« 東京府中ホームレス殺害事件その5 | トップページ | 東京府中ホームレス殺害事件その6 »

2009/01/08

千葉市川市父親刺殺事件

1月8日午前6時20分ごろ、千葉県市川市欠真間(かけまま)のアパートから「おやじの背中を刺した」と男が119番通報する事件が起きている。

県警行徳署員が駆けつけたところ、自宅台所で父親(54)が血を流して倒れており、通信制高校1年の次男(17)が刺したことを認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

父親は近くの病院に運ばれたが約1時間後に死亡した。
同署によると、次男は「ひきこもりを打開したかったので、おやじを刺した」と供述している。

同署によると、父親は8年前に離婚し、次男と2人暮らしだった。
署員が駆けつけた際、父親は既に意識がなく、次男は玄関付近で震えていたという。
台所に、折れた包丁の柄が置かれていた。

次男は「数カ月前から自宅にひきこもっていた。おやじが洗面中に、台所にあった包丁で背中から刺した」と供述し、興奮状態だが、取り調べには応じているという。

どうして、父親を殺害する事で引きこもりを打開できるのか?
ここがポイントだね。

続報を待ちましょう。

09/01/09追記
父親(54)が次男で通信制高校1年の少年(17)に刺殺された事件の前日、インターネットの掲示板サイトに、「愛する父を殺そうと思っています」とする内容の書き込みがあったことが9日、分かった。行徳署は少年本人が書いた可能性があるとみて調べている。

書き込みは7日早朝にあり、別の人物とみられる書き込みに対し「止めようとしてくれているって考えて良いのかな。ちょっと嬉しい」と感想を述べた書き込みもあった。

この掲示板には、昨年7、8月にも少年とみられる複数の書き込みがあった。
7月の書き込みは「自殺衝動を感じた。駅に身投げしかけた」なんて内容らしい。
多い日は数十件に上り、父親への感情や自殺願望などが書かれていた。

|

« 東京府中ホームレス殺害事件その5 | トップページ | 東京府中ホームレス殺害事件その6 »

コメント

なぜなのか知りたいわ

投稿: なんでしょ | 2009/01/08 22:45

市川の真間は知っていましたが(いや、中山に通ったわけではないですよ)。
欠真間ってのは、どこだ。と探してみたら。全国版で一言で言えば、浦安の東京ディズニーリゾートの方。東京・千葉で言えば野鳥の楽園。鉄道で言えば東西線南行徳。7号小松川線で言えば一之江ランプ。川で言えば旧江戸川。へえ、知らんかったです。で、欠真間とは。
真間は土手の意味で、土手が欠けたってことみたいです。今はボート置き場かな。

投稿: ナガイ | 2009/01/08 23:36

以前、周辺地域に住んでました。
この辺りはほんのワンブロックで町名(?)が違ったりしてニュースになってもピンとこられないかもしれませんが、近隣は偽装建築士さんのお住まいがあったり、英会話講師が殺されたり(犯人逃走中ですね)。少し前にはなりますが犯行時未成年の犯人に死刑判決が出た事件があったりとあまり芳しくない方面にニギヤかなところな印象が。極端に荒れてるってわけでもないですが。

投稿: 鉄筋家族 | 2009/01/09 01:35

真間、菅野、中山のお寺周辺は、画家や音楽家、リッチな経営者が住んでいたり、わりと落ち着いた地域ですよね。
欠真間…私も今回初めて知りました。

投稿: おや? | 2009/01/09 03:23

羽田へ着陸する航空機がゆっくり高度を下げる。首都高を走る車の光の列。陽が当たらない線路際のフラット。そのあたりでの母恋吹雪なのかなあ。

少年に酔って管巻かれなくても親父との二人暮らしはちょっとしんどいなあ。少女がいつも酔っている母親と二人暮らししても同じでしょうけど。だからといって、少年少女が一人暮らしというわけにもいかないだろうし。

投稿: ナガイ | 2009/01/10 03:45

JR岡山駅のホーム事件
これって、 eduon.jp/newsによると、

>殺人と銃刀法違反の非行事実で家裁送致された大阪府大東市の少年岡山地検の簡易精神鑑定で広汎性発達障害の一つである「アスペルガー症候群」と診断された。

ということだった……
これって、どういうことなんだろ。


投稿: ナガイ | 2009/01/10 04:59

それでもって、また。

>狭山市に住む高校生の男子生徒(17)。
10日午前2時ごろ、自宅で寝ていた父親(57)の頭などを刃物で 刺した疑い。男子生徒と父親は2人暮らし。

やっぱり、父子の二人暮らしは問題だなあ。母娘は友だちになっちゃえるんだろうけど、男はそうはいかないしねえ。コーチと選手や師弟のような間柄ならやっていけるかもだけど、年齢が違うだけで内側では同じようなことを悩んでいる二人の男じゃねえ……

投稿: ナガイ | 2009/01/10 16:54

狭山市10日未明高1男子生徒(17)が父親(57)を刺した事件の方。

>「父が(引きこもりがちな)自分の面倒をみることが大変だと思い刺した」「大変なことをしてしまった」と、泣きながら。
>男子生徒は次男。近所によると、母親は次男が小学校入学前に病死。父親が大学生の長男と次男を育てる。
次男は中学時代、陸上部。成績優秀。が、1志の高校受験失敗。県内私立高に入学。が、なじめず。引きこもりがちに。
父親は「(次男が)自殺してしまうのではないか」と心配。次男の体調が悪い時は、会社を休んで面倒をみていたという。

女の子だと増せていて「おとーさん、だらしない!」などと切り盛りしちゃうんだけど。倅はだめだなあ。忸怩としながら結局はお父さんに頼るんだよね。いっそ家を出て町のチンピラの子分にでもなれば、かなあ。
こういう父子家庭はたくさんあるはずで。なにか藁がないものでしょうかねえ。

投稿: ナガイ | 2009/01/11 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京府中ホームレス殺害事件その5 | トップページ | 東京府中ホームレス殺害事件その6 »