« 捜査指揮 -判断と決断- | トップページ | 茨城鉾田市女子中学生通り魔事件 »

2008/08/02

埼玉川口中3女子父殺害事件その2

続報です。
長女が県警の調べに「お父さんを刺すまでの間、ずっと起きていた」と供述していることが分かった。

長女はこれまで「お父さんが家族を殺す夢を見て、殺そうと思いついた」と供述していたが押収した長女の携帯電話の使用履歴を調べたところ、事件当日の午前0時~3時に数回、使用した形跡があった。

このため、長女に「本当は眠っていなかったのでは」と聞いたところ、「実は起きていた」とこれまでの供述を翻した。

さて、これでまた一つ謎が増えたね。
なぜ、父親を殺害したのか?と言うのはもちろんなんだけどさ・・・

その理由をなぜ?話せないのか?
その上、嘘までついて、動機を隠したい理由は何かな?

それともう一つ、事件直前に携帯電話を使用したとあるのだが・・・
それは直接、事件の原因に繋がる事はないのかな?

続報を待ちましょう。

08/08/07追記
逮捕された中学3年の長女(15)が「数週間前から何もかも嫌になってすべてを終わりにしたいと考えていた」と供述していることが7日、分かった。動機については「人間関係に疲れた」と話しているという。

県警によると、長女は3年生になってから成績が下がったことを両親から怒られており、気にしていた。事件当日の7月19日に開かれる保護者会で、母親が期末テストの成績を知ってしまうことを懸念。両親に怒られる前に、家族を殺害し自殺することを考えたという。 

これと同じような事件が以前に起きていたな。
奈良母子焼死事件の謎!その3 2006年のこの事件でもテストの成績が悪い事が親にばれる事が怖くて犯行を実行している。

そして事件は繰り返されてしまうんだね。逆に言えば事件の原因は現代社会ではありふれた事だと言う事なんだろうな。

|

« 捜査指揮 -判断と決断- | トップページ | 茨城鉾田市女子中学生通り魔事件 »

コメント

 埼玉県川口市で父親の会社員を刺殺したとして逮捕された
中学3年の長女(15)が
「家族を全員殺した後、自分も死ぬつもりだった」と話していることが
2日、分かった。県警幹部が明らかにした。

 県警によると、長女は「すべてがいやになった。生きているのに疲れた。
全部をなくしたかった」と動機めいた話もしているという。
県警は長女が精神的に追い詰められた原因を慎重に調べる。

…だそうですが、どうなんでしょうね。

投稿: ぷり | 2008/08/03 00:16

ぷりさん、こんばんは
謎が謎を呼びますね・・・
生きているのに疲れた・・・だから自殺と言うのは良いのですが、家族を全員殺す事にどうして繋がるのかわかりませんね。

実際には父親を殺害後に他の家族を襲ったと言う事でもなさそうですし・・・
精神鑑定が必要なのかな?

投稿: ASKA | 2008/08/03 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 捜査指揮 -判断と決断- | トップページ | 茨城鉾田市女子中学生通り魔事件 »