« 千葉東金市女児殺害事件その10 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その11 »

2008/10/04

神奈川藤沢市老女殺害事件

10月3日午後11時50分ごろ、神奈川県藤沢市花の木の78歳無職女性方1階居間で、老女が倒れて死亡しているのを帰宅した54歳長女が発見し、110番通報する事件が起きている。

老女は両手両足を粘着テープで縛られ、首にタオルがまかれていたことなどから、神奈川県警藤沢署は殺人事件とみて捜査を開始した。

調べでは、老女はあおむけに倒れており、顔が腫れ、服には大量の血が付いていたという。老女は長女と2人暮らしで、長女の帰宅時には玄関のカギはかかっていたが、1階の部屋の窓が開いていたようだ。

現場は小田急江ノ島線藤沢本町駅の北約500mの住宅街。

調べでは、老女は1階8畳居間で、両手首をひものようなもので、両足を粘着テープでそれぞれ縛られた上、首にタオルのようなものを巻かれ、うつぶせで倒れていた。
鼻から出血しており、複数の部屋に血痕があった。

老女が同日午後5~6時に自宅玄関先で女性と話している姿を目撃されていたことが県警藤沢北署捜査本部の調べで分かった。捜査本部は老女が夕方から夜にかけての数時間に殺害されたとみて調べている。

司法解剖の結果、死因は背中からの刺し傷による失血死であることが4日、分かった。首には絞められた跡も残っていた。
老女は発見時、首にタオルを巻かれ、うつぶせの状態で倒れており、藤沢北署捜査本部は何者かがタオルで首を絞め、背中から刃物で刺して殺害したとみている。 

さて、犯人は手の込んだ事をしているね。事件のポイントを整理してみよう。
1)首にタオルが巻かれていた。
2)両手首を紐のような物で縛られていた。
3)両足を粘着テープで縛れていた。
4)顔が腫れ、鼻から出血してた。服には大量の血が付着していた。
5)複数の部屋に結婚があった。

手足を拘束した老女の顔を殴り、出血した状態で各部屋を連れ回したのかな?

まずは、老女や長女のカードの使用履歴を調べることと、周辺のATMのカメラの映像は押さえておいた方がよさそうだね。

それから、粘着テープから指紋が出ればよいのだが・・・手袋痕なら計画的犯行かな。

しかし、首を絞めた上、背中から刺して失血死か・・・しかし、首を絞めたのに失血死と言う事は首は絞めたけど、殺害はしなかった?拷問かな?
あるいは怨恨の線もあるかもしれないね。

続報を待ちましょう。

08/10/07追記
老女が普段使っていた財布が見当たらないことが5日、藤沢北署捜査本部の調べで分かった。捜査本部は、殺害された後、財布を奪われた可能性があるとみて、強盗殺人容疑も視野に捜査を進める。
調べによると、老女が買い物などに使っていたバッグから、入っているはずの財布がなくなっていた。携帯電話は残されていた。

捜査関係者によると、老女が居間で倒れて死んでいるのを長女(54)が3日深夜に発見した際、口に粘着テープがはられていた。

玄関から印鑑が見つかったことから、宅配を装った強盗目的の犯行の可能性がある。

08/11/02
藤沢北署捜査本部は1日、強盗殺人容疑で、藤沢市亀井野、無職、42歳男性容疑者を逮捕した。「私は知らない」と否認しているという。

調べでは、容疑者は5年ほど前に掃除機の訪問販売のセールスマンをし、被害者方に出入りしていた。被害者は容疑者から掃除機を購入していた。

容疑者は3年前から消費者金融に少なくとも200万円の借金があったという。犯行後、被害者方には土足の靴跡が残っており、慰留物から容疑者が浮上した

それなりに物証があると言う事なんだね。

|

« 千葉東金市女児殺害事件その10 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その11 »

コメント

お年寄りを狙った強盗目的の犯行か、もしくは弱い人を狙った快楽殺人か…。
確か以前にも何度か、ただ人を殺してみたかったからと、お年寄りを狙った殺人事件がありましたね。
一日も早い犯人逮捕を願います(U_U)

投稿: | 2008/10/05 08:14

年寄りそんな痛めつけなくても殺害できますよね。だからすごい恨みですよね。それか相手も結構歳とっていて首しめてころせなかった。
なんでもすぐ身内を疑ってしまう。嫌な事件が多いから。

投稿: | 2008/10/05 10:26

つい先日、同じ沿線の相模大野の路上で、やはりお年寄りが殺された事件がありましたが、あの犯人って捕まったのでしょうか?            

投稿: | 2008/10/06 09:50

記事だけ読むと強盗殺人のように思えますね。夕方に女性と話しているのを目撃されたという部分は、別の記事では「何かを売りに来た人と話しているようだった」と書かれていました。セールスぽい人だったのでしょうか。

これが普通のセールスか勧誘ならその本人がすぐ見つかりそうですが、(たとえば近所の家にも同時刻にまわっていたりするものですよね)どうなんでしょうね。お話をなさったのなら最後の会話かもしれないので出て来てほしいですね。

お年寄りの殺害事件では、怨恨もありますがそれも含めてお金目当てのものが多いように思います。お顔が腫れていたというのが痛ましいです。なにかを探していたとするとやっぱり通帳や印鑑とかなのかな…?探しているものの場所をすぐに教えなかったりある意味抵抗したのでしょうか…?カードや暗証番号、現金を狙ったのなら各部屋を探す必要があるのかな?そのやり取りを思えば証券や株式等財産の内容を知っている人の犯行にも思えますね。その場合でも「財産を知っている人」というのは親戚や身内とは限らないと思いますが。

家族のいない時間を狙っての計画的犯行だと思うのですが、それなら顔を隠したりしてなかったんでしょうか。殺す必要あったのか?と思うと、やはり最低でも顔見知り程度には面識があったのかもしれませんね。

投稿: sama | 2008/10/06 10:33

今日の新しいニュースでは、玄関から印鑑が見つかったことから、宅配を装った強盗目的の犯行ではないか?と報道されていましたね。
あまりにも冷徹な犯行で、早く捕まって欲しいです。

投稿: | 2008/10/06 15:33

タオル。被害者宅のものでした。凶器は見つかっていないようですが、手を縛られていたのは紐ではなくてネクタイだったそうです。

ここで仮説。ネクタイに関しては記事では触れられていません。犯人が残したものか被害者宅のものか。被害者は娘と二人暮らし。あまりネクタイとは縁がなさそうですが、昔のものが残っていたのかもしれません。私は被害者宅のものじゃないかと思うんです。

この犯罪けっこう道具をつかってますよね。ガムテープ、(はじめの報道では)紐、タオル、そして見つかっていない刃物の凶器。犯人が持ち込んだものと考えると「タオル」は異質だったので、きっとこの家のものじゃないかなと思ってました。

最初の報道の時点では強盗目的の場合、ガムテープや紐は予め犯人が用意していたのかなとも思ったのですが、手首の紐は「ネクタイ」と報道されたので、証拠が残るという点から考えても、タオルと同様被害者宅のものと考えたほうが理にかなう気がするのです。そうなるとガムテープだけ持ってくるのもおかしいかな?と。最初から持っていたら被害者の手もガムテープで巻かれていたはずですしね。同時に見つかっていない凶器もこの家で調達した可能性もあるかな?と考えました。

凶器については「刃物」ということと「まだ見つかっていない」という報道しか出ていません。犯人は被害者を殴って、縛って、首を絞めて、刺し殺していますが、それはなぜなのか。強盗なのか怨恨なのかあるいは両方なのかもしれませんが、私は押し入った時点で凶器を持っていなかったのでは?と考えました。

もしはじめから刃物を持っていた場合、強盗目的ならそれを見せて脅せばいいわけで、殴る必要も、刺し殺す前に首を絞める必要もないと思うのです。犯人はまず入り口で殴って脅し、一緒に家に上がり込んでガムテープや紐など拘束するものを出すよう指示、そして本人に財布を出させ、中身を確認し、「もっと金目のものを出せ」と指示したのかもしれません。家の中をまわり、被害者自身に現金等を出させたのでしょう。家の中はさほど物色した形跡はなかったようですので、自分では探していないでしょうね。そして顔を見られたためタオルで絞殺を試みるも、その後確実に殺そうと考えて刃物で刺殺。その際に台所にあった刃物を使用したのではないでしょうか?

「凶器は見つかっていない」という報道だったのでこの家の包丁がなくなっているかどうかは不明です。また残されたご家族の方が女性ですしきちんと台所の包丁等はなにが何本あったのか把握しているだろうとは思うのですが、この家の包丁で刺殺して「持ち去った」。あるいは「洗って戻した(さすがに捜査してるかな?)」という可能性もあるかなと思います。

投稿: sama | 2008/10/10 03:17

宅配を装った強盗

玄関先に印鑑が落ちていたそうで、財布と現金数十万がなくなったようですが、財布の中に入っていたお金かは報道ではわかりませんでした。
財布はどの時点でバックから抜かれたか。なんですが、宅配業者を装った場合、「宅配便でーす。代引きの荷物お届けにあがりました」と言えば、財布も持って玄関先に来ますよね。その時点で顔を隠しておいて財布だけ奪って逃走すれば殺す必要もないのにと思うのですが、どうなんですかね。
やはりある程度タンス預金やら何やらこの家の財産の情報を(世間話か財産取引かなんかで)あらかじめ知っていてそれを狙った顔見知りという可能性もあるのかなと思っています。

投稿: sama | 2008/10/10 03:47

今日考えた可能性をメモ。

財布の中のお金なのか、あるいは別の場所にあったのかわからないお金、数十万円。けっこうな金額ですよね。被害者は閑静な住宅街に暮らしているお金持ちと勝手に考えていましたので、家に常にある程度お金を置いていてもおかしくないかとあまり考えずにいましたが、なんでこのお金が紛失したのがわかったのか。報道ではまず「財布」で、続いて「数十万」も無かったのがわかったと時間にほんの少しズレがあったと思います。

無くなったものを探す場合、まずは殺された本人以外の家族の心当たりを探すしかないですよね。「財布」これは当然持っていたろうに見当たらない。とわかりますが、「現金数十万」はつまり現ナマですよね。
家の中から無くなったとすれば、その場所や存在に心当たりがないと無くなったことは確認出来ません。例えば、金庫がある場合やタンス預金等の存在とある程度の金額を知っていなければ無くなったかどうかわからないということです。今回はその存在が確認されたにもかかわらず、サイフよりあとに無くなったことがわかりました。

もし、家の中の大金に心当たりがあるのならば、まず、そこが無くなっていないか調べますよね?ところが、無くなったのが発覚したのは「財布」よりもあとだった。これはどうしてか?娘さんはそのお金の存在を知らなかったのではないかと思います。ではなぜ殺された時家の中に数十万があったことがわかったのか。

これは口座記録から確認された情報ではないでしょうか?
被害者は、事件当日または少し前に銀行でお金をおろしていたのではないかと考えました。
口座データのその日時と防犯ビデオの確認から本人がおろしたことが確認され、何かの購入か支払いの予定のある数十万がその目的を果たさないまま自宅には無いことが確認されたのでは?

もし仮にそうだと仮定すると、具体的にその場でお金を下ろすのを見ていた犯人が被害者をつけて家まで行った可能性が考えられますね。
これはけっこうありそうなケースではないでしょうか。

被害者がたくさんお金をおろすところを犯人が確認したとすれば、おろす時にビデオに映っている可能性が高いです。後ろか横からしか手元を見るのは難しいですね。額が大きく、あまり周囲を気にしない人なら銀行の封筒を使ったのかもしれません。そうなるともう少し遠くからでも「大金をおろしたな」という想像はできるので、近いところにいたとは限らないかな。強盗目的でカモを物色していたような人が犯人なら、カメラを警戒してそういった方法で目標を決める可能性もありそうです。
そう考えると、私の前回の推理も「当日被害者をつけて犯行に及んだから凶器を持っていなかった」という点で一致しやすいです。

よくある仮説なので、もしこれが当たっていれば当然警察もその線で調べているでしょうから犯人もじきに捕まるでしょう。

投稿: sama | 2008/10/12 22:05

4万円でした。ずいぶん差があるな。

投稿: sama | 2008/10/12 22:09

腕に刃物による防御創。1階に物色あともあったそうです。
昼間の行動にも言及する記事もあり、マージャンして買い物してたとか。
けっこう記事でてましたね。調べてから書くべきでした。

投稿: sama | 2008/10/12 22:20

11/4

 藤沢市花の木で十月三日夜、無職小島治子さん(78)が自宅で刺殺され、現金などが奪われた事件で、強盗殺人容疑で逮捕、送検された同市亀井野、無職黒部和彦容疑者(42)が、容疑を認める供述を始めたことが四日、藤沢北署特別捜査本部の調べで分かった。

 同容疑者は逮捕された当初は「私は知らない」などと全面的に否認していたが、送検後から「金を奪う目的で押し入り、手足をしばって背中を刺した。その後、現金を奪った」などと容疑を認める供述を始めたという。

 侵入方法についても、「訪問者を装ってチャイムを鳴らして玄関から入った」と供述。小田急線で現場に行き、事件後は徒歩でJR藤沢駅へ向かい、殺害に使用した凶器や奪った財布は「逃走中に捨てた」などと供述しているという。

 また、特捜本部の調べで、同容疑者が二〇〇二年~〇三年にかけて、訪問販売員として小島さん宅を数回訪れていたことも判明した。

 同本部は、引き続き動機などの詳しい調べを進めるとともに、凶器の捜索なども行っていく。

物証に関して別記事ですが、犯人の指紋が現場に残されていたそうです。

投稿: sama | 2008/12/08 03:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉東金市女児殺害事件その10 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その11 »