« 大阪西淀川区女児遺体遺棄事件 | トップページ | 大阪西淀川区女児遺体遺棄事件その2 »

2009/04/24

日立有機溶剤死亡事故

4月23日午後1時45分頃、山口県下松市東豊井の日立製作所笠戸事業所から「有機溶剤を吸った2人が倒れて意識がない」と119番する事故が起きている。
(正確には日立製作所関連会社「日立プラントテクノロジー」(本社東京))

男性作業員3人が同市内の病院に搬送され、1人が死亡した。2人は意識があるという。

県警下松署の発表によると、3人は太陽電池の原料を貯蔵するタンク(直径7メートル、長さ14メートル)内で内壁の清掃中だった。

倒れたのは同社の協力会社社員。

ちょっと良く分からないね。
清掃中で「有機溶剤を吸った」事で酸欠や急性中毒等で倒れたと言う事なのかな?
貯蔵タンクの中だから、密閉された空間だった事は作業者も作業を発注した側も知っていたはずだよね?

密閉された空間で有機溶剤を使う為にはどうすれば良いか?なんて事は当然作業手順書などに書かれていたと思うのだが・・・何があったのかな?

|

« 大阪西淀川区女児遺体遺棄事件 | トップページ | 大阪西淀川区女児遺体遺棄事件その2 »

コメント

死亡したのは多分協力会社という名の低賃金でこき使われる派遣社員ですよ、彼らが怪我しようが死のうが依頼元は直接は関係ありませんしおそらく叩けばいくらでも安全管理や労働基準違反が山ほど出てきますよ。

投稿: ニセ探偵 | 2009/04/27 01:35

そうですね

ただ、作業員は自分の命なので、最初から何の手当ても無しに作業を始めたとは思えないんですよね。
作業が初めてで危険を予知出来なかった可能性もあると思いますが・・・

私が思うに作業開始時には換気装置が動いていたが、なんらかの理由で作業途中で換気装置が止まってしまったんじゃないのかな?と疑っています。

投稿: ASKA | 2009/04/27 23:31

ぼくは必ずしも作業側に加担しません。だからといって、作業側を無謀だというわけではないのですが。
簡単な話。安全帽子・安全帯・長袖。これは、管理監督側の強い要求です。作業員は敬遠したいです。溶剤の匂いで息が詰まる。換気当然と思いきや。あほとちゃうか。ゴミがつくやないか。シンナー吸って鍛えてるから、大丈夫や。という感じが現場ちゅーものです。板子一枚下はどぼーん。天麩羅揚げるときに、防護メガネ、防護手袋、万一に備えて防護服着用なさいますか?

投稿: ナガイ | 2009/04/29 05:10

そこで働くものだけど、作業者に99%の非はなし。無知な上司と無責任な親会社(HPT)の完全な責任

投稿: か | 2016/04/02 02:06

その作業は丸ごと協力会社に依頼してるので親会社は手が出せません。

投稿: | 2016/04/03 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪西淀川区女児遺体遺棄事件 | トップページ | 大阪西淀川区女児遺体遺棄事件その2 »