« 東京都台東区社長殺害事件その3 | トップページ | 香川3人不明事件その12 »

2009/03/09

東京杉並区祖母浴槽放置死事件

3月7日午後1時半ごろ、自宅1階の風呂場で祖母(92)を風呂に入れ、1人では浴槽から出ることができないのを知りながら約3時間半放置し死なせる事件が起きてる。

容疑者は「就職活動もうまくいかず介護にも嫌気がさした」と容疑を認めている。

同日午後5時ごろ、2階から下りてきた容疑者(23)が浴槽内でぐったりしている祖母を発見し119番。祖母は病院に搬送されたが死亡した。

容疑者は祖母と50代の母親と3人暮らし。2日に1回、容疑者と母親のどちらかが祖母を風呂に入れていた。母親は、1階の理髪店で勤務中だったようだ。

人間追い詰められると、「それをしても良い理由」を自分で作ってしまうんだけどさ。
でも、だからと言って「他の誰かを苦しめたり死なせたりして良い理由」なんてまず無いんだよね。例外として認められるのは「カルネアデスの船板」ぐらいだろうね。

ストレスのゆがみが一番弱い人間に向いてしまったと言う事かな。

|

« 東京都台東区社長殺害事件その3 | トップページ | 香川3人不明事件その12 »

コメント

難しい事件ですね。ASKAさんも何の容疑かをお書きになっていない。
別の観点から意見を記させてください。なぜ介護サービスを依頼しなかったのか。これに尽きるとぼくは思います。
いろいろな考えや事情はあった、と。しかし、介護が必要な高齢者には迷わず介護サービス利用をつけないと、こういうことになってしまう。と、思っても思いすぎではない。いや、思わなきゃいけないかも。
今の高齢者は家長的な気位があって老いても子に指図します。その一方で今日の(社会の)状況を理解することなどは到底無理。(テレビに出てくる元気じーさんばーさんなどは一側面の紹介に過ぎないでしょう。たとえ、著名人でも)。あっさりそう考えてしまわないと、問題はずるずる。いつか訪れる不幸の確率はどんどん上昇。ついには孫まで巻き込んでしまうわけです。そして、そのことを悩み続けなければならない哀しさ。
田舎町に行けば、どこの家だってヘルパーが出入りしてます。あるいは施設で介護を受けています。それを親不孝だという人はいないですよ。家族全員で働かなければ生きていけませんから。

投稿: ナガイ | 2009/03/09 03:18

介護サービスつかってほしかった

今時介護手伝う孫なんか貴重
いくら仕事してないからって

しかもばあちゃん家の人忙しいのに風呂入りすぎ
金もらっていても介護はストレスたまりますよお

投稿: | 2009/03/18 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都台東区社長殺害事件その3 | トップページ | 香川3人不明事件その12 »