« 川崎猫エサ殺害事件 | トップページ | 福岡少女売春斡旋警官 »

2008/06/07

京都動物園トラ飼育員死亡事故

6月7日午前9時50分ごろ、京都市左京区岡崎法勝寺町の京都市動物園のおりの中で、男性飼育員がアムールトラに襲われ血を流して倒れているのを女性客が見つけ、動物園事務所を通じて119番する事故が起きている。

飼育員は病院に運ばれたが、右の首やほお、後頭部などに引っかき傷があり、間もなく死亡した。
府警川端署の調べによると、40歳男性飼育員を襲ったのは11歳の雄「ビクトル」。
同動物園はビクトルと3歳の雌のアムールトラ「アオイ」を飼育していた。
おりは3つあり、飼育員はビクトルとアオイの見合いをさせるため、トラのいないおりにアオイをおびき寄せようとしていた。

この際、ビクトルのおりの鍵が開いており、出てきたビクトルに襲われたという。
同動物園は、事故を受けて営業を中止し臨時休園とした。

作業手順に問題があったのかな?
しかし・・・事故は小さな油断も見逃さないね。

|

« 川崎猫エサ殺害事件 | トップページ | 福岡少女売春斡旋警官 »

コメント

危ない。逃げられなかったのかなぁ。

投稿: 雨止み | 2012/03/23 14:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川崎猫エサ殺害事件 | トップページ | 福岡少女売春斡旋警官 »