« 福岡西区小戸公園男児殺害事件その6 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その10 »

2008/10/02

大阪難波個室ビデオ店火災その2

続報です。容疑者はどうも奇行が多かったようだ。

1)容疑者の隣の部屋に9月引っ越してきたアルバイトの女性(21)によると、母親(45)が1人で荷物の整理中、玄関から上半身裸でトランクス姿の容疑者がいきなり上がり込んできたという。

 母親に「1人で住んでいるの」などと声をかけたり、1階にあるコインランドリーの使い方を一方的にまくしたてたりしながら各部屋を一巡して出ていったという。

また大東市内のパートの女性(56)は8月ごろの深夜、マンション近くの路上で容疑者が上半身裸で座り込んでいるのを見かけた。たばこを吸いながら辺りをキョロキョロして挙動不審な様子だったようだ。

2)現場に油をまいた跡が見られないなど計画性に乏しいといい、衝動的な犯行の可能性があるようだ。

3)知人らによると、容疑者はかつて大手電機メーカーに勤務。妻と長男、長女とともに門真市内で暮らしていた。しかし10年ほど前に離婚し、やがて仕事も辞めた。競馬やパチンコなどのギャンブルにのめり込んで困窮し、このころ母親の家も売却したという。

その後、東大阪市や守口市内のマンションを転々とした。このころ生活相談にのったという女性によると、容疑者は「数年前に肝臓を壊して仕事を辞めた。早く良くなって働きたい」と話していたという。

離婚や体調悪化による退職などで生活が一変。不審な行動が目立つようになったという。

4)司法解剖の結果、15人の死因はすべて一酸化炭素中毒と判明した。

死因は全て一酸化炭素中毒ですか・・・寝ている時に一酸化炭素を吸い込んでいて、火事に気付いた時にはもう逃げ出せるような状況ではなかったのかもしれないね。

奇行が目立つか・・・お決まりの精神鑑定コースだろうな。

08/10/18追記
大阪地検は17日、殺人容疑などで逮捕された無職、容疑者(46)に対する簡易精神鑑定で「犯行当時、善悪を判断し、自分の意思に従って行動する能力があった」との結果を得たもようだ。鑑定を踏まえ、地検は容疑者に刑事責任能力があったとみて、勾留期限の22日にも現住建造物等放火罪で起訴する方針を固めるとともに、焦点となる殺人罪での起訴の可否を最終判断する。

09/12/03追記
殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた無職・男性被告(48)の判決が2日、大阪地裁であった。

裁判長は「衝動的に自殺を図ろうとした動機に酌むべき事情はなく、生命をもって償うしかない」と述べ、求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

判決によると、被告は昨年10月1日午前3時前、客として入店した大阪市浪速区の「試写室キャッツなんば店」の個室内にライターで放火。男性客23人のうち16人を一酸化炭素中毒などで死亡させ、4人に重軽傷を負わせた。死傷者の数は、起訴された放火事件では戦後最多

被告は事件直後に犯行を認めたが、起訴前に「火は付けていない」などと否認に転じていた。

判決で、裁判長は、店内には木製棚など可燃性の高いものがあったことなどから、「火を付ければ客が死亡することはわかっていた」と述べ、「未必の殺意」を認めた。さらに「公判では放火を否定し、自らの犯罪やその結果に真摯(しんし)に向き合っていない。その人格態度は最大限の非難に値し、死刑をもって臨むしかない」と結論づけた。

大阪地検の次席検事の話「適正、妥当な判決。事件の重大性と悪質性、遺族の怒りと悲しみを的確に評価されたものと思う」

|

« 福岡西区小戸公園男児殺害事件その6 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その10 »

コメント

精神鑑定コースになるとは思います。
方向性として、放火と死傷者を出した事は因果関係はないとして、火災発生時に消火活動や非難誘導を怠って一目散に逃げた店員3名の事を絡めて、殺人や殺人未遂は無罪を主張する方法もあります。
店員3名が何のお咎めがないのはおかしすぎます。

投稿: joker | 2008/10/03 07:56

すみません、間違いでした。
因果関係はないではなく、殺意はないとして殺人や殺人未遂については、同様に無罪を主張する方法があります。
前途の主張は、過失致死傷罪に問われた場合です。

投稿: joker | 2008/10/03 10:19

秋葉原の時も生きるのが嫌になっての犯行だったと思うけど。他人を巻き込まないで勝手に自殺して下さい。怖い時代だね。

投稿: ちく | 2008/10/03 22:25

犯人はいつもトランクス姿でうろうろしていたみたいですね。
同じアパートの別の男性は、犯人が玄関チャイムを押して「一緒に遊ぼう」と誘われたので断ったことがある…と話してましたが、数々の奇行は気味が悪いですね。
ビデオ店に放火して店から出て来た時にもトランクス一枚だったみたいだし、何でいつも裸になるのかな。どこでも裸になるというのは、精神面と何か関係があるんですかね?
一緒にビデオ店に行った犯人の友達も、重傷で入院中だそうですがその友達から普段の彼の様子が聞いてみたいものです。

投稿: | 2008/10/04 08:21

もし。店が消防や建築の決めごとを遵守していたら。店員が事態にビビらず果敢に立ち向かっていたら。こんな悲惨な事態にはならなかった・・。ってなことを言われたら。

僕は情けない気持ちから、ちょっと新聞ガミに火つけてみたんです。ソファが燃え出して、狭い部屋やから、煙でおられんようになって、廊下に出たんですわ。それだけのことしかしておまへん。

あたい、あのお侍さんにどうしてももう一度会いたかったんです。火事になれば逢えると思って。

投稿: ナガイ | 2008/10/05 02:48

店には6本の消火器があったそうですが、使われた形跡はなかったそうです。
大阪府警は、業務上過失致死傷の疑いで動き出しました。

投稿: joker | 2008/10/05 05:07

これで?
消防法施行規則(応急消火義務者) 第四十六条
一  火災を発生させた者
二  火災の発生に直接関係がある者
三  火災が発生した消防対象物の居住者又は勤務者

世間は細かい違反の山だと思います。平時には見逃されているというか問題にしている暇がないというか。そうすると大量に見逃されている違反を頑固断固否として自分だけ(いや近親者も巻き添えにして)窮乏や死を選ぶかという問題にもなるわけですが。しかし、もし何かあれば。微細に至るまで細大漏らさず調べられて。あれも違反これも違反みんな違反だってもなく違反だ!て違反箇条書きは2行や3行で終わらない。
同じ違反の身でありながら。ぬくぬく暮らすか糾弾されるか。運だ、要領だってこともあると思うのですが、何か起こさないように努力するしかないですか。

投稿: ナガイ | 2008/10/05 07:38

火災に気付いた時点で、初期消火活動が困難で、逃げる事しかない場合は身の安全確保が最優先されますので、応急消火義務違反にはなりません。
本件の場合、客が「初期消火や、避難誘導をしてなかった」との証言が出てきてるくらいですから、警察や消防も原因究明する為に無視出来ないと判断したのでしょう。

従業員には、避難誘導の義務くらいはあります。

投稿: joker | 2008/10/05 08:47

応急消火ってのは、消防吏員などが到着するまでの間のことで、初期消火をどうするかだけじゃなかったのでは?反対に、初期消火がどこまでかってのも難しいことで。客がどうのこうのと言ったぐらいではねえ。消火器なんてどこにあったっけ・・。
おちおちパートタイマーもできないなあ。

投稿: ナガイ | 2008/10/05 09:24

応急消火は消防が到着するまでの間の事を言います。
火災で死傷者が出てるので、その原因究明は必要です。
もちろん、放火によって死傷者が出てるので、犯人には責任があるのですが、警察は、火災が発生した時の店側の対応不備を問題にしてます。
消火器が店内のどこにあったかしらんけど、テレビ報道によれば、警察の調べでは、6本の消火器が使用されてなかった事や避難誘導も行ってなかった事で被害が拡大した可能性もあるとしてます。

死傷者が出た事は、犯人と店員の双方に責任が有るって事。消防法と業務上過失致死傷は全くの別物だから、消防と警察それぞれで立件する事になる

投稿: joker | 2008/10/05 10:10

仮に、警察が業務上過失致死傷で立件しなくても、放火犯を弁護する時は、殺意なしを証明する必要があります。(死刑回避)
その方法として、店員に落ち度が有る事を証明する必要があるのです。
それで、裁判長に火災発生の際に店員が速やか消火活動を行っていれば、死傷者は出なかったと認定させれば死刑回避となります。(過失致死)

これは、責任能力以外での、一つの方法です。

投稿: joker | 2008/10/05 11:32

私は司法書士として法律事務所で働いてるのであって、全ての法律を熟知してる訳ではありません。専門家でも得意分野しか扱ってませんので、知らない法律もあります。

投稿: joker | 2008/10/05 12:23

火元が他店の場合でビデオ店に延焼した場合でも、店員の対応は業務上過失致死傷罪が成立するケース。
この事件は消火は別として、避難誘導した場合、通路で死亡した人は助かってた可能性もあり、被疑者の殺人罪とは別で立件する必要がある。


投稿: ひろ | 2008/10/05 14:14

廊下中ほどにある、自販機コーナー不近が一番焼けてるの。
店の奥でなくなった人は、非常口もない為に逃げ場がないから亡くなってますよだから、店員が消火器を使っていれば最小限の死傷者で済んでたと思いますが?

投稿: joker | 2008/10/05 14:28

業務上過失致死を疑うくらいだから、店の出入り口から自販機コーナーまでの間に消火器の一本や二本くらいはあったのですよね。
客の証言とそれを裏付ける証拠もあるので十分に立件できますね。

投稿: ひろ | 2008/10/05 22:29

16人も無差別に殺して殺意否定とかいう犯人もおかしいだろ。

ちゃんと認めようぜ てか生きるのが嫌になったなら自爆して死ねばよかったのに。逮捕されるなんてみじめすぎるぞ

投稿: ボルトン6 | 2008/10/23 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡西区小戸公園男児殺害事件その6 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その10 »