« 新潟県男児置き去り事件 | トップページ | 青森母子放火殺人事件その8 »

2009/03/28

愛知中1「流産させる会」事件

愛知県半田市の市立中学校で、1年生の男子生徒11人が、担任で妊娠中の女性教諭を「流産させる会」をつくり、この女性教諭の給食に異物を混ぜるなど悪質な嫌がらせを繰り返す事件が起きていた。

同市教育委員会によると、嫌がらせを受けたのは30歳代の女性教諭で、当時は妊娠5か月~6か月。
11人の生徒は席替えに対する不満や、部活動で注意されたことの腹いせに、1月末頃から、チョークの粉などを女性教諭の車に付けたり、椅子の背もたれのネジを緩めて転倒させようとしたりするなどしていた。

2月4日には、殺菌や食品添加物などに使われるミョウバンを、理科の実験の際に持ち帰り、教諭の給食のミートソースに混入
女性教諭は気付かずに食べたが異常はなかった。
嫌がらせを見かねた生徒たちが、別の教諭に知らせて発覚した

同校は同月下旬、関与した生徒と保護者を呼んで注意したようだ。
生徒は反省の態度を示しているという。女性教諭は4月から産休に入る予定との事。

陰湿で酷い事件だ。中1だから、子供だからで許される事ではないとも思うが・・・
もし本当に流産していたらどうするつもりだったのか?

10年後、20年後に自分の子供を妻が妊娠した時、子供を産むと言う事がどういう事なのか?この事件を思い出してみる事だね。
もっともその頃にはすっかり忘れているかもしれないが・・・

この事件の救いは他の生徒が見てみぬ振りをしなかった事だね。

最後にこの教諭が丈夫な赤ちゃんを無事に出産する事を心から祈ります。

|

« 新潟県男児置き去り事件 | トップページ | 青森母子放火殺人事件その8 »

コメント

この件、正直、これで済ませていいのかという気持がしますね。中学生の嫌がらせ行動は、れっきとした犯罪、暴行にあたります。反省と言っても口先だけかもしれませんしね。他の生徒が発言しなかったら、嫌がらせは、さらに続いていた可能性が高いし、胎児に影響ないなんて言いきれません。模倣犯が現れる懸念もあります。
もっと厳しい措置が必要と考える事件です。

投稿: ヒロシ | 2009/03/29 09:55

こどもといって、いじめ 、犯罪、差別とひとくくりにしないでこどもたちにキチッとした態度で大人はのぞむべきですよね。犯罪は犯罪。軽い気持ちですまされることでないことを。本気で怒られないで育つこどもは 将来かわいそうです。

投稿: りな | 2009/03/30 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新潟県男児置き去り事件 | トップページ | 青森母子放火殺人事件その8 »