« 神戸西区箱詰め女性殺害事件 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その82 »

2009/01/01

千葉東金市女児殺害事件その30

さて、年末に続報が出てきた。女児と接触した経緯についてだ。

東金署捜査本部の調べに「女の子と話がしたくなり、無理やり自宅に連れてきた」という趣旨の供述をしていることが30日、分かった。

調べでは、容疑者は9月21日午前11時20分ごろ以降に、女児の母親が勤務する病院近くの路上で、女児を連れ去ったとみられる。「両手で抱きかかえて(自宅に)連れていった」とも供述しているという。

って事なんだけど、さりげない報道ですが、これは重要だと思います。

今までの供述で
出会ったのは事件当日が初めてで、「(自宅)マンション近くで何回か会った(顔を合わせた)」。

その過程で、女児が後ろをついてくるようになり、容疑者は「何度も帰るように言った(促した)」とする。帰宅して玄関ドアを開けた際も「後ろにいた」。

女児は自室で本を読み始め、一方で容疑者は「DVDプレーヤーを操作していた」。
その後、外出でかいた汗を流すため、容疑者は1人で風呂に入った。

入浴後。「帰れ」「帰らない」とのやりとりが続き、

「『帰れ』と言ったのに応じなかったし、無視され腹が立った」


カッとして服を着たままの状態で殺すつもりで女児を風呂に沈めた。

動かなくなった後に服を脱がせてタオルで体を拭いた。

と言う事件の流れで女児と接触してから殺害に至る経緯がひっくり返るからです。
つまり、無理やり連れてきた女児が大人しく部屋で「本を読んでいた」なんて事があるとは思えないでしょ?

それを裏付けるように、「女児の毛髪や指紋など自室にいた物証さえも見つかってい」ないという報道もあったな。

これで、取り調べは振り出しに戻ったと言う感じだね。

しかし、「無理やり抱えて連れてきた」のに、誰にも目撃されなかったとは・・・もし誰かに目撃されていれば、この結果は無かったかもしれないね。

|

« 神戸西区箱詰め女性殺害事件 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その82 »

コメント

自供がずいぶんとかわるんですね。核心部分では悪いことをしてしまったという意識があるからなんでしょうか。
無理やりつれていったのにひとりで入浴はないよなあ。

投稿: | 2009/01/01 12:37

確かこの事件の前後に、この容疑者が別の女児を連れ去ろうとしたことがあったという報道がなされてましたよね。女児の腕を引っ張ったとか・・・。
殺された女児が容疑者の後を付いて容疑者宅へ来たという当初の話では、容疑者と一緒に歩いている姿の目撃がなかったのですから、連れ去りという短時間に行われるはずの行為の目撃はさらに難しかったでしょう。
大声を出されないように口を手で塞ぐでしょうし。
容疑者宅へ着き、「帰る」「帰さない」で揉めた後、騒がれたために浴室へ連れ込み、浴槽へ・・・でしょうか。
しかしこの容疑者宅では昼でも浴槽に水が張ってあるんですね。防災対策なのかな?

投稿: hiro | 2009/01/01 15:57

前夜の残り湯かもしれませんね。

遺体の状況と供述内容に矛盾点はありますが、犯行現場を証明できれば起訴はできます。

投稿: joker | 2009/01/01 16:14

いくら普段から人通りが少ない、としても、ショッピングセンター、そしてクリニック周辺での抱え拉致は、、、いやぁ、どうかなですよ。
民家より店があります。公園前通り、公民館通りは、誰か見るですよ。
可能性はクリニックからショッピングセンターに向う途中の一つ目の左折できる、小学校前の道。しかも大型薬局を抜けた先の花屋さんのあたりからなら。目撃されない可能性はあると思いますが、ASKAさんのおっしゃるように、その先の二人が妄想できなくなります。何を話したかったのかは、なんとなく判るんですが。いや、妄想できるのですが。勘弁してほしい、後出しジャンケン供述です。

投稿: ケロ | 2009/01/01 17:37

証言が空想や妄想ばかりな感じですが、
唯一、被害者を持ち運ぶ時のルートが、
目撃証言と一致するという情報発表が何よりの情報救いです。
わざわざ人目を避けて遺棄に歩いた唯一の手掛かり。
後は入室の段階の目撃情報及び物的証拠集め。

目撃証言からの犯行時間の短さから、
室内に入れて直ぐに風呂にドボン、ではないでしょうか。
また容疑者は知的に幼稚性があるようなので、
普通に風呂に入れる為に脱がせた可能性も高そうで、
それにより性的いたずらは否定されるということになります。
そうなると、殺意の程度は非常に低く、あくまで未必の故意を引き出しながらの殺人罪立件でしょうか。
未必の故意があれば過失致死の上の求刑になりますし。

投稿: だからあなたに | 2009/01/01 19:34

彼は何故連れ去ろうとするんだろう。話をしたいのか。
それともわいせつ目的なのか。
○が悪いから目的まで到達しないのか。 殺害が目的じゃなくわいせつ目的でうまくいかず殺した。そんな感じがします。

投稿: | 2009/01/01 22:21

抵抗痕がないからといっても被害者が同意し行動を共にしたとはいいきれないですね。帰さない 帰るもありましたよね、無理やり連れてきたんだから。抵抗できないほど怖かったんだろうな。体もでかいし。
左腕の周りにあった出血のあとというのは誰のなのか。なんだかすっきりしない事件ですね。母親は庇わないで真実を導く努力をしてもらいたい。仕事をやめたあたりからの心の動きや彼の動向や興味や....見えてくるものはあるかもしれない。
家まで連れ去りも成功した例もあったかもしれないし。

投稿: | 2009/01/02 00:14

最後の1行は、それまでに他の子供を部屋に入れたことがあり、その時は大事に至らなかった、という意味でしょうか?(私はそんなこともあったかもしれないな、と思っています。彼の話していることは、他の例…部屋に子供を連れてきて、漫画を見て行ったとか…も混じっているかもしれないな、と)

投稿: おひょい | 2009/01/02 00:51

名無しさん
>母親は庇わないで真実を導く努力をしてもらいたい。
それ以前に、弁護士以外との面会は禁止されてます。

抵抗痕が無い=被害者は水風呂に沈められる時も抵抗してない事になりますが?

千葉県警は被疑者の供述を裏付ける客観的な証拠を出せよ。それに、被疑者の任意に基づいた供述なのか疑わしい。


この案件、被疑者と県警の双方が胡散臭い。

投稿: joker | 2009/01/02 06:26

母親は何か気づいてるかもしれないから、という意味です。自ら話せと言う。
もしかしたら他にも家に女の子を入れたことがあり母親が見ているとか気づいているとかありそうですから。

投稿: | 2009/01/02 09:34

1ヶ月前の週刊朝日の元友達談話では、
日常的行動で勝手に好意を抱いていると妄想しやすく、
普通に一緒に居た時に突然「もう離さないからね」と
物凄い馬鹿力で押さえ込まれて唇に凄い勢いでキスされたと。

普通の力なら解りますが、この情報を参考にすると、
後ろから羽交い締めにして突然顔を水に沈められたら、
抵抗するどころか、水が鼻に入ってしまうと、息が出来ずに身動きが取れません。
何故そう思うかというと、私自身がよく親から折檻を受けて、風呂に頭を沈められていたからです。
泳げない、水が怖い子なら、鼻から水が入って押さえ付けられたら場合によっては恐怖で失神します。
被害者が泳ぐのが大好きだったか、泳げず怖がる子だったかも知りたいところです。

投稿: だか | 2009/01/02 17:19

誰にも気付かれず、
泣き叫んだり暴れたりしようとする5才児を抱えて
アザもほとんど作らせず、
昼時にコンビニ沿いの道を渡り(?)
片手でエレベータボタンを押し、片手でドアノブを。。
事実そうなのかもしれませんが、、う〜ん;

それでももし裁判になったら
「全裸女児を運ぶ男」を見た証人が何才なのか分るなと。
即通報も追跡もしなかった証人は
’若い(15才以下)あるいは知能的に若い’のか
’当時は人形を運んでるんだと思った=よく見えてなかった’のか。
細かいことは報道されないかもだから
傍聴しないとだめでしょうか。

もともと水死の泡沫と窒息死の吐瀉物の区別がつかなかったものだから
胡散臭い事件になってしまったような。。
直に起訴期限ですが、死因は’何’とするんだろう。

投稿: 333分 | 2009/01/05 03:01

今朝の読売に少し記事がありました。

「帰れ」の口論ではなく、「帰らないで」だそうです。
殺害への整合性が少し出てきました。

供述だけが頼りの捜査なんだなぁとつくづく思い、何をしているのでしょうと、またもや矛先が警察に向いてしまいます。

333分さんの仰るように、拉致まがいの連れ去りで抵抗が無いとは思えません。手足を押さえられても「噛む」など必死の抵抗だってあるでしょう。特に小さい子は、最終手段は歯で噛むんです。また自宅へ連れ去る場合の担いでは、背負って、つまりオンブしてなら「不審」さも多少緩和されるでしょうか。
しかし、拉致の裏付けを今頃取っていると報道されても、ここで新証言は更に困惑いたします。

投稿: ケロ | 2009/01/05 08:59

私が覚えている初期報道では、
遺体はそれほど濡れていなかった、
袋に入った衣類も僅かに湿り気がある程度で、濡れた感じではない、という報道。
ある程度長時間風呂水に浸けたという供述だと、少なくとも髪はずぶ濡れのはず。
謎だらけですね。

投稿: | 2009/01/06 09:56

どのように水に浸けたか、が問題になると思います。本当に全身を完全に浸けたのかどうか。
上に「折檻」の経験について書いた方がいらっしゃいますが、被害女児くらいの髪の長さがある場合、髪を鷲掴みにして顔の前面を突っ込むことも考えられますから、その場合だと髪もびしょぬれにはならないかもしれません。

投稿: おひょい | 2009/01/06 17:00

ごめんなさい、上の続きです。
横抱きにして、どぼんと投げ込む、上から抑え込んで全身を浸ける、ということなら、全身がびしょぬれだと思うのです。
しかし、脇に手を入れた形で持ち上げてお風呂に入れる、子供は足も立ちますし、暴れて出ようとする、髪を鷲掴みにして顔を突っ込む、ぐったりしたので出す、という形だったら、あまり濡れていない部分もできそうな気がします。

投稿: おひょい | 2009/01/06 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神戸西区箱詰め女性殺害事件 | トップページ | 世田谷一家殺人事件再考その82 »