« 栃木那須塩原男性殺害事件 | トップページ | 日立有機溶剤死亡事故 »

2009/04/23

大阪西淀川区女児遺体遺棄事件

大阪で9歳の女児が行方不明になる事件が起きている。

女児の母親は今月7日深夜、女児が帰宅しないとして西淀川署に捜索願を提出した。
母親の説明によると7日午前9時ごろ、女児に「勉強しなさい」と強くしかり、その後に同居男性とその息子(6)の入学式に出かけたが、3時間半後に帰宅した際にはすでに女児の姿はなかったと話していた。

女児が通う小学校によると、女児は体調が悪いとして3月11日から欠席。同月24日の終業式も出席しなかった。担任が数回電話をかけ、面談も希望したが同居男性から「面倒がみれないので和歌山の親類宅に預けた」「忙しい」などと断られていたようだ。

一方で、母親の府警に対する説明では、女児が学校を欠席している間、「家から一度も出ていない」と話すなど、小学校への説明と矛盾していたことが判明した。
府警が女児の足取りを調べていたところ、小学校を欠席した3月11日以降、家族以外に女児を見かけたとの有力な証言が周囲から得られなかったとの事。

大阪府警は23日、母親(34)と同居男性(38)、知人男性(41)の3人から保護責任者遺棄容疑で任意で事情聴取。同居男性が「女児の遺体を奈良県に埋めた」と供述したことから、府警は死体遺棄容疑で逮捕状を請求するとともに、供述に基づき奈良市内で捜索を始めた。

さて、この事件の報道で行方不明が続いていた時、色々な可能性を考えていた。
どうして発見されないのか?生存していて姿を隠す事が9歳の子供に可能だろうか?
短時間なら隠れる事もできるかもしれないが、何日も続けてとなると難しいよね。
食べる物、寝る所など必要な物はたくさんあるからね。

そこで、考えていたのが大人と一緒にいるのではないか?本人の同意の上かどうかはわからないけどね。

しかし、どうやら事態はもっと酷い事になりそうな気配だ。
これからの捜査で真相が明らかにされる事に期待しましょう。

|

« 栃木那須塩原男性殺害事件 | トップページ | 日立有機溶剤死亡事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栃木那須塩原男性殺害事件 | トップページ | 日立有機溶剤死亡事故 »