« 甲府市朝気児童変死事件 | トップページ | 滋賀園児殺害事件の謎!その10 »

2009/02/19

沖縄北中城村主婦殺害事件

2月17日午後10時頃、沖縄県北中城(なかぐすく)村島袋(しまぶく)の米軍基地男性従業員(45)から「自宅2階のクローゼット内で妻が死んでいる」と110番通報する事件が起きている。

県警沖縄署が調べたところ、首に絞められた跡があり、殺人事件として同署に捜査本部を設置した。遺体は腐敗しており、従業員の妻(46)とみて確認を急いでいる。妻と同居する高校生の長女(15)の行方が分からなくなっているという。

発表によると、従業員方は2階建ての2世帯住宅。1階に従業員と父親(78)、2階に妻と長女が別居状態で暮らしていた。2階には2部屋あり、遺体は妻の部屋のクローゼット(2メートル四方)内に服を着た状態で横たわり、衣類で隠されていた。首にはひも状のものが巻き付いていた。

従業員は1月27日、「妻が1月11日に『長女と一緒に親類の家に行く』と娘の携帯電話でメールを送ってきたが、その後、連絡が取れなくなった。その頃、長女もいなくなった」として同署に家出人捜索願を出していた。

従業員は妻の失跡後、2階で妻が飼っていた猫に餌を与えるため、2、3日ごとに2階を訪れていた。17日も2階に向かい、異臭がしたためクローゼットを開けて遺体を見つけたという。

夫婦は少なくとも数年前から家庭内別居状態で、1階廊下に荷物を積み、屋内で1、2階間の行き来ができないようにしていた。出入りには妻と長女が玄関を使い、従業員と父は1階居間の窓を使っていたという。

現場は沖縄市中心部の南約1.6キロの古くからの住宅地

少々変わった家庭のようですが・・・続報を待ちましょう。

09/02/20追記
県警沖縄署は19日夜、行方不明になっていた女性の長女(15)=高校1年=が、沖縄市内のホテルで男性と一緒にいるのを見つけ、保護した。沖縄署は長女が事件について何らかの事情を知っている可能性もあるとみて話を聞いている。また、一緒にいた男性からも事情を聴いている。

09/02/21追記
県警は21日、沖縄市内で保護した高校生の長女(15)を死体遺棄容疑で逮捕した。

遺体は同日、DNA鑑定で妻と判明した。発表によると、長女は1月中旬から2月上旬の間に、自宅2階のクローゼット内に遺体を入れ、衣類で隠すなどして遺棄した疑い。

容疑を認めており、「2階の部屋で死んでいる母を見て、怖くなって、(遺体を)クローゼットへ隠した」と供述している。

09/02/22追記
20日、任意で事情を聴いたところ、長女は「母は自分で自分の首を絞めた」と話したという。また、捜査関係者によると、長女は1月中旬、周囲に「母は交通事故で亡くなった」と話していたという。

09/03/13追記
沖縄署は13日午前、死体遺棄容疑で逮捕した長女(16)が殺害に関与したと判断し、殺人容疑で再逮捕した。

|

« 甲府市朝気児童変死事件 | トップページ | 滋賀園児殺害事件の謎!その10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 甲府市朝気児童変死事件 | トップページ | 滋賀園児殺害事件の謎!その10 »