« 元厚生官僚連続殺傷事件 | トップページ | ASKAの事件簿運営委員会 »

2008/11/20

元厚生官僚連続殺傷事件その2

続報です。
1)吉原さんの妻(72)が事情聴取に応じ、「犯人は30~40歳で身長165センチ前後、野球帽か作業用帽子をかぶり、作業着の上下だった」と話した。作業着の色は分からない。

2)男は「宅配便です」とインターホンを鳴らした。配達を装うため箱のようなものを手にしており、応対に出た妻の胸を無言でいきなり刺したという。妻は、玄関から外に逃げた。「知らない顔の人だった」と話しているという。

3)警視庁が吉原さん宅の室内を検証した結果、玄関の内側に、吉原さんの印鑑が落ちているのが見つかった。廊下やリビング、台所に土足痕や血痕が残っていた。廊下の壁には血が飛び散り、床に血だまりもあった。物色されたような形跡はなかったという。

警視庁は、現場の状況から、玄関から中にいったん逃げ込んだ妻を、男が刃物を手に室内を一周するように追いかけ回し、外に出たとみている。男は始終無言だったという。

4)さいたま市南区の山口さん(66)宅の隣に住む男性(30)が、埼玉県警浦和署捜査本部の事情聴取に「17日午後6時半から50分ごろ、男のうめき声を聞いた」と証言していることが分かった。

司法解剖で、夫婦の死亡推定時刻は午後5~6時から数時間以内とされ、捜査本部はこの20分間を軸に犯行時間を絞り込み捜査を進めている。

調べでは、男性は17日午後4時ごろから自室で寝ていて「オー」「ワー」という男のうめき声で目を覚ました。

声は10~15秒間続き、間もなく時計を見ると午後6時50分だったという。
男性は「カーテンを開けて外を見たが、人や車もなく、不審な様子はなかった」と話している。
男性の部屋と山口さん宅は約10メートル離れている。

5)元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、さいたま市の山口(66)宅1階屋内から血痕が見つかったことが20日、埼玉県警の調べで分かった。

ダイニング付近にあった2つの財布には、札が入っていなかったという。
山口さん宅と、東京都中野区で吉原さん(76)の妻(72)が刃物で刺された現場の付近に残された靴底は一致せず、県警と警視庁の捜査本部は犯人が履き替えた可能性もあるとみて調べている。

6)さいたま市の山口さんの事件で、調べでは、凶器は片刃の刃物で刃渡りは推定20センチ前後。妻(61)は胸の中心をかなりの力で突き刺され、後頭部も切りつけられていた。
現場検証の結果、台所や居間に血痕が付着した複数の足跡が残されていた。
夫婦は普段着姿で殺害され、遺体が見つかった玄関からは血が建物外側まで流れていた。
捜査関係者によると、傷口の形状や数にもよるが、衣服の上から刺されて多量の血が流れ出るまでは一定時間がかかる。捜査本部は、犯人は遺体から多量の血が玄関内外に流れ出るまで、家の中にとどまり、多量の血のりを踏みながら、ほかの家族がいないか確かめていた可能性もあるとみている。

その後の調べで事件当日の17日午後5時51分ごろ、山口さんの携帯電話から妻の携帯電話に着信した記録があることも新たに分かった。山口さんは私用で外出し、夕方帰宅したらしい。これまでの調べで、妻は同5時38分に近くのショッピングセンターで買い物をしていた。午後7時前ごろには、近所の人が男の叫び声を聞いていた。捜査本部は、電話の後、別々に外出していた夫婦が帰宅し、午後7時ごろまでの約1時間に襲われた可能性が高いとみている。

山口さん方の屋内外からは指紋36個が見つかった。だれのものかを鑑定を進めている。

7)捜査幹部によると、山口さん夫妻が18日朝、殺害されているのが見つかったのは自宅玄関の土間。犯人のものとみられる血の付いた足跡は、玄関から外に続いていたほか、室内の台所、ダイニングルームにかけて見つかった。

台所の食器棚の引き出しが乱雑に開けられたままになるなど物色されたような形跡はあったが、ダイニングテーブルのそばにあった美知子さんのバッグは手付かずのまま放置されていた。

8)山口さん夫妻は刃渡り16センチ以上の片刃の刃物で刺されたとみられているが、2人とも肋骨(ろっこつ)を砕かれ、刃が心臓まで達していたことも、捜査幹部の話でわかった。刃はいずれも下向きだった。県警は、かなり硬い材質の刃物だったとみている。また、司法解剖で、夫妻の死亡推定時刻は「17日夜の比較的早い時間帯」とされた。

捜査幹部によると、ダイニングテーブルには、夕食とみられる数点のおかずが残されていた。台所には、盛りつけ前のご飯とみそ汁があった。県警が夫妻の胃の内容物を分析したところ、2人とも夕食前だったとみられる。

9)山口さん夫妻が殺害された事件で、遺体の近くに印鑑が落ちていたことが19日、埼玉県警の調べで分かった。

10)東京都中野区の元厚生事務次官吉原さん(76)宅で妻(72)が男に刺されるなどして重傷を負った事件で、現場近くで男が声を上げて走り、ワゴン車も走り去る目撃情報があったことが19日、分かった。スライド式ドアが閉まる音の後に車が走りだすのを聞いた人もいたという。

11)調べでは、吉原さんの事件で自宅前から約100メートルにわたって血の付いた足跡が点々と残っていた。

また山口さんの手に刃物での攻撃を防ごうとした傷があり、夫妻が倒れていた周辺の床や壁に血痕があったほか、自宅前の路上には血の付いた足跡が約50メートルにわたって続いていた。足跡は19個見つかり、1種類で、歩幅は1メートル以下だった。

さてと、だいぶ情報が出てきたね。
・・・しかし、1日待ったが犯行声明は出てないね。
世間はこの事件をテロだと大騒ぎだ、犯行声明を出すなら今だと思うのだが・・・

Nステでは「3日ほど前に、埼玉で宅配の制服が盗まれている」とのこと

もしテロならば慎重に犯行を計画していた犯人が犯行声明の内容を考えていないはずが無いと思うのだが・・・

犯行声明はネットを使った掲示板やメールなどを使えば、即日配信される、古風に文章を紙に書いて新聞社やTV局にでも送っている?でも1日あればもう到着していると思うんだけどね。

まだ、判断する材料は無いのだけど、モナムさんのコメントにもあるように、秋葉原の無差別殺傷事件のように実は「誰でも良かった」と言う可能性もあるかな?と感じています。

根拠は無いんですが犯人は「殺害しても良い理由が欲しかった」んじゃないかな?
殺害するのは誰でも良かったが無差別殺人犯と言われるのは避けたい。

そこで、世間を騒がせている事件の関係者を狙った。
ところが、現職の大臣や官僚では警備が厳しく犯行計画は実現不可能だと判断した犯人は退官した官僚の二人を狙った。
本人以外の人間も殺害しているのは、殺害するのが誰でも良かったからだね。

もし、そうだとしたら、厚生官僚だけがターゲットと言うわけではなくなるね。
意外な所で第3の事件が起きるかもしれないので、公官庁関係の人間は注意した方が良いと思います。

もし、テロなら犯行声明を出さないのはまだ、目的が達成されていないからと言うのも考えられるね。

とにかく、世の中にはいろんな考え方をする人がいるわけで、ホントの所は本人に聞かないと分からないかもね。

参考リンク
元厚生官僚連続殺傷事件
元厚生官僚連続殺傷事件その3

|

« 元厚生官僚連続殺傷事件 | トップページ | ASKAの事件簿運営委員会 »

コメント

ASKAさんこんばんは。
いろんな識者の話や事件の概要を含めて、なんとなく自分はテロではないような気がしています。
今回の事件の犯人は自己顕示欲が強く、世間の関心が強い年金問題に対して過去に深く携わった山口さん吉原さんとその家族を狙い、世間を騒がせるのが目的だったのではないかと考えます。
犯人が比較的若いので、年金のエキスパートの方達に直接の恨みがあるとは思えませんしね。
しかし、肋骨を砕いて心臓をひとつきにするとは、よほど強い殺意を抱いていたのでしょうか。かなり冷徹な犯人だと思えます。
ふと、世田谷の一家惨殺事件を思い出し、ゾッとしてしまいました。世田谷の事件は、犯人が物的な証拠をたくさん残しながら、まだ残念なことに犯人逮捕に至っていませんが、今回の事件は一刻も早い犯人逮捕を願います。

投稿: kimera | 2008/11/21 02:13

こんにちは~。
政治家やマスコミが「テロ」って言葉を乱発することに
違和感があります。

投稿: ROM専門 | 2008/11/21 12:51

ただの「勘」なんですが。。。

豊田商事やオウムのときにまるで世論の代弁者の
ように加害者に天誅よろしく暴力行為に及んだの
がいましたが、どうも今回もそういう匂いがする
のですが。。。

投稿: ROM専門 | 2008/11/21 12:54

ぼくもただの「感」なのですが。
なぜあの2軒が選び出されなければならないのか。さっぱりわからんのです。彼が故に庶民の暮らしが次々に破綻し、親は死に追いやられ、妻も友も失ってしまった・・というような恨みを買ったとするなら、それは別のお方でしょう。ご近所の方々ですら誰だかわからんかったという方々を。選び出すに価いしたか。
それが結果的には絶大な効果があったことになります。この計算をどなたがおやりになったのでしょう。

投稿: ナガイ | 2008/11/21 16:48

ROM専門さん、ナガイさんこんばんは。
そうですね。殺害意図としては愉快犯的であり、殺害の対象は、ほんとうは「特定の誰かではない」ような怒りだと思います。
ところが、その一方で誰かが一生懸命「計算」した感じがあります。
計算は計算であって、「政治的な意図」ではない。

そういう奇妙な「意図」が存在するのが今日的な感じです。それが故、マスコミも警察も「妙な肩透かし」を食らっているような…

批判を怖れず敢えて書くなら、某アニメの「個別の…」を思い起こさせます…………

それから、目撃情報に「つばが四角い野球帽」というのがあるようですが、これは通常円弧形のつばをカットした(あるいは、カットしたかのように見せる)ものです。これを犯人が、意識的に選択して着用しているとしたら、年齢は10代~30代前半というとこでしょう。ひさびさのメンズ・ファッション担当でした。

投稿: 迷探偵にゃんこ | 2008/11/21 19:19

この事件には殺害に対するフェチがない。
両刃ナイフや刺身包丁なら。女のストッキング脚に対するフェチのようなものが感じられます。例えですからね。誤解なきように。
ところが。この事件では。何を隠し持ってきたんだか。鈍くさい刃物でしょう。それを刃を下にして(とあります)。何の芸もない。殺害そのものに対するフェチは感じられません。だから?・・・いや、それだけです。

投稿: ナガイ | 2008/11/21 20:02

憂国の志士とか国士を名乗りたいのだと思いますよ。
ただあの二人のつながりと現住所を完全に把握しているので元職員かなーとはおもいます
情報の入手先は週刊現代とかの年金問題批判記事で記事ではないかという噂もあります、戦犯はこいつらだという役人リストみたいなのを掲載してる事がありますからね

投稿: ニセ探偵 | 2008/11/21 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元厚生官僚連続殺傷事件 | トップページ | ASKAの事件簿運営委員会 »