« 中央大学教授刺殺事件その8 | トップページ | 大阪西淀川区女児遺体遺棄事件 »

2009/04/20

栃木那須塩原男性殺害事件

4月18日午前11時45分ごろ、栃木県那須塩原市四区町の「柳井牧場」で、牧場の社長(42)が「牧場の肥だめにシートが浮いており、中から人の指のようなものが見える」と県警那須塩原署に通報する事件が起きている。

署員らがブルーシートを引き上げたところ、男性の遺体がくるまれていた。複数の刺し傷があり、県警は殺人事件とみて同署に捜査本部を設置したとの事。

県警捜査1課によると、遺体の胸部を中心に数カ所の刺し傷があり、一部が白骨化していた。
遺体は
身長約170センチの成人とみられる
着衣はジャンパーとズボン。
所持品は見つかっていない。
従業員は1月下旬からブルーシートが浮いていたと話しているらしい。

県警那須塩原署捜査本部は19日、男性は20~30歳くらいで、死後1カ月程度とみられると発表した。

捜査本部によると、司法解剖の結果、男性の遺体には胸と左腕に2カ所ずつ、刃物による刺し傷と切り傷があった。胸の傷は心臓まで達しており、失血死とみられる。凶器は発見されていないようだ。

肥だめは牛舎の近くにあり、乳牛の排せつ物を入れている。縦・横約4メートルの正方形で深さは推定1~1.5メートル。
牧場は東北自動車道西那須野塩原インターチェンジ(IC)の南西約1キロにあり、畑に囲まれて付近に民家は少なく、柵もないため自由に出入りできるという。

現場の航空写真

・・・たしかに、目立たない場所かもしれないし、臭気なども周囲の臭気で消されてしまい、場所としては悪くは無いかもしれないが・・・
でも、従業員などにしてみれば職場の一部なわけで、気付く事もあるだろう。
「シートに包んでただ捨てただけ」と見れば、これ以上簡単な遺棄方法もないだろうな。

私としては、広い牧場の敷地の中で小さな「ため池」に遺体を遺棄したのが「偶然か?」「必然か?」と言う所が気になるね。

歯型などから被害者の身元は時期に判明するでしょう。身元が判明しないとちと厳しい事件になりそうだけどね。

捜査の進展に期待しましょう。

09/04/21追記
那須塩原署捜査本部は20日朝から、約20人体制で引き続き現場検証と付近の捜索を行った。捜索は日没まで行われたが、凶器や所持品など新たな発見はなかった。
捜査本部によると、遺体には虫歯はあったが治療痕はなかった。複数の指紋も採取できたが、腐敗の影響で鑑定には時間が掛かるという。

20から30代で虫歯があるのに、虫歯の治療をしていないなんてちょっと想像できないんだけど・・・
外国人の可能性も疑うべきかもしれないね。

09/04/29追記
県警那須塩原署捜査本部は29日、死亡したのは中国籍で千葉県御宿町久保のマッサージ業、30歳と発表した。DNA鑑定などで分かったという。

09/04/30追記
栃木県警は29日、出入国管理法違反の疑いで、中国籍で住所不定、無職、男性容疑者(25)を逮捕した。

県警によると、容疑者は事件のあった牧場に勤務していたが、昨年11月ごろに失踪。被害者のマッサージ店で働いたこともあるといい、詳しい事情を聴いている。

容疑者の逮捕容疑は、在留期間を5年過ぎたにもかかわらず、更新せずに不法に日本に在留した疑い。

遺棄現場と被害者のどちらにも接点のある人物ね・・・遺棄されてから発見までにかなり時間が経過してしまっているけど、殺害現場が千葉ならば遺体の運搬には車を使ったと思う。
Nシステムの記録はどのぐらい保存されているのかな?
捜査の進展に期待しましょう。

09/05/01追記
那須塩原署捜査本部は1日、死体遺棄の疑いで、中国籍の広島市西区井口、整体師、容疑者(25)=入管難民法違反容疑で逮捕=を再逮捕した。

捜査本部の調べによると、容疑者は3月上旬、被害者の遺体を自宅から車で運び、ため池に遺棄した疑い。県警は、被害者殺害の経緯についても事情を知っているとみている。容疑者と被害者は同じ職場で働いていたことがある。

09/05/03追記
死体遺棄容疑で逮捕した元牧場従業員で中国籍の容疑者(25)=広島市西区井口3=を同容疑で宇都宮地検に送検した。同容疑者は調べに対し「ビニールシートとひもは殺害後購入した」と供述しているといい、計画性があったかどうかについても調べている。
捜査本部によると、容疑者はブルーシートで遺体を包み、ひもで縛った後、車の助手席に乗せ運搬したという。容疑者の乗用車の助手席や足元からは、被害者のものとみられる血痕が複数確認されている。また、同容疑者は「言い争いになり刺した」などと話し、被害者殺害もほのめかしているという。

09/05/11追記
栃木県警那須塩原署捜査本部は11日、死体遺棄容疑で1日に逮捕した同国籍の広島市西区井口3、元牧場従業員、男性容疑者(25)を殺人容疑で再逮捕した。捜査本部によると、容疑を認めているという。

逮捕容疑は3月上旬ごろ、御宿町の被害者方で、台所にあった文化包丁で戴さんの胸などを刺し、失血死させたとしている。

捜査本部によると、容疑者は被害者の店で働いていた2月上旬、同町内で被害者の車を運転中、民家の塀に衝突する事故を起こした。被害者が事故の被害者に数十万円を弁償したが、容疑者は金の返済をめぐって殺害された被害者と口論になり、殺害したらしい。

|

« 中央大学教授刺殺事件その8 | トップページ | 大阪西淀川区女児遺体遺棄事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中央大学教授刺殺事件その8 | トップページ | 大阪西淀川区女児遺体遺棄事件 »