由で無期懲役だったけど、2審で死刑としたのはやはり、2人の女性を殺害した事で更正の可能性が無いと判断したと言う事なのかな?

2012/12/14追記
死刑確定
交際相手のフィリピン人女性2人を殺害し、うち1人の遺体を切断したなどとして殺人と死体損壊・遺棄の罪に問われ、2審で死刑と懲役14年の判決を受けた無職男性被告(53)について、最高裁第2小法廷は12月14日、被告の上告を棄却する判決を言い渡したとの事。

死刑が確定する。判決理由では「思い通りにならない女性の態度に激怒して犯行に及んだ。殺害方法も残忍で悪質極まりない」とした。

判決によると、野崎被告は1999年、横浜市のマンションで当時交際していた女性(当時27歳)を殺害。2008年にも、東京都港区のマンションで同居中の女性(同22歳)を殺害、遺体を切断して近くの運河などに捨てたとの事。

そりゃやっぱり、死刑ですよね。
時間差があるけど、一人殺害し、さらに2人殺害ですからね。更正を考えるのは難しいと思います。

参考リンク
お台場女性バラバラ事件その4

|

« 秋葉原通り魔事件その4 | トップページ | 秋葉原通り魔事件その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋葉原通り魔事件その4 | トップページ | 秋葉原通り魔事件その5 »