« 栃木小1殺害事件再考、その21 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その25 »

2008/11/29

元厚生官僚連続殺傷事件その8

まずは続報です。
1)容疑者(46)が所持していた刃物10本のうち、両刃の刃物があることが27日、警視庁の調べで分かった。同庁は極めて殺傷力の高いダガーナイフの疑いもあるとみて調べている。 

2)捜査本部によると、容疑者は取り調べに対し、吹っ切れた様子で「決起なので悔いはない」と話し、反省の言葉は一切ないという。東京・霞が関の警視庁本部に出頭した理由は「注目されるから、警視庁に調べてもらいたかった」と話しているという。
その上で「あだ討ちをやり遂げた。自分はそのために34年間生きてきた」として、達成感を口にしたという。

 出頭前にインターネット接続業者との契約が切れていたが、捜査本部がさいたま市の自宅から押収したノートパソコン内を確認したところ、データがすべて消去されていた。身辺整理をして襲撃に及んだとみられる。

3)「10代から厚生大臣を殺そうと思っていた。大学で勉強し、国を動かしている官僚が悪だと分かり、大人になったら仇を討とうと思った」とも供述。

4)「友達がいなかった」という容疑者。さいたま市のキャバクラを行きつけにしていたが、女性4人を横に置きながら口を開かず、ひたすらウーロン茶を飲み続けた。

 「孤独な感じだった」。接客した女性は振り返る。

さて、だいぶ人物像も分かってきたね。
「決起」か・・・しかし、同時に「仇討ち」とも話しているね。やはり「世直し」の意味も本人は持っていたのかな。

で、今回気になったのが4)です。
なんて言うか、社会人になると「お酒」のお付き合いと言うのは増えてくる。
新年会、花見に忘年会とかの定例の物もあるし、同僚や仲間と憂さを晴らしに飲みに行くこともあるし、恋人と交際すれば食事の時に飲む事もあるでしょう。

その中でもね、職場の付き合いと言うのは面白い物で、酒好きの先輩が後輩を誘って飲みに行って、仕事の愚痴やら説教やら、噂話で盛り上がったりする。
男性社員の場合はそんな先輩に連れられて「女性が接客するお店」を覚えたりする。

話がそれたけど
女性4人を横に置きながら口を開かず、ひたすらウーロン茶を飲み続けた。
これは相当、孤独だったんだろうなと思います。
ようは、そういうお店の楽しみ方を誰からも教えてもらえなかったと言う事じゃないのかな?

秋葉事件の容疑者はネットの書込みを頻繁にしていたけど、こちらの容疑者はそんな話は出てきてないね。
対人関係が極端に苦手だったのかな?

さて、だいぶ前置きが長くなってしまった、今回の本題は「身代わり出頭」の可能性を考えてみたい。

今回の事件で容疑者が犯行を行ったとする証拠があるだろうか?
現場に容疑者が居た事を証明する事はできるかもしれない。毛髪とかその他のDNAとかね。しかし、犯行自体を行ったとする証拠は多分無いと思う。

今の所、微妙なのが2番目の事件の被害者の目撃証言だね。
目前で刺されているので、犯人の顔を見ていれば、この事件を行ったと証明できる証拠となるだろう。
これがはっきりしないと、「誰かの身代わり」と言う説は否定できないと思うな。

とは言え有罪になるだけの「証拠」は十分にあると思うので、後は検察側がどう判断するか?と言う所なのかな。

参考リンク
元厚生官僚連続殺傷事件その7
元厚生官僚連続殺傷事件その9

|

« 栃木小1殺害事件再考、その21 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その25 »

コメント

生類憐れみ。
現在の犬の数は1200万以上のようで、子どもの数かより多いとか。犬が家族と思っている方も少なくはなさそうです。
だからといって・・ではありますが。12月といえば、マッチ売りの少女か赤穂浪士か。
アイスクリーム売りの父を見限って上京した彼が犬を殺した将軍(逆になっちゃった?)に一矢報うことで人生を納得したかったのかどうか。この場合の、人間の最も醜い部分、とは何だったのか。こくりこくり。


投稿: ナガイ | 2008/11/30 06:37

以下の点に注意してみて下さい
スッポン屋で2回とも女性が支払う、上様宛で領収書を
要求。凶器の柄の部分の工夫。スニーカーのサイズが違う。犯行現場から車まで徒歩で1km血痕の付いた状態で歩く?。警察の発表では犯人は右利き。出頭まえにマスコミに連絡してこれ以上の取材はしないように要求。
新たにレンタカーを借り、住民票を持って出頭。
あきらかに、彼は実行犯では無く、実行犯を慕うあわれな中年男性。冷血な実行犯は男心をもてあそぶ悪い人。

投稿: 通りすがり | 2008/12/01 18:06

今回は推理じゃないことを書きます。
いやいや、いつも推理じゃなくて思いつきなんだけど…

この事件に関してはこんな結末を予想していました。もちろん「犬」までは読めないけどね。

実は、某巨大掲示板のほう、事件直後に見ていましたが、ものすごい流れでしたよ。メインのスレッドが20分で埋まる(1000のコメントが集まる)わけです。関連スレッドもあるから、総合すれば、多分10分にのべ1000人が何か書き込んでるわけです…ものすごい反響です。

マスコミが報じている通り、そのほとんどは残念ながら官僚制度に対して批判的内容であり、犯人を義賊とみなすものばかりでした。

しかし、その流れの中で、その流れに反するレスもわずかながらありました。「動機はそんなにたいしたもんじゃないよ」というレス、「捕まったあと、みんながっかりするよ」というレスがなされているのを私は、見て、私もなんとなく、そうかもなぁと思った。

そう思ったのは、そもそも、犯行後の声明がないこと、ネットにも予告めいたものがないことから「劇場型」ではないのかな?と思っていたため。
また、殺害方法にフェティッシュな面がない(これはナガイさんも指摘してました)ことなど。

いや、それより、なんというか、時代の匂いみたいなもんを感じました…

この人(犯人)は、きっと人生上手くいかなくて、ものすごく孤独だったんでしょう。でも、その不如意は「社会」とか「政治」には向けられなかった。確かに、「大学に入って官僚が悪いことがわかった」とは言ってるけど、それは「年金問題」という「誰かと分かち合える怒り」という形には結実しないんだ。どこまでも「孤独」だからね…

結局自分の人生振り返ったとき、唯一実感できたのは、幼かったときの愛犬との別離の悲しみだけだった。その悲しみを怒りに換えて、自分の心一杯に満たして、それを「人生の全部」にして終わっちゃった。

ところが、こういう事件が起きたときに、人々はまさに1000人が10分以内に掲示板に書くほど、良くも悪くも「関心」はあるのに、そうした怒りを「批判」として政治に反映する術を持たない…誰もが不満や怒りをもっていても、人と分かち合い、合法的な正しい主張に至らない…そんな社会。

でもって、一方で犯人はもう「自分一人の孤独な人生のことしか考えられなく」なって犯罪を犯してしまう社会…

これは前にも書いたけど、まだ日本が健康だった(?)ころは犯罪にも「理由」があった。やってはいけないことだけど「それだけの恨みがあったのか~」とか「社会の矛盾がそうさせた」とか…ほんのちょっとでも「同情」が出来る=理解できるところがあった。でもそれはもう過去のこと。

今の犯罪…動機はもう「本人にしか理解できない」ものなってしまった。

だから、「社会を良くして」も防げない、事件が起きても「動機はわからない」。

これって、本当の意味での「恐ろしい社会」じゃない?

投稿: 迷探偵にゃんこ | 2008/12/01 21:47

元同僚がニュースで「(犬の件と厚生労働省を結びつ
けるくらい)そんな馬鹿じゃない、何かあるんだと思
う」とコメントしてましたね。

20年近くの歳月の中で何があったのかは窺い知る事
はできませんが。。。

投稿: ROM専門 | 2008/12/02 12:57

容疑者の行動は大半が金に成る事しかやらない。
だから尚更、何者かに頼まれたのでは?という疑惑が当然浮かぶ。
中野で失敗して埼玉行って、厚生省関係狙いと判ってしまい、馬鹿を演じに自首(出頭)という感じ。
何か調べてはいけない雰囲気を感じるな(笑)。

某掲示板は、思い当たる節のある連中が、大量に工作しているケースがよくあるから。
東金もそうだったでしょ。

投稿: | 2008/12/02 13:18

中野は失敗したから埼玉へ、の推理は当たりです。

投稿: だ | 2008/12/03 14:33

明日にも殺人及び殺人未遂で再逮捕。

投稿: joker | 2008/12/03 18:04

東金ゆきまろちゃん事件、
近所の男を重要参考人で事情聴取

投稿: | 2008/12/06 05:42

彼が出頭した状況が気になります。
整髪をして、身の周りを整理して、新しいレンタカーを
借り、パスポート(住民票)を持って堂々と出頭。まるで、これから楽しい旅行に行くような感じです。彼は刑務所で囚人の中では、一目置かれる存在となり、いままでのくすんだ生活から逃れ、娯楽(映画・読書)付きの健康的な生活を生涯送ることになるでしょう。これが、
本来の目的だったりして。

投稿: 通りすがり | 2008/12/06 17:45

宗教的匂いもありませんかね。チロ、愛していたんですね。そこまでのエネルギーがうまれるのか謎です。犬の毛も部屋にあったみたいですね。
親子関係に疑問です。
チロを保健所に渡した父親をやればいいのでは。官僚が悪いなんて
なんか宗教的悪知恵みたいだなあ。

投稿: | 2008/12/07 18:46

3月30日に判決がでるそうです。
はたして、彼が主犯でしょうか 
彼が公判で述べたことは真実だと思いますが、これは決して
愛犬チロや元厚生相事務次官の事では無く、別の事柄を示していると考えます。皆さんも、考えて見てください。
不可解な点
彼は左利きなのに右利きの人物の仕業 どこから生活費が出ていたのか あらかじめ用意された凶器の防護策 緻密な計画 スッポン屋の謎の人物との会食

投稿: nobuo | 2010/01/13 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木小1殺害事件再考、その21 | トップページ | 千葉東金市女児殺害事件その25 »