« 世田谷一家殺人事件再考その83 | トップページ | 千葉市川市父親刺殺事件 »

2009/01/05

東京府中ホームレス殺害事件その5

続報です。
1)東名高速高架下で1月2日、ホームレス男性が殺害された事件で、男性は住所不定、無職、71歳男性であることが5日、警視庁の調べで判明した。司法解剖の結果、死因は頭部打撲による頭蓋内損傷だったことが分かっている。

2)東京都国立市で昨年6月、ホームレス男性(64)が頭を殴られ負傷した事件で、容疑者(殺人未遂容疑で逮捕)が警視庁府中署捜査本部の調べに対し「ホームレスを襲って、殴った」と容疑を認める供述をしていることが5日、分かった。

逮捕直後は「逮捕状に書かれていることはめちゃくちゃだ。現場には行ったことないし、知らない」と否認していたが、徐々に態度を軟化させ始めているといい、捜査本部でさらに犯行動機を追及する。

容疑者が入所する知的障害者施設の関係者によると、容疑者は深夜から未明にかけて、施設を抜け出して自転車で走り回ることが何度もあったという。

3)今年1月には容疑者は元日に父親に会いに行ったが、2日に施設に戻り、職員に「お父さんがどうしようもない。怒るから帰ってきた」と説明した。その後、自転車で世田谷区の現場付近まで行ったのを捜査員が確認。容疑者の部屋からは血の付いたシャツやジャンパーなどが押収されている。

4)容疑者の自宅から押収された血のついたジャンパーの色や形状が、今月2日、世田谷区でホームレス男性の他殺体が見つかった現場近くで同容疑者が着ていたものと酷似していることも判明。同庁は、国立事件についてさらに追及するとともに、世田谷事件についても、押収したジャンパーに付いた血痕のDNA鑑定を進めるなど、同容疑者との関連の有無を調べている。

5)容疑者は逮捕直後、国立事件の現場に行ったことも含め逮捕容疑を否認していたが、取調官から、現場近くの防犯カメラに鉄パイプを積んだ自転車に乗った同容疑者似の男が映っていたことを告げられると、「映っているなら私でしょう」と現場に出向いたことを認め始めたという。

6)4日午前、容疑者を東京地検八王子支部に送検した。

7)容疑者(36)の自宅から押収された血のついたジャンパーの色や形状が、今月2日、世田谷区でホームレスが殺害された事件の現場近くで捜査員が見失った際に、容疑者が着ていたものと酷似していることがわかった。

別の報道では
今月2日、容疑者(36)が、フェンスで囲まれた遺体発見現場に侵入していたことが4日、警視庁府中署捜査本部の調べで分かった。追跡中の捜査員が確認したという。
その際に同容疑者が着ていたジャンパーと、部屋から見つかった血が付着したジャンパーが類似しており、捜査本部は鑑定をして調べる。

こんな所ですね。
凶器やジャンパーからDNAが出て本人の指紋などが出てくればカタイかな。
特にホームレスを襲った動機が知りたいね。

続報を待ちましょう。 

|

« 世田谷一家殺人事件再考その83 | トップページ | 千葉市川市父親刺殺事件 »

コメント

被害者DNAほぼ一致!東名高架下の件、挙がりましたね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090106-00000084-jij-soci
多摩市の容疑者だから国立・府中や調布なら分るんですが
なぜ世田谷にまで??
帰省から帰った日の犯行だから実家が世田谷方面なんでしょうか?

世田谷が犯行圏内の典型的無秩序犯なら
容疑者のDNAと指紋の採取必須。
自転車での長距離移動を苦にしない容疑者。
過去にバイクとか乗ってたんじゃないかな、とか。

投稿: 333分 | 2009/01/07 00:54

ヒトツ覚えと集中力。
誰にでもあることですし、何事にも必要なことであります。
しかし。度というものもあります。誰でもかどうかは知りませんが、ま、トイレに入れば手を洗うことになっています。もし手洗いが無ければ。あるいは水が出なければ。手を洗えないからトイレにはガンとして入らず、結果として・・・という人は少ないでしょう。それが強固なヒトツ覚えとなると。結果はご想像にお任せ致します。
同様に並外れた集中力もあります。努力による集中力とは違い、天与の集中力なのでしょう。
そのへんのことを考えてコクリコクリの今日この頃です。

投稿: ナガイ | 2009/01/07 01:59

相変わらず含蓄深すぎるナガイさんのお言葉。
理解が及んでいるかどうか不安になります。
犯人のことを言っているんだろうな〜と思いつつ。。

念のため。
ホームレス殺害犯と世田谷一家犯を繋げたのは
念のため、です。
住んでいる国で再犯するタイプだと思ったので。

投稿: 333分 | 2009/01/07 05:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺人事件再考その83 | トップページ | 千葉市川市父親刺殺事件 »