« 大阪乳児殺害自殺事件 | トップページ | 埼玉川口ふすま店主殺害事件 »

2008/08/12

熊本大津夫殺害事件

8月11日午前4時半ごろ、熊本県大津町引水、49歳男性団体職員が刺され死亡する事件が起きてる。

午前4時半ごろ、男性の県立高校1年の長男から「自宅で人が胸を刺され、血を流して意識がない」と119番があった。

2階寝室で、布団にあおむけの状態で倒れている男性を病院に搬送したが、間もなく死亡が確認された。

刃物のようなもので左胸と背中の2か所を刺されており、県警大津署は殺人事件と断定、捜査本部を設置した。死亡推定は午前4時ごろ。

家族によると、男性と長男は同じ寝室で、妻と長女、二男の3人は2階の別室で、男性の両親は1階でそれぞれ就寝中だった。

発表によると、妻が物音で目を覚まし、男性の寝室に行き、血を流しているのを見つけた。家の中で争ったような跡はなかった。

男性は妻と両親、子供3人の7人家族。
3年前から東京に単身赴任しており、夏休みを取って、10日午後9時ごろ、自宅に着いたという。
普段から仕事でも月2~3回は熊本に戻っていたという。実家は両親と妻、3人の子供の6人が暮らしていた。

こんな事件でしたが、事件は一転動き出します。
熊本県警大津署は12日未明、男性の44歳妻と知人の同県高森町高森、48歳無職男性の両容疑者を殺人容疑で逮捕した。共に容疑を認めているという。

発表によると、2人は男性の殺害を共謀。
11日午前4時20分ごろ、男性容疑者が2階寝室で男性の左胸と背中を刃物のようなもので刺し、失血死させた疑い。

11日の司法解剖の結果、男性の左胸の刺し傷は深さ19センチ、幅5・5センチで、心臓と左肺に達していた。背中の傷は右側にあり、深さ13センチ、幅4・5センチだった。

さて、スピード逮捕でしたね。あとは動機の解明と言う事になるのですが・・・
遺族にはつらい事件になりますね。

08/08/13追記
熊本県警の捜査本部は、殺人容疑で逮捕した44歳妻とその知人の同県高森町高森、無職、48歳男性容疑者を12日午後、熊本地検に送検した。また、男性容疑者の自宅から凶器とみられる包丁を発見し、押収した。殺害の動機などを追及している。

08/09/02追記
被害者の妻の女性容疑者(44)と無職男性容疑者(48)が殺害の動機について、被害者の保険金で一緒に暮らしたかったと供述していることが1日、明らかになった。熊本地検は同日、殺人罪で両容疑者を起訴した。
両容疑者は反省の言葉を口にしているといい、男性容疑者は「今思うと、ばかな計画だった」と話しているという。

地検によると、女性容疑者は6月末、約60万~70万円あった借金が被害者に知られ、ののしられたことから、「殺してやろう」と殺意を抱いたという。
同容疑者は、交際中の男性容疑者と被害者の殺害を計画。
被害者に4000万円の保険金が掛けられており、両容疑者は調べに対し「保険金があれば、一緒に暮らすことができると思った」と供述しているという。 

|

« 大阪乳児殺害自殺事件 | トップページ | 埼玉川口ふすま店主殺害事件 »

コメント

結果的に懲役18年の刑となったが、この妻はいくつもの罪を犯している。
不倫・・契約違反
夫の収入で不倫・・詐欺
借金して夫の収入から返済・・横領
殺人・・保険金目的の殺人
愛人に殺害を依頼・・殺人教唆

つまり、一度に契約違反、詐欺、横領、保険金目的殺人、殺人教唆をやってのけており、これで死刑にならないのはおかしい。

投稿: マサキ | 2009/05/04 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪乳児殺害自殺事件 | トップページ | 埼玉川口ふすま店主殺害事件 »