« 千葉東金市女児殺害事件 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その2 »

2008/09/22

福岡西区小戸公園男児殺害事件その4

続報です。母親が逮捕されました。
1)男児が首から下げていた携帯電話用のストラップを使って、とっさに殺害に及んだ疑いがあることが22日、福岡県警西署捜査本部の調べで分かった。
捜査本部は同日、殺人と死体遺棄の容疑で、同容疑者を福岡地検に送検した。

2)容疑者は男児の首を絞めて殺害したことを認めた上で、「育児に悩んでいた。自分の病気のこともあり将来を悲観し、子供を殺して自分も死のうと思った。衝動的にやった」などと話している。

3)容疑者の知人の話では、同容疑者は発達障害のあった男児の子育てに苦悩していた。「自分は足が悪く、寝込むこともある」と自らの病状を話したこともあるらしい。

4)調べでは、容疑者は18日午後3時20分ごろ、自宅近くの小戸公園トイレの障害者用個室で男児の首を絞めて殺害、トイレの裏に遺棄した疑い。
男児の携帯電話を首にさげるためのひもが凶器に使われたとみられる。
携帯電話は殺害直後、近くの雑木林に捨てたという。

5)容疑者は「最初から殺すつもりで公園に行ったわけではない」と計画性は否認。
殺害後は「見つからないようにトイレの裏に隠し、被害者を装うため周囲の人に捜してほしいと頼んだ」としている。

6)関係者によると、男児は一つのことに集中できなかったり、突然走りだすなど予想できない行動を取ったりすることがあり、通学先の市立内浜小学校では特別支援学級に在籍。登校をいやがることもあったらしい。
病弱で、新しく引っ越した地では仕事を辞めていた。

7)知人らによると、容疑者は市内の小、中、高校を卒業。結婚後は夫の実家で同居し、男児を出産した。しかし、当時を知る近所の住人は、まだ幼い男児が家の近くで一人で遊ぶ姿を目にしていた。「母親は体が弱く、4年ほど前に自分の実家に帰ったようだ」と話した。別の知人は、男児の小学校入学に備えて今年2月ごろ、現在の住所に引っ越してきたと話す。

容疑者は夫(33)と、男児の3人暮らし。容疑者は仕事をしていたため放課後は学童保育を利用して男児を預けていたが、今年夏ごろに仕事を辞め、利用できなくなったという。

8)捜査本部は説明内容に不自然な点が多いことから任意で聴取していたが男児の葬儀があった21日午後の聴取で、号泣しながら殺害を認めたという。

9)「できることならまた、男児を産みたい」。通夜の席で、ひつぎのそばを一人動こうとせず、男児の顔を見詰めながら静かに泣いていたという容疑者。
犯行現場の公園で男児の第一発見者となった男性によると、男児のサンダルは、足元にきれいにそろえて置かれていたという

10)男児の着衣などを鑑定したが、第三者の明確な指紋が検出されなかった。

11)男児の携帯電話に第三者の指紋は無かった。

12)遺体発見場所に尿反応無は無かったが、着衣には少量あり。

さて、母親が逮捕されました。・・・・驚きはしなかったけど、やっぱり悲しい事件になってしまいました。

多分、この事件を知っている人なら「もしや?」と思った事だと思います。私もこの犯人は可能性として疑っていました。
可能性と言うのは
A)被害者と最後まで一緒にいた人物である事。
B)事件発生時に犯行現場に一番近い場所に居た事。
C)男児の靴がそろえて置いてあった事。
D)公園で不審者の目撃情報が無い事。

A,Bは犯行が可能な人物であると言う意味ですね。そして、Cは男児に愛情を持った人間だろうと感じていました。

ただ、少々今の状況は良く無いと思うのは、容疑者の犯行とする証拠は「自供」だけで、犯行を裏付ける物的証拠が無い事なんだよね。
できれば、誰もが納得する物証が出ると、すっきりするんですけどね。

とりあえず、容疑者の犯行だと「仮定」して事件の計画性について考えて見たい。
この事件が計画的か?と言うと私は否定的に考えています。
理由は簡単です。容疑者が「事件」にしてしまった事なんです。保険金詐欺による殺人事件などでは、多くが「事故」や「自殺」に偽装していますよね。

この点で衝動的な事件ではなかったか?と考えています。ただ、「自分も死のうと思った」と「心中」を匂わせているんですが、これが問題なんですよね。

まず、容疑者自身が無傷で心中しようとした様子はありませんよね。場所も自宅などではなかったし、遺体も隠している。さらに、発覚後も捜索する振りを続けてますし・・・

なので、心中と言うのが後付けか、または、最初はそう考えていたかもしれないが、実際に男児を殺害したとたんに怖くなり、咄嗟に第三者の犯行に見せかけてしまったのかもしれないね。

最後に、確かに色々な事で悩みもあったと思うのですが・・・どうして一人で抱え込んでしまったのか?誰かに相談できなかったのかな?
誰かに相談できれば、こんな事態は避けれたかもしれないよね?
それが残念です。

続報を待ちましょう。

参考リンク
福岡西区小戸公園男児殺害事件その5
福岡西区小戸公園男児殺害事件その3

|

« 千葉東金市女児殺害事件 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その2 »

コメント

計画的犯行では無い=衝動的犯行の証明が、殺意無しの証明に繋がりますが難しいですね。

検察は、「第3者による犯行である事を偽装するためにアリバイ工作してる事から、計画的犯行であり殺意があった事は明らか」と主張するでしょうから。

投稿: joker | 2008/09/22 23:42

GPSが正確なら、という条件がつきますが、携帯電話が動いている点からみて、これは単独犯でない可能性が高いと言わざるをえない。
母親のそばには捜索を手伝った女性がいたし、母親が携帯を移動させる時間も方法も、何より身体的に無理だったと思われます。

不憫な子を殺すことで、子どもに救いを求めたのか、自分達の人生をリセットしたかったのか、
または金に困って犯罪被害者給付金が欲しかったのか。。。

今回のようなGPSを使ったアリバイ工作を母親のような女性が、思い付くとはとても考えられない。
狡猾なGPSトリックに比べたら、帽子を忘れたり、グダグダの犯行、遺棄。
担当者が異なるからこうなったと考えてます。
ガチガチに厳しく裁けば、計画性や共犯者を炙り出せるでしょうが、マスコミ世論はもう母親を責めないし
追求もしそうにないので、司法も似たような酌量で追求しないかもね。

・・・晴れて再婚か

投稿: | 2008/09/23 00:37

この人は「子供の将来を悲観して心中しようと思った」と話していますが、同時に「自分も病気で体調が悪かった」事も動機としてあげています。きっととても苦しくて「楽になりたかった」ということではないでしょうか。

しかし楽になりたいがために死を選んだはずなのに、子供を殺すという行為で「楽には死ねない」事に気づいてしまったような気がします。子供はきっと苦しんだのでしょう。それを見ていたのですから。

その上殺してしまった後で、自分が死ぬための準備を何もしていない事に思い至ったのではないでしょうか。痛い思いも苦しい思いもしたくないこの人が楽に死ぬためには、その場では死ねなかったのです。自分自身を自分では殺せないと思った時に、息子を殺してしまったという現実に引き戻されて、死ねないのだから目の前の息子の遺体をなんとかしなくてはと思ったのかもしれません。でもその時点でもうこの人は自ら殺人者だと自覚しています。衝動的だったにしろ心中しようと思っていたにしろそれが心の底から本当なら死ねなかった時点で子供を抱いて自首するべきです。

遺体を移動し、ストラップを外して携帯電話を捨て、探すふりをするのは殺人者の計画的な行動です。もっと言えば衝動的に「心中しよう」と思うのなら飛び降りなど二人同時に死ねる手段を選ぶでしょう。そもそも「心中」は相手がいるのだから思いついた時点である程度計画が必要じゃないでしょうか。その点から言えばこの人の犯行は発作的だったとしても「殺そう」としか思わなかったのでは?

殺害は発作的だったが殺意は明確。心中は後付けに一票です。そこには自分の将来を悲観しても、子供の将来を心配する親はいなかったと思います。

この場合の物証ですが、母親の衣服からは尿反応は出ないんですかね。
調べてないのかな。

投稿: sama | 2008/09/23 01:51

捕まって刑務所送りになるのは嫌、あっそうだ
子どもを殺された被害者になったらいいんだ!
善意の第三者相手に芝居を打って振り回し、しかし
女優でもなんでもないのでベンチにドテッと座ってたり
犯行現場のトイレにも近付けなかったり…
事件数日前から公園での不審者情報を吹聴して回ってた
そうですね、この母親。伏線を張ったつもりだったか。

投稿: ぷり | 2008/09/23 02:13

悲しい結果になってしまいましたね。
男の子は自分のお母さんに首を絞められている間どんな思いだったか…。苦しくて悲しくて絶望的な気持ちだったでしょう(;_;)
この家族、お父さんの存在が薄いのが気になります。障害を抱えた子供を体の弱い母親が育てるのは苦労もあったでしょう。
子育て中の母親を心身ともに一番サポートしてあげられるのは父親(旦那さん)だと思うのです。母親も、もっと周りの誰かに頼って良かったのに、それが出来る性格ではなかったようですね(;_;)
男の子のご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: | 2008/09/23 02:24

>名無しさん
>GPSが正確なら、単独犯でないと言わざるを得ない。
私は、夫婦での犯行だと思ってました。

投稿: joker | 2008/09/23 05:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉東金市女児殺害事件 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その2 »