« 通話履歴保存延長 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その84 »

2009/04/28

東京足立区女児熱湯風呂事件

警視庁少年事件課と綾瀬署は2歳4カ月の長女を熱湯につけて重症のやけどを負わせたとして、無職の母親(19)と母親の知人の少女(19)=いずれも東京都足立区=を傷害容疑で逮捕する事件が発生している。(発表は4月28日)

同課によると、母親は「食事を食べないことにいら立ち、タレントが熱湯に入って我慢するテレビのように懲らしめようと思った。申し訳ないことをした」と供述しているという。

少年事件課によると、生後8カ月の長男も頭にけがをして2月に入院しており、母親らが日常的に虐待していた疑いがあるとみて調べている。

逮捕容疑は、3月12日午後5時ごろ、母親の自宅で、熱湯を注いだベビーバスに長女を入れ、両足に全治2カ月のやけどを負わせたとしている

母親らは長女がシューマイを熱がって口から出す姿が、お笑い芸人のコントのように見えて面白がり、懲らしめようとしたという。

母親らは長女を病院に連れて行き、「ラーメンのつゆがかかった」などとうそをついたが、虐待を疑った病院が児童相談所に通告したとの事。

昔から子供が子供を育てられるか?なんて言うけどね・・・
テレビとかのメディアのあり方も考えた方が良いかもしれないが・・・どうなんだろうね。

しかし、同じ事件なのに報道の内容がだいぶ違うね。
携帯に配信されたニュースでは動機を「熱湯風呂に女児を入れたらどう反応するか見て見たかった」とか書かれたいたと思う。
それを見た時はちょっと唖然としたんですが・・・今回紹介の報道の方が信憑性あるよね。

|

« 通話履歴保存延長 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その84 »

コメント

どうしようもなく、やりきれない事件が続きますです。

2歳4か月。月齢まではっきりしていると、どれくらい
あどけないか、また可愛いさが解るので尚更です。
私も息子と娘の沐浴、入浴をしました。現在でも小さい娘との入浴が楽しみです。

なので、、こんな事件は大変きついです。

人はどこまで「鬼畜」になるのでしょう。

東金の事件のときも少し「虐待なのか?」だったんですが、謎が多く遺体も全裸という状態だけだったので。

大阪西淀川の事件は「虐待殺人事件」であります。
そして、この熱湯事件は「虐待殺人未遂事件」であります。
「母親らは長女がシューマイを熱がって口から出す姿が、お笑い芸人のコントのように見えて面白がり、懲らしめようとしたという。」
これは、人の親なら「ありえない」。
では、この若すぎる母親はなんなのか?

だれか答えを教えてください。

ASKAさん、ご無沙汰しております。
ほとんど毎日覗かせていただいております。
他の興味ある事件の進捗が無さすぎて、いろいろと止まっております。

投稿: ケロ | 2009/04/30 18:29

ケロさん、こんばんは
そうですね、私のたどり着いた答えなんですが…
児童虐待に限らず、犯罪の加害者にとって被害者は
「人間ではなく、生き物でもない、人の形をした人形」なんじゃないかな?

としばらく前から考えるようになりました。
そうでなければ、こんな酷い事はできないのはないかと思っています。
だけど、どうしてそうなるのか?が分かりません。

いつか私もその理由が知りたいと思います。

投稿: ASKA | 2009/05/01 01:16

この犯人が私の中学の同級生です

彼女は前にも一回薬物(?)の売買で捕まったことがあります

やはり人間はかわらないのでしょうか

投稿: まとも | 2009/05/15 01:12

人を人形のように殺す若年層
←現実が面白くないのでゲーム等バーチャルへ傾倒し現実感を失ってゆく子供たち
←ケンカ(=人と分かり合うこと)を禁止する無能な教育機関
←過保護なモンスターペアレンツ
←子育てに金がかかる故の少子化・高齢初産が普通になった社会
←自由資本主義を嗜好する人間の性。。。。。。って気がしています。

プロファイラの桐生氏が「誤解をおそれずに言えば、校内暴力を禁止したことが
凶悪犯罪の低年齢化の一因ではないか」的なことを言ってました。
私は幼稚園内暴力が禁止される風潮こそ問題だと感じています。
乳幼児は肉弾の反応で相手が生き物なのか無機物なのかを理解する。
だからお母さんのほっぺや髪の毛を引っ張る。とすれば
思いきりケンカしても相手を殺せないことが多い幼児のうちに
他人もまた怒り痛がり死をおそれる自分と同じ愛おしい人間なのだと
知る機会を欲しているのでは。
それを禁止すれば、子供の攻撃性が向かうのは陰湿な集団イジメやバーチャル世界しかない。
とはいえモンスターペアレンツの気持ちも分からないではない。。

デッドエンドに向かうのが’人間の性’なら
私事ながら終焉までの間、せめて楽しいことをしていたいなと。
最近の楽しみは自分より好きな人のために無駄な努力をしつつ
そのそばで生きて死ぬことぐらいですが。

投稿: 333分 | 2009/05/24 03:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通話履歴保存延長 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その84 »