« 愛知一宮市社長殺害事件 | トップページ | 愛知一宮市社長殺害事件その3 »

2008/09/03

愛知一宮市社長殺害事件その2

続報です。
1)工場内から凶器とみられる資材が見つかったことが県警一宮署捜査本部の調べで分かった。男性の首に巻かれたワイヤも工場で使用されていたものだった。

2)男性の遺体は前頭部や顔に数カ所激しく殴られた跡があり、頭がい骨の一部が骨折していた。

3)工場内に血の付いた資材が残されており、凶器として使われた可能性が高いようだ。

4)男性の傷は前頭部や顔面に集中し、防御した際に腕などにできる傷もなかったことから、男性はいきなり正面から殴られた可能性が高いという。

5)工場内部に荒らされた跡がない。

6)犯人とみられる男が、長男に電話をかけ、工場へ呼び出した際、「いいものを見せてやる」などと話していたことがわかった。

7)電話の男は男性の私生活上のトラブルを指摘していた。

8)長男は「男の声は若そうな感じだった」と説明しているという。

9)近所に住む男性によると、1日午後9時前、工場向かいの公民館の駐車場に、見慣れない青色のワンボックスカーが止まっていた。駐車場の夜間利用者はほとんどないという。

10)長男の携帯電話にかかってきた電話は、男性の携帯電話から複数回発信されていたことがわかった。

さて、こんなところだね。だいぶ情報が出てきたな。
凶器は現場にあった物を使っているから、最初から殺害するつもりで被害者に会ったわけではなさそうだね。
しかし、鈍器で殴るなんて、それなりに接近しなければ不可能なので、被害者が接近しても注意を払わないような親しい人物と言う事なんだろうね。

客などならそれなりに接客するはずだからね、そっちのけで仕事ができる相手と言う事だね。

動機の面から見ると、
A)金銭トラブル
B)異性関係のトラブル
C)その他の怨恨

こんなところかな。
ただ・・・長男に殺害した父親の遺体を見せる事がどう絡むのか?と言う事なんだけどね。
なんにしろ、犯人は長男を知っているんだろうね。長男が犯人を知っているかは分からないけどさ。

続報を待ちましょう。

08/09/04追記
長男に電話をかけた際、「(男性が)おれの女に手を出したから、ヤキを入れてやった」などと話していたことが3日、わかった。

捜査関係者によると、男は男性の携帯電話を使って、長男を工場へ呼び出した際、激しい口調で男性の女性関係を非難した。

捜査関係者によると、男性の遺体の見つかった工場内を調べた結果、執拗(しつよう)に殴打された際に飛び散った血痕や、その後、男性を数メートル引きずった痕跡を確認し、血の付いた工具が近くに落ちているのも見つけた。

と言う事は逮捕は時間の問題と言う事かな・・・続報を待ちましょう。

|

« 愛知一宮市社長殺害事件 | トップページ | 愛知一宮市社長殺害事件その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛知一宮市社長殺害事件 | トップページ | 愛知一宮市社長殺害事件その3 »