« 奈良17歳父親殺害事件 | トップページ | 東京府中ホームレス殺害事件 »

2008/06/27

三重熊野女性殺害事件

6月26日午後1時50分ごろ、三重県熊野市金山町、保険外交員、47歳女性の22歳次女から「母親の家に血痕がある」と通報、室内で女性が死亡しているのが発見される事件が起きている。

次女は別居しており、女性の勤務先から「女性が数日間、無断欠勤している」との電話を受け、女性方を訪れたという。

県警捜査一課と熊野署は27日朝、強盗殺人容疑で住所不定、無職の18歳少年を逮捕した。
少年は容疑を認めており、「金に困ってやった」と供述しているという。少年は女性の19歳三女の友人だった。

調べによると、少年は23日午後7時半ごろ、同市金山町の女性宅で、女性の頭部を鈍器で殴った上、刃物で首を刺すなどして殺害し、財布から現金約10万円を奪った疑い。
現場からは凶器とみられるダンベルのシャフトや包丁が見つかった。

女性の遺体はうつぶせで、隣の洋間から引きずられたような跡が床に残っており、ふとんがかけられていた。

女性は三女と2人暮らし。夫は県内に単身赴任しているという。少年は家によく出入りしており、女性とも顔見知りだった。

少年は26日夕、愛知県大治町で、女性の夫名義の乗用車に三女と一緒に乗っているところを同県警に発見された。
同課は同日深夜、熊野署に2人を呼んで事情を聴いていた。
三女は事情聴取を受けるまで、母親が殺害されたことを知らなかったという。

少年は女性を殺害後の23日夜、三女に「『家に帰りたくない』と言って一緒に外出した」と供述しており、県警は三女は女性が殺されたことを知らないまま少年と行動をともにしていたとみている。

酷い事件だね。
母親が殺害されれば交際相手の3女がどう思うかぐらい、考えるまでもなく解る事だと思うけどな。
人間関係が希薄で自分さえよければ、あとはどうなっても良いと言う事なのかな?
「金が欲しかった」と話しているようだけど、何の為にお金が欲しかったのか?

続報を待ちましょう。

08/06/28追記
女性が殺害された後に女性の携帯電話から次女(22)の携帯に「留守にするが心配するな」という趣旨のメールが送信されていたことが27日、同県警の調べで分かった。
調べによると、メールは渡辺さんが殺害された23日以降に送信され、「今日から旅行に行くので留守にするが心配しないように」という内容だった。

また、少年は女性を殺害後、交際相手の三女と23、24日は外泊し、25日には2人で渡辺さん方に泊まっていたことも分かった。県警は三女は事件に気付いていなかったとみている。

27日の司法解剖で、女性の死因は首の左側と左鎖骨の下を刺されたことによる失血死と分かった。首や左胸を中心に数カ所、切り傷があるほか、左側頭部を鈍器などで数回殴られていた。

08/06/29追記
無職少年(18)が女性の帰宅を待ち伏せして襲い、殺害してから現金を奪っていたことが27日、県警捜査1課などの調べで分かった。

司法解剖の結果、女性の死因は左頸部(けいぶ)を刃物で刺されたことによる失血死と判明。同課などは、少年が女性の頭部をダンベルの鉄製シャフトで殴った上、台所の包丁で首や胸などを刺したとみて捜査している。

08/07/17追記
津地検は17日、強盗殺人の非行事実で、無職少年(18)を津家裁に送致した。「刑事処分相当」の意見を付けた。
家裁は同日、2週間の観護措置を決定し、少年を津少年鑑別所に収容。少年審判開始も決定した。

08/08/13追記
強盗殺人の非行事実で送致された無職少年(18)の少年審判が12日、津家裁であった。裁判長は「計画的に敢行された執拗(しつよう)かつ残忍な犯行」として、検察官送致(逆送)を決めた。起訴され、成人と同じ刑事裁判を受ける見通し。

09/02/09追記
少年(19)の判決公判が9日、津地裁であり、裁判長は少年に求刑通り無期懲役を言い渡した。
判決によると、少年は6月23日夜、同市金山町、女性保険外交員(当時47歳)方で、帰宅してきた被害者の首などを数回包丁で刺したうえ、ダンベルのバーで数回殴打して殺害、現金約10万8000円を奪うなどした。

少年側は、動機について「居候していた被害者方から出て行ってほしいなどと言われたためで、金目的ではなかった」などとして、殺人罪と窃盗罪を主張していたが、判決は「母親の財物を奪う目的だった」と認定した。

 

 

|

« 奈良17歳父親殺害事件 | トップページ | 東京府中ホームレス殺害事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良17歳父親殺害事件 | トップページ | 東京府中ホームレス殺害事件 »